\ irumoの検討におすすめの記事2選!  /
デメリット・メリット 】 【 料金プランまとめ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
irumoの海外利用を解説

irumo

ドコモのirumoの海外利用を解説!【ローミングなど知っておくべきこと】

2024年7月6日

irumoは「海外利用もOK」なドコモのプラン。旅行や仕事で海外に行くことになっても安心ですよね。

そんなirumoの海外利用に必須なのがローミング

「海外」の通信事業者の通信設備と「日本」にあるドコモの通信設備を接続。海外でもirumo のまま通信を行えます。

そんな海外利用で注意したいのが、ドコモメールが有料オプションであるなどのドコモのirumoのデメリット

海外に行くなら連絡手段は特に整えておきたいですよね。

そこで本記事では「irumoの海外利用」を解説しました。

ローミングなど知っておくべきポイントをしっかり押さえておきましょう。

元ドコモ11年利用格安SIM利用11年目かへおれ@caheoreblog)が解説します。

今だけのキャンペーンをチェック!

irumo

\ ドコモを安く使いたいならirumo /

/ WEB申し込みで手数料3,850円が無料

価格表記について

注記がない限り全て税込表記です。

調べたい内容から読む」のもおすすめ。わかりやすいカテゴリごとの解説です。

01. irumoの海外利用に必要なもの

irumoの海外利用に必要なものを見ていきましょう。

1. irumoの海外利用はローミングサービス「WORLD WING」が必要

irumoの海外利用に必要なのがドコモのローミングサービス「WORLD WING」です。

ローミングとは

ローミングとは、日本にあるドコモの通信設備と海外にある通信事業者の通信設備を接続することで、海外でも通話・SMS・データ通信を行えるようにする仕組み。

そんなWORLD WINGの利用には「申し込み」が必要なものの、「月額基本料」は無料

irumoを海外で利用するならWORLD WINGは欠かせません。

渡航前にはWORLD WINGの申し込み状況の確認忘れないようにしましょう。

↑ [必要なもの] の目次へもどる

2. WORLD WINGの申し込み方法は充実

「WORLD WING」の申し込み方法は、スマホやパソコンなどさまざまな方法があります。自分にあった申し込み方法を選びましょう。

パソコン・スマートフォン・ドコモ ケータイ(spモード)での申し込み方法

「ドコモオンライン手続き」から24時間いつでも申し込みできます。

注意点は次のとおり。

  • 【パソコンの場合】dアカウントが必要。
  • 【スマートフォン、ドコモ ケータイ(spモード)の場合】、「ネットワーク暗証番号」が必要になります。
  • システムメンテナンス時は利用できない(詳細確認はMy docomoのサイトメンテナンス情報にて)。
  • 申込み状況の確認はこちら。

ドコモ ケータイ(iモード)での申し込み方法

ドコモオンライン手続き(iモード版)」で24時間いつでも申し込みできます。

注意点は「ネットワーク暗証番号」が必要なことです。

ドコモショップでの申し込み方法

ドコモショップにて申し込みを行えます。

店舗によって営業時間が異なるので注意しましょう。

待ち時間もあるので、時間の余裕のあるときに行きましょう。

電話での申し込み方法

ドコモ インフォメーションセンターである「ドコモの携帯電話専用窓口 151」にドコモの携帯電話で電話をかけて申し込みましょう(受付は午前9時~午後8時、年中無休)。

なお、通話料は無料、一般電話などからは利用できません。

注意点は次のとおりです。

  • 「一般電話・ドコモ以外の携帯電話」の場合、0120-800-000から申し込みできます。
  • 一部のIP電話からは接続できない場合がある。
  • 各種注文・紛失による利用中断・再開なども受付可能。

渡航前に必ずWORLD WINGの申し込み状況の確認もお忘れなく。

↑ [必要なもの] の目次へもどる

3. WORLD WINGは対応機種と利用可能国・地域に注意

WORLD WINGで注意したいのが「対応機種」と「利用可能国・地域」です。

使っている機種や渡航先によっては、WORLD WINGを使えないわけです。

対応機種利用可能国・地域はドコモ公式WEBサイトで確認できます。

渡航の準備段階で確認しておきましょう。

↑ [必要なもの] の目次へもどる

4. 海外データ通信はデータローミングサービスも必要

irumoで海外データ通信を利用するには、WORLD WINGの他に「データローミングサービス」も必要です。

データローミングサービスは2種類「世界そのままギガ / 世界ギガし放題」があります。

海外データ通信の章でくわしく解説しています。

今だけのキャンペーンをチェック!

/ ドコモを安く使いたいならirumo

↑ [必要なもの] の目次へもどる

02. irumoの海外通話

irumoの海外通話で知っておくべきポイントを見ていきましょう。

1. irumoの海外通話の料金は国・地域によって異なる

irumoの海外通話の料金は、電話をかける国・地域によって異なります。

■irumoの通話料金 (税込)

発信→着信irumo
発信国内→国内22円/30秒
国内→海外国際電話
海外→国内国・地域による
海外→海外
着信国内→国内無料
海外→国内
国内→海外国・地域による
海外→海外
備考海外は通話オプション対象外

ドコモ公式WEBサイトで確認できるため、料金が気になる場合はあらかじめ確認しておきましょう。

↑ [電話] の目次へもどる

2. かけ放題など音声通話オプションは使えないものがある

音声通話オプションは海外では使えないものがあります。

■ irumoの音声オプション(海外)

音声オプション海外利用
5分通話無料×
かけ放題×
留守番電話〇 ※
キャッチホン〇 ※
備考※遠隔操作設定が必要

特に注意したいのは、「かけ放題 / 5分通話無料」の音声通話オプションは海外では利用できないこと。

そのため、irumoの海外通話は、国・地域で料金が異なる上、通話時間が長いほど高くなるため注意が必要です。

↑ [電話] の目次へもどる

3. 海外で電話を受ける場合でも通話料が発生

irumoの海外通話で「電話を受ける」場合でも国・地域によっては通話料が発生します。

■irumoの通話料金 (税込)

発信→着信irumo
発信国内→国内22円/30秒
国内→海外国際電話
海外→国内国・地域による
海外→海外
着信国内→国内無料
海外→国内
国内→海外国・地域による
海外→海外
備考海外は通話オプション対象外

日本国内では電話をかけた側にだけ通話料が発生します。しかし、irumoの海外通話では電話をかけた側はもちろん、電話を受ける側にも通話料が発生します。

ドコモ公式WEBサイトで確認できるため、料金が気になる場合はあらかじめ確認しておきましょう。

↑ [電話] の目次へもどる

4. irumoで日本から海外にかける電話は国際電話(WORLD CALL)

irumoで日本から海外にかける電話は、国際電話(WORLD CALL)となり、「海外通話」とは料金が異なります。

■irumoの通話料金 (税込)

発信→着信irumo
発信国内→国内22円/30秒
国内→海外国際電話
海外→国内国・地域による
海外→海外
着信国内→国内無料
海外→国内
国内→海外国・地域による
海外→海外
備考海外は通話オプション対象外

国際電話(WORLD CALL)の料金はドコモ公式WEBサイトで確認できます。

料金が気になる場合はあらかじめ確認しておきましょう。

今だけのキャンペーンをチェック!

/ ドコモを安く使いたいならirumo

↑ [電話] の目次へもどる

03. irumoの海外SMS

irumoの海外SMSで知っておくべきポイントを見ていきましょう。

1. irumoの海外SMSの送信料金は1通100円

irumoの海外SMS(ショートメッセージサービス)の送信料金は、1通につき100円

SMS1通で送信できる「最大文字数」は全角70文字(半角160文字)です。

■ irumoのSMS(税込)

最大送信文字数SMS料金
送信国内→国内かな文字670文字 [全角]、英数字1,530文字 [半角]3〜30円 [税抜]
国内→海外50~500円 [不課税]
海外→国内かな文字70文字 [全角]、英数字160文字 [半角]100円 [不課税]
海外→海外
受信国内 / 海外-無料

滞在先に関わらず定額で送れるのは、料金を把握しやすく、余計な心配をしなくて済みますよね。

一度に長文は送れないものの、「1通100円」とわかりやすい。

↑ [SMS] の目次へもどる

2. irumoの海外SMSは受信が無料

irumoの海外SMSの受信は無料です。

■ irumoのSMS(税込)

最大送信文字数SMS料金
送信国内→国内かな文字670文字 [全角]、英数字1,530文字 [半角]3〜30円 [税抜]
国内→海外50~500円 [不課税]
海外→国内かな文字70文字 [全角]、英数字160文字 [半角]100円 [不課税]
海外→海外
受信国内 / 海外-無料

海外利用では日本国内のようにネットワークを使えない場合に備え、連絡手段の一つとしてSMSも大切にしたいところ。

しかしいざ使うとなると料金が気になる人もいますよね。

そんなSMSの受信料金は無料のため、たくさん受信しても心配ありません。

日本国内利用と同じSMS受信は無料なので安心ですよね。

↑ [SMS] の目次へもどる

3. 国際SMSは海外SMSとは料金が異なる

irumoの国際SMSは、「海外SMS」とは料金が異なります。

■ irumoのSMS(税込)

最大送信文字数SMS料金
送信国内→国内かな文字670文字 [全角]、英数字1,530文字 [半角]3〜30円 [税抜]
国内→海外50~500円 [不課税]
海外→国内かな文字70文字 [全角]、英数字160文字 [半角]100円 [不課税]
海外→海外
受信国内 / 海外-無料

国際SMSとは「日本から海外へ」送信するSMSのこと。

人によっては混同するかもしれませんが、海外SMSのように海外でSMSを送信するのとは別なわけです。

送信する文字数が多いほど料金が高くなるのは注意点。

今だけのキャンペーンをチェック!

/ ドコモを安く使いたいならirumo

↑ [SMS] の目次へもどる

04. irumoの海外データ通信

irumoの海外データ通信には、WORLD WINGの他に「データローミングサービス」が必要。

そんなデータローミングサービスが「世界そのままギガ / 世界ギガし放題」の2つです。

そんなirumoの海外データ通信で知っておくべきポイントを見ていきましょう。

1. 世界そのままギガは契約中のirumoのデータ量を使える

irumoの海外データ通信に必要なデータローミングサービスの一つが世界そのままギガ。「契約中のirumoのデータ量」を海外でも使えます。

海外用に新しくデータ量を契約しなくてOKなのが便利。

そんな世界そのままギガは「通常プラン」と「国・地域限定割プラン」の2種類があり、海外渡航に合わせて選べるのが便利。

通常プランは「980円/日」の料金。「国・地域限定割プラン」の料金は次のとおりです。

■世界そのままギガ(国・地域限定割プランの料金)

利用期間料金利用期間料金
1時間 ⇒¥20016日間 ⇒¥12,080
24時間 ⇒¥98017日間 ⇒¥12,780
2日間 ⇒¥1,78018日間 ⇒¥13,580
3日間 ⇒¥2,48019日間 ⇒¥14,380
4日間 ⇒¥3,28020日間 ⇒¥15,080
5日間 ⇒¥3,98021日間 ⇒¥15,680
6日間 ⇒¥4,68022日間 ⇒¥16,480
7日間 ⇒¥5,28023日間 ⇒¥17,280
8日間 ⇒¥6,08024日間 ⇒¥17,980
9日間 ⇒¥6,88025日間 ⇒¥18,780
10日間 ⇒¥7,58026日間 ⇒¥19,480
11日間 ⇒¥8,38027日間 ⇒¥20,280
12日間 ⇒¥9,08028日間 ⇒¥20,880
13日間 ⇒¥9,88029日間 ⇒¥21,680
14日間 ⇒¥10,48030日間 ⇒¥22,480
15日間 ⇒¥11,280

利用に申し込みや予約が必要なものの、何より安心なのが海外でのデータ通信の使い過ぎ防止機能。これは「予約した利用時間のみ」海外でデータ通信が行えるようになるためです。

データ量の使い過ぎどころか、逆に「データ量不足」になるのが心配な人もいますよね。

しかし、データ量不足となってもデータ通信が停止するわけではありません。

国内利用のように通信速度が低下するものの、1GB追加オプション(1,100円/GB)の利用で通信速度は回復するため安心。

注意したいのは海外でのデータ使用量は最大30GBまでなこと。

そんな世界そのままギガの利用方法は次のとおりです。

世界そのままギガの利用方法

【日本でやっておくこと】

  • 「My docomo」から申し込む
  • ドコモ海外利用」アプリをダウンロード
  • 「ドコモ海外利用」アプリまたはWEBから利用予約を行う

【海外に到着してやること】

  • スマホの設定でローミングを「オン」にする

↑ [データ通信] の目次へもどる

2. 世界ギガし放題はデータ使い放題の2段階定額

irumoの海外データ通信に必要なデータローミングサービスの一つが世界ギガし放題。2段階定額制の海外パケット定額サービスです。

料金は次のとおりデータ使用量に応じ、2段階の料金に変化します。

世界ギガし放題の料金

  • データ使用量約24.4MBまで:1,980円/日
  • データ使用量約24.4MB以降:2,980円/日

世界ギガし放題のメリットは、通信速度の制限がかからない(データ使い放題)こと。「テザリング」も使えるため、海外でWi-Fi環境がなくともパソコンでネットワークを使えます。

また、契約中のirumoのデータ量は消費せず、データ量不足になりません。

デメリットは1日毎に料金が発生するため、海外での滞在期間が長いと料金が高くなりがちなこと。

そんな世界ギガし放題の申し込みは「不要」。使用方法は手持ちのスマホのデータローミング設定「オン」「オフ」操作のみでわかりやすいです。

データローミング設定は海外に着いたら「オン」、日本に帰国したら「オフ」にしましょう。

世界ギガし放題の利用方法

【海外に到着してやること】

  • 機種のローミング設定を「オン

【日本へ帰国してやること】

  • 機種のローミング設定を「オフ

↑ [データ通信] の目次へもどる

3. 世界そのままギガ / 世界ギガし放題が使えない国・地域は料金に注意

渡航する国・地域によっては「世界そのままギガ / 世界ギガし放題」を利用できないこともあります。

世界そのままギガ / 世界ギガし放題を利用できない場合、国際ローミング中のデータ通信料は従量制となり、iモード以外のspモードなどのデータ通信料「1.6円/KB」がかかります。

通信料が非常に高額になる場合があるため要注意。

しかし、海外パケット停止安心サービスを利用すれば、「データ通信料 5,000円」を超えるとデータ通信が自動で停止するため安心。

データ通信の停止解除を行えば、再び「データ通信料 5,000円」を超えるまでデータ通信を利用できます。

利用には申し込みが必要なのでお忘れなく。

↑ [データ通信] の目次へもどる

4. ドコモメール利用にもデータローミングが必要

ドコモメールなどのEメール利用にもデータローミングが必要です。

というのも、Eメールは「データ通信」によって送受信が可能。「電話番号」でメッセージを送れるSMSとは仕組みが異なるためです。

しかし、データローミング代はかかるものの、ドコモメールの送受信は無料。長文や画像などのファイルも送信できるのはSMSにはない魅力です。

高解像の動画などデータ量の多いファイルの送受信は、データ使用量が増えがちなので注意。

今だけのキャンペーンをチェック!

/ ドコモを安く使いたいならirumo

↑ [データ通信] の目次へもどる

05. 【まとめ】irumoの海外利用はローミングサービスが必要

irumoの海外利用について解説してきました。

irumoを海外で使うためにはローミングサービスが必要でした。

渡航先だからこそ余計に通信手段は欠かせないため、事前にしっかり準備し、安心して海外に行きましょう。

かへおれ(@caheoreblog)でした。

\ irumo検討に役立つ記事! /

今だけのキャンペーンをチェック!

irumo

\ ドコモを安く使いたいならirumo /

/ WEB申し込みで手数料3,850円が無料

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かへおれ

元ドコモ11年利用 → 格安SIM利用9年目のかへおれです。
【カヘオレモバイル】では、モバイル回線検討時に面倒で時間のかかる「調査・比較の時間を節約でき、自分に合う回線を見つけられる」情報をお届け中。今はドコモとドコモ系格安SIMを中心にしています。
スマホライフの充実・節約の実現につながることであなたの幸せに繋がる。そんな「スマホ回線からつながる幸せ実現」のお役に立てるサイトを目指しています。

-irumo
-