\ irumoの検討におすすめの記事2選!  /
デメリット・メリット 】 【 料金プランまとめ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
irumo 0.5GBの速度制限とは?

irumo

irumo 0.5GBの速度制限とは?【対策2選も解説】

2024年6月13日

irumo」は低データ使用者向けの低料金プラン。特にirumo 0.5GBは「わずか550円」もの安さで使えるドコモの最安音声回線。

安さは魅力的なものの、注意したいのがドコモのirumoのデメリットでもある「速度制限」です。

irumo 0.5GBの速度制限

速度制限があっても「わずか550円でドコモを使える」魅力は捨てがたく、なんとか使いたい人もいますよね。

そこで本記事では「irumo 0.5GBの速度制限」を解説します。同時解説の「速度制限の回避策2選」もぜひ参考にしてください。

元ドコモ11年利用格安SIM利用11年目かへおれ@caheoreblog)が解説します。

今だけのキャンペーンをチェック!

irumo

\ ドコモを安く使いたいならirumo /

/ WEB申し込みで手数料3,850円が無料

価格表記について

注記がない限り全て税込表記です。

01. そもそもirumo 0.5GBの速度制限とは

irumo 0.5GBの速度制限

irumo 0.5GBの速度制限は3項目あります。それぞれ見ていきましょう。

1. 通信速度が最大3Mbpsに制限

irumo 0.5GBの速度制限は、データ通信速度が送受信とも最大3Mbpsに制限されることです。

データ量が残っていても最大3Mbpsです。

■irumoの通信速度

irumo 0.5GBirumo 3/6/9GB
実効速度
※Android
データなし
(送受信 最大3Mbps)
・受信 170~484Mbps
・送信 12~37Mbps
※ドコモ公式サイト
実効速度
※iPhone
・受信 169~532Mbps
・送信 15~42Mbps
※ドコモ公式サイト
データ量超過後送受信 最大128kbps送受信 最大300kbps
通信方式4G(LTE)のみ
5G / 4G(LTE)
テザリング無料無料

ポイント

  • データ量が残っていても送受信最大3Mbpsに制限。
  • 3MbpsでWEB閲覧、メール、LINE、SNSまでは可能。
  • 3Mbpsで動画視聴は可能だが、高解像度・高画質は厳しめ。
  • 3Mbpsでオンラインゲームはかなり厳しい。

送受信が最大3Mbpsに制限されると使いにくくなるのがオンラインゲームや動画視聴。

高解像度・高画質になるほど、データの読み込み時間は長くなります。

WEB閲覧やメール、LINE、SNSなど文字でのやりとりはほぼ通常通り可能。ただし、「画像・動画」が伴う場合は読み込みや送信でもたつく場面が増えます。

irumo 0.5GBは、速度制限により画像や動画が伴うデータ通信は使いにくくなるのが注意点です。

↑ [ 速度制限とは ] の目次にもどる

2. データ量超過後の速度が最大128kbpsに制限

irumo 0.5GBの速度制限は、データ量超過後の通信速度が送受信とも最大128kbpsに制限されることです。

■irumoの通信速度

irumo 0.5GBirumo 3/6/9GB
実効速度
※Android
データなし
(送受信 最大3Mbps)
・受信 170~484Mbps
・送信 12~37Mbps
※ドコモ公式サイト
実効速度
※iPhone
・受信 169~532Mbps
・送信 15~42Mbps
※ドコモ公式サイト
データ量超過後送受信 最大128kbps送受信 最大300kbps
通信方式4G(LTE)のみ
5G / 4G(LTE)
テザリング無料無料

ポイント

  • データ量の「超過後」は送受信最大128kbpsに制限。
  • 128kbpsでWEB閲覧、メール、LINEまではなんとか可能な場合も。
  • 128kbpsでSNS・動画視聴・オンラインゲームは基本的に無理。

irumo 0.5GBのデータ量は少なく、多くの人はデータ量を超過しやすいです。

データ量超過により、送受信最大128kbpsに速度制限されると、SNS・動画視聴・オンラインゲームは基本的に無理に。

WEB閲覧、メール、LINEくらいまではなんとかできる場合があるものの、画像・動画が伴う場合はかなり厳しくなります。

WEB閲覧では画像が多いページはデータ量が多く、表示されないことも。

データ量超過後はメールやLINEでさえ、送受信でもたつくと思っておきましょう。

データ量追加で速度回復しても最大3Mbps

データ量超過後は1GB追加オプションスピードモードの利用で通信速度が回復するものの「最大3Mbps」は変わらず。

しかも、データ量追加はコスパの悪い料金。

というのも、1GB追加するだけで「合計1,650円(1,100円+550円)」かかります。

0.5GBプランでデータ量を追加するなら、そもそも3GB以上で契約した方がコスパが良く、料金も安く済みがちです。

↑ [ 速度制限とは ] の目次にもどる

3. 通信方式が4G(LTE)に制限(5G通信不可)

irumo 0.5GBは、通信方式が4G(LTE)に制限されています(5G通信不可)。

実質的に速度制限がかかっているわけです。

■irumoの通信方式

irumo 0.5GBirumo 3/6/9GB
実効速度
※Android
データなし
(送受信 最大3Mbps)
・受信 170~484Mbps
・送信 12~37Mbps
※ドコモ公式サイト
実効速度
※iPhone
・受信 169~532Mbps
・送信 15~42Mbps
※ドコモ公式サイト
データ量超過後送受信 最大128kbps送受信 最大300kbps
通信方式4G(LTE)のみ
5G / 4G(LTE)
テザリング無料無料

ポイント

  • irumo 0.5GBは4G(LTE)に制限。
  • 5G通信は使えない。

そもそもirumo 0.5GBは送受信最大3Mbpsに制限。

5G通信を制限されても、4G(LTE)の通信速度さえフルに活かすことはできません。

なお、irumo 0.5Gで利用できない5G通信にはこんなメリットがこちら。

  • 4G(LTE)通信より通信速度が速い
  • 大容量データのやりとりがより快適に行える。

5G通信は対応する「エリア・スマホ」が必要。映画など大容量データのダウンロード、通信遅延を避けたいオンラインゲームなどで役立ちます。

irumoでは3GB以上のプランで5G通信が使えるようになります。

今だけのキャンペーンをチェック!

/ ドコモを安く使いたいならirumo

↑ [ 速度制限とは ] の目次にもどる

02. irumo 0.5GBの速度制限対策2選

irumo 0.5GBの速度制限と回避策

irumo 0.5GBの速度制限対策2選を見ていきましょう。

1. irumo 0.5GBをデュアルSIMの通話SIMとして利用

irumo 0.5GBの速度制限対策の一つ目は、irumo 0.5GBを「デュアルSIM」利用時の通話SIMとして使うことです。

デュアルSIMではSIM2枚(もしくはeSIM)を利用。つまり1枚目がirumo 0.5GBなら、2枚目を「データ通信用」に使います。

  • SIM1枚目 → irumo 0.5GBを音声通話利用
  • SIM2枚目 → データ通信用のSIM

速度制限(とデータ量不足)を「2枚目のSIM」で解決するわけです。

便利なデュアルSIMですが、注意点は「SIM2枚目の費用が発生すること」と「デュアルSIM対応のスマホが必要なこと」です。

デュアルSIM利用は、SIM2枚のそれぞれいいとこどりすればかなりお得に使えるのでおすすめです。

「自分が欲しい・自分に合う」特徴のSIMを組み合わせやすいです。

デュアルSIMでの2枚目のSIM選び

デュアルSIMでの2枚目のSIMは、「自分の使い方や欲しい機能」に合うSIMを選ぶのがおすすめ。

例えば、データ量安さのどちらも優先したいなら、「格安SIMのIIJmio」のデータ量の安さは魅力たっぷり。

10GBものデータ量が1,400円(データSIM)で利用可能。しかもデータeSIMなら10GBが「1,100円」とさらに安く利用できます。

  • SIM1枚目:irumo 0.5GB(550円)
  • SIM2枚目:IIJmio データeSIM 10GB(1,100円)

つまり月1,650円で「10.5GB」も利用でき、通信速度の制限からも解放されます。

デュアルSIMでなくとも、IIJmioの音声SIM・10GBプランなら月1,500円。上記よりさらに150円安く使えます。

↑ [ 速度制限対策 ] の目次にもどる

2. irumo 0.5GBをWi-Fiで利用

irumo 0.5GBの速度制限対策の二つ目は、irumo 0.5GBをWi-Fiで利用することです。

つまり速度制限(とデータ量不足)をWi-Fiで解決するわけです。

そんなWi-Fiですが利用するならこんなパターン。

  • 自宅 → ホームWi-Fi、モバイルルーター
  • 外出先 → Wi-Fiスポット、モバイルルーター

Wi-Fi利用で注意したいのが、費用が発生すること(特に自宅)。さらに外出時のWi-Fi利用だと、自宅ではほぼ困らない「利用できる場所」や「セキュリティ」もウイルス感染などのリスクになることも。

そんなリスクを避けるには、信頼できる企業のWi-Fiサービスを利用すること。

dポイントクラブ会員なら「ドコモの公衆Wi-Fiサービスのd Wi-Fi(無料)」を使えます。

また、モバイルルーターがあれば、自宅でも外出先でも利用可能。ただし、データ量不足には注意が必要です。

信頼ある企業がセキュリティにも備えたWi-Fiならリスクを減らせますよね。

セット割引で1,100円もの割引

自宅に「Wi-Fi環境がある」または「新たにWi-Fiを導入する」ならirumo 3GB以上で1,100円もの割引チャンスです。

自宅回線に「ドコモ光(+無線LANルーター)またはhome 5G」利用で、ドコモ光セット割home 5Gセット割で1,100円引きを使えます。

さらに「dカードお支払割」も併用で、irumoの最大割引額である1,287円引に。

ただし、割引は「3・6・9GB」のみ(0.5GBは割引適用不可。)。

最大割引ならirumo 3GBがわずか880円。「格安SIM並みの安さ」で使えます。

しかも、irumo 0.5GB(550円)との料金差は月330円多いものの、

  • データ量は0.5GBの「6倍」の3GBも使える。
  • 最大3Mbpsの速度制限がなくなり、5G通信も使えて通信速度は快適に。

irumo 0.5GBに月330円プラスで快適さが手に入ります。

セット割引適用可能なら、3GB以上もおすすめです。

今だけのキャンペーンをチェック!

/ ドコモを安く使いたいならirumo

↑ [ 速度制限対策 ] の目次にもどる

03. 【まとめ】irumo 0.5GBの速度制限対策にはデュアルSIMがおすすめ

irumo 0.5GBの速度制限と回避策

irumo 0.5GBの速度制限と対策2選を解説してきました。

速度制限がある上に「不足しがちなわずかなデータ量」のため、irumo 0.5GBのみだと使い勝手はやはり制限されがち。

電話が使えればOKという人はirumo 0.5GBのみでOK。

そんな速度制限対策には、デュアルSIM運用Wi-Fi利用が効果的。でも、共通の注意点は別途費用がかかること。

別途費用がかかるなら「irumo 0.5GBの安さ」にこだわる必要性も考えものでした。

irumo 3GB格安SIM(IIJmioなど)といった選択肢もあります。

もし迷ったら「自分のスマホの使い方や優先したいこと、避けたいこと」を振り返ると、ヒントになるためおすすめです。

自分に合う回線・プランを選び、良いスマホライフを送ってください。

かへおれ(@caheoreblog)でした。

今だけのキャンペーンをチェック!

irumo

\ ドコモを安く使いたいならirumo /

/ WEB申し込みで手数料3,850円が無料

\ irumo検討に役立つ総合解説! /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かへおれ

元ドコモ11年利用 → 格安SIM利用9年目のかへおれです。
【カヘオレモバイル】では、モバイル回線検討時に面倒で時間のかかる「調査・比較の時間を節約でき、自分に合う回線を見つけられる」情報をお届け中。今はドコモとドコモ系格安SIMを中心にしています。
スマホライフの充実・節約の実現につながることであなたの幸せに繋がる。そんな「スマホ回線からつながる幸せ実現」のお役に立てるサイトを目指しています。

-irumo
-