↓↓ irumo検討におすすめ ↓↓
irumoのデメリット・メリットを徹底解説
 New!! 4/13→【 eximo vs ワイモバイル
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
ドコモのirumo(イルモ)の デメリット・メリットを 徹底解説

NTTドコモ

ドコモのirumo(イルモ)のデメリット・メリットを徹底解説!

2023年6月30日

ドコモのirumoは、2023/7/1スタートの最安550円からの低料金プラン。

「データ使用量が少なく、ドコモの高品質なサービスを低廉な料金で使いたい人向け」のプランです。

irumo(イルモ)の主なデメリットメリット

そんな低料金が魅力のirumoを検討するなら、まず注意してほしいのがデメリットです。

irumoのデメリット

  1. ドコモ光の契約など割引条件が厳しめ
  2. irumo 3~9GBの低料金利用に割引必須
  3. irumo 0.5GBの通信速度は制限される
  4. ファミリー割引で家族間通話が無料にならない
  5. みんなドコモ割で割引されない
  6. ドコモのサービスを一部利用できない
  7. dカードGOLDのdポイント還元率が低い
  8. ドコモメールが有料オプション
  9. 通信混雑時などに通信速度が制限されることも
  10. データ量をシェアできない
  11. OCN モバイル ONEのMUSICカウントフリーなどが使えない

irumoのデメリットをすぐに読む

そして、irumoを安く、便利に使うために知っておきたいのがメリットです。

irumoのメリット

  • 最大割引なら格安で使える
  • ドコモショップで対面のサポートを受けられる
  • オプションでドコモメールを使える
  • 特典でdポイントが還元される
  • 留守番電話サービスを利用できる
  • 不要なサービスの料金を節約できる

irumoのメリットをすぐに読む

irumoは「低料金プラン」というだけで申し込むと「自分の使い方と合わない」ことも。デメリット・メリットを含めた検討は欠かせません。

そこで本記事では「ドコモのirumoのデメリットメリット」を徹底解説しました。

メリットなどもまとめて解説しているため「irumoが気になる人、検討中の人、利用中の人」に役立ちます。

元ドコモ11年利用格安SIM利用9年目かへおれ@caheoreblog)が解説します。

\ 0.5GBプラン限定キャンペーン中 /

irumo

\ ドコモを安く使いたいならirumo /

irumo(イルモ) 詳細はこちら

/ WEB申し込みで手数料3,850円が無料

価格表記について

注記がない限り全て税込表記です。

調べたい内容から読む」のもおすすめ。わかりやすいカテゴリごとの解説です。

タップできるもくじ
  1. 01. irumo(イルモ)の料金プランの特徴
  2. 02. irumo(イルモ)のデメリット
  3. 03. irumo(イルモ)のメリット
  4. 04. irumo(イルモ)がおすすめな人
  5. 05. irumo(イルモ)をおすすめできない人
  6. 06. irumo(イルモ)の申し込み方法
  7. 07. irumo(イルモ)のよくある質問
  8. 08. 【まとめ】irumo(イルモ)の低料金利用には割引必須!

01. irumo(イルモ)の料金プランの特徴

そもそもirumoはどんな料金プランなのか、特徴4項目を押さえておきましょう。

1. irumoはデータ量が少なめの低料金プラン

irumoの料金プラン

irumoはデータ量が少なめ( 0.5 / 3 / 6 / 9GB )の低料金プラン。データ量「0.5GB」と「3~9GB」で特徴が異なります。

■ irumoの料金プラン(税込)

irumoirumo [最大割引]
0.5GB550円550円(※1)0円
3GB2,176円880円1,287円
6GB2,827円1,540円1,287円
9GB3,377円2,090円1,287円
備考基本料金最大割引-1,287円
※0.5GBは対象外
-

ポイント

  • 0.5GBのみ「割引対象外」で月550円に実質固定。
  • 3~9GBは「2,176円 ~ 3,377円」でドコモのプランでは安め
  • 割引なしの9GBはahamo(2,970円)より高いのは注意。
  • 3~9GBは最大割引-1,287円で「880円 ~ 2,090円」と低料金に。

irumo 0.5GBのみ割引対象外。割引有無に関わらず550円固定です。

3~9GBは「2,176円 ~ 3,377円」でドコモのプランでは安め。irumo 9GB(3,377円)でahamo(2,970円)より高いのは注意。

しかし、割引対象の3~9GBは最大割引適用で「880円 ~ 2,090円」と低料金で使えます。

irumo 3~9GBの低料金利用には割引が必須なわけです。

↑ [料金プラン] の目次へもどる

2. irumoは割引サービス利用で格安SIM並みの安さ

irumoの料金プラン割引

irumoは割引サービス利用で「格安SIM並みの安さ」で使えます。

まず、0.5GBのみ割引対象外ではあるものの、そもそも550円の格安設定。

割引対象の3~9GBは最大割引-1,287円の適用なら「880円 ~ 2,090円」と格安SIM並みの安さが魅力。

■ irumoの料金プラン(税込)

irumoirumo [最大割引]
0.5GB550円550円(※1)0円
3GB2,176円880円1,287円
6GB2,827円1,540円1,287円
9GB3,377円2,090円1,287円
備考基本料金最大割引-1,287円
※0.5GBは対象外
-

■ irumoの割引(税込)

irumoの割引割引割引条件
ドコモ光セット割-1,100円(※1)ドコモ光の契約
home 5G セット割home 5Gの契約
dカードお支払割-187円dカードで支払い
みんなドコモ割対象外(※2)-
ファミリー割引対象外(※2)-
ハーティ割引対象外-
子育てサポート割引対象外-
備考※1:両方のセット割条件を満たす場合、ドコモ光セット割のみ適用。
※2:加入可能だが割引対象外。割引グループの回線数としてカウントされる。

ポイント

  • 0.5GBは割引対象外でも550円の格安設定。
  • 3~9GBは最大割引-1,287円で「880円 ~ 2,090円」と格安SIM並みの安さ
  • 最大割引はdカードお支払割(-187円),ドコモ光セット割またはhome 5Gセット割(-1,100円)が必要。
  • ドコモ光セット割 / home 5Gセット割は併用不可(両方割引条件を満たす場合ドコモ光セット割が適用)。
  • みんなドコモ割 / ファミリー割引に加入可能。割引対象外だが「回線数」にカウント

irumoに適用できる割引は2つです。

  • dカードお支払割(-187円):dカードでの料金支払いが必要。
  • ドコモ光セット割 / home 5G セット割(-1,100円):ドコモ光 または home 5Gの契約が必要(併用不可)。

割引に必要な「ドコモ光 / home 5Gの契約」は、別途工事費月額料金がかかるのは注意したいところ。

特に光回線などが必要ない人は、「割引額以上の別途費用」がかかるためおすすめできません。

他社の光回線 / home Wi-Fiを利用中なら乗り換えが必要なものの、使い方に合っていますよね。

その他の割引では、irumoは「ファミリー割 / みんなドコモ割」に加入できるものの割引対象外

それでも加入できるのは、割引グループに加入している家族が国内通話無料や割引でお得になるから。

「家族全体で見れば節約につながる」なら加入しておいて損はないですよね。

↑ [料金プラン] の目次へもどる

3. irumoの通信速度は0.5GBと3~9GBで異なる

irumoの通信速度は0.5GB3~9GBで異なります。

3~9GBはeximo / ahamo同等の快速な通信速度。0.5GBのみ「最大3Mbps」に速度制限されています。

■ irumoのデータ通信(税込)

irumo 0.5GBirumo 3/6/9GB
実効速度
※Android
未データ(送受信 最大3Mbps)・受信 170~484Mbps
・送信 12~37Mbps
※ドコモ公式サイト
実効速度
※iPhone
・受信 169~532Mbps
・送信 15~42Mbps
※ドコモ公式サイト
データ量超過後最大128kbps最大300kbps
5G通信非対応標準対応
テザリング月額無料(※)
備考※データ量は消費。

ポイント

■irumo 3 / 6 / 9GB

  • eximo / ahamo同等の通信速度(実効速度も公開)。
  • データ超過時は最大300kbpsに速度制限。
  • 標準で5G通信可能(4G(LTE)通信もOK)。

■irumo 0.5GB

  • 最大3Mbps速度制限(データ超過時最大128kbps)。
  • 5G通信不可。4G(LTE)通信のみ。

3~9GBは5G通信に対応しているものの、0.5GBのみ4G(LTE)に制限されています。

データ量関係なくテザリングは利用できるものの、データ量のシェアはできません。

irumo 0.5GBはデータ量・速度が「自分の使い方」と合うかは要チェック!

↑ [料金プラン] の目次へもどる

4. irumoの通話サービスは家族間の国内通話が有料

irumoの通話サービスは家族間の国内通話が有料

そもそも通話料は「22円/30秒(税込)」、通話オプションは「5分通話無料 / かけ放題」です。

そんなirumoはファミリー割引に加入できるものの割引適用外。家族間の国内通話が無料になりません

■irumoの国内通話・通話オプション (税込)

irumoの国内利用時
通話料国内通話料22円/30秒
ファミリー割引加入可能。割引対象外。
家族間の国内通話料22円/30秒
通話オプションかけ放題1,980円/月
かけ放題のつけどころ発信月45分以上
5分通話無料880円/月
5分通話無料のつけどころ5分以内/回の発信月20分以上
留守番電話330円/円 ※
キャッチホン220円/月 ※
備考※かけ放題 / 5分通話無料の申し込みで全額割引

ポイント

  • irumoはファミリー割引に加入できるが、割引適用外のため家族間の国内通話は有料(22円/30秒)。
  • ファミリー割引の適用外だが「回線数」にカウント。irumoに発信した家族の国内通話が無料に。
  • かけ放題のつけどころは発信での通話が月45分以上の場合。
  • 5分通話無料のつけどころは5分以内/回発信での通話が月20分以上の場合。

ファミリー割引適用外のirumo。それでもファミリー割引の回線数にカウント

つまり、(irumo / ahamo以外の)ファミリー割引グループ内の「家族からirumoにかける国内通話」が無料です。

家族がお得に電話をかけられます。

そんな割引適用外のirumoだからこそ検討したいのが通話オプション「5分通話無料 / かけ放題」。通話オプションのつけどころは次のとおりです。

まず、国内通話料は22円 / 30秒、つまり44円 / 分。これを元に通話オプション料金を通話時間(通話料金)で計算していきます。

かけ放題のつけどころ

かけ放題の料金1,980円を通話時間換算すると

 1,980(円) ÷ 44(円 / 分) = 45(分)

月45分以上電話をかける場合が「かけ放題のつけどころ」です。

5分通話無料のつけどころ

5分通話無料の料金880円を通話時間換算すると

 880(円) ÷ 44(円 / 分) = 20(分)

月20分以上電話をかけ、1回あたり5分以内の通話が多い場合が「5分通話無料のつけどころ」です。

通話オプションの検討は、毎月の通話時間の振り返りがポイント!

\ WEB申し込みで手数料3,850円が無料

ドコモの料金プラン irumo(イルモ)

↑ [料金プラン] の目次へもどる

02. irumo(イルモ)のデメリット

irumoのデメリット

irumoのデメリットは11項目あります。

irumoの料金プランは最大割引適用なら「格安SIM並みの安さ」がうれしいポイント。そんなirumoで注意したいのが、人によっては「割引条件が厳しい」などのデメリットです。

実際に使い始めてから「思っていたのと違った」なんてことにならないよう、irumoのデメリットを見ていきましょう。

1. ドコモ光の契約など割引条件が厳しめ

irumoの料金プラン割引

irumoのデメリットは、ドコモ光の契約が必要など割引条件が厳しめなこと。

そんなirumoの割引は、月1,100円割引の「ドコモ光セット割 / home 5G セット割(併用不可)」と月187円割引のdカードお支払割があります。

■irumoの割引(税込)

irumoの割引割引割引条件
ドコモ光セット割-1,100円(※1)ドコモ光の契約
home 5G セット割home 5Gの契約
dカードお支払割-187円dカードで支払い
みんなドコモ割対象外(※2)-
ファミリー割引対象外(※2)-
ハーティ割引対象外-
子育てサポート割引対象外-
備考※1:両方のセット割条件を満たす場合、ドコモ光セット割のみ適用。
※2:加入可能だが割引対象外。割引グループの回線数としてカウントされる。

ポイント

  • irumoは3~9GBが最大1,287円割引。0.5GBは対象外
  • 割引はドコモ光セット割 / home 5G セット割、dカードお支払割。
  • ドコモ光セット割とhome 5G セット割はどちらも月1,100円割引(併用不可)。
  • dカードお支払割はdカードでの料金支払いで月187円割引
  • dカードはドコモ発行のクレジットカード(年会費無料)。

ドコモ光セット割は「ドコモ光の契約」、 home 5G セット割は「home 5Gの契約」が割引条件です。

この割引条件が厳しいのは、「割引額以上の別途料金(月額や工事費)」がかかることです。

別途かかる料金

  • ドコモ光 / home 5Gは月額4,500円前後かかる。
  • ドコモ光は工事費2万円弱かかる。

そのため、自宅に「光回線やhome Wi-Fiが不要な人」には合わず、割引条件として厳しいものに。

でも、「自宅に光回線やhome Wi-Fiが必要な人」には相性ピッタリです。

他社の光回線 / home Wi-Fiを利用中なら乗り換えが必要。お得な乗り換えキャンペーンを活用してください。

dカードお支払割の割引条件が厳しいのは「dカード(クレジットカード)での料金支払い限定」なことです。

  • 他のクレジットカードは対象外(口座振替も同様)。
  • dカードを「持っていない人」は新規発行が必要。

irumoで最大割引を利用するには、「自宅回線も支払いカードもドコモのサービスに合わせる」必要があるため、人によっては割引条件は厳しいものになります。

自宅回線も支払いカードも「ドコモのサービス」なら格安SIM並みの安さに!

↑ [デメリット] の目次へもどる

2. 3~9GBの低料金利用に割引必須

irumoの料金プラン

irumoのデメリットは、3~9GBの低料金利用に割引必須であることです。

■ irumoの料金プラン(税込)

irumoirumo [最大割引]
0.5GB550円550円(※1)0円
3GB2,176円880円1,287円
6GB2,827円1,540円1,287円
9GB3,377円2,090円1,287円
備考基本料金最大割引-1,287円
※0.5GBは対象外
-

ポイント

  • irumo 3 / 6 / 9GBプランは最大1,287円割引
  • 最大割引なら格安SIM並みの安さにも。
  • 0.5GBは割引有無は関係なく550円の安さのまま。

そもそもirumoはドコモの中では安めなものの、選ぶデータ量しだいで「irumoの方が高い」ことも。

さらに他社と比べると「割引なし」のirumoは安いとは言い切れません。

■各プランの料金(税込)

irumoeximoahamo
割引なし0.5GB550円4,565円2,970円
1GB2,176円
3GB5,665円
6GB2,827円7,315円
9GB3,377円
20GB-
100GB-4,950円
無制限--
割引あり0.5GB550円2,178円2,970円
1GB880円
3GB3,278円
6GB1,540円4,928円
9GB2,090円
20GB-
100GB-4,950円
無制限--
備考・割引ありは最大割引適用
・ahamoの100GBは大盛りオプション利用

そんなirumoを低料金で使うためには割引必須。最大割引-1,287円を適用すると、3GBプランが月880円と「格安SIM並みの安さ」にも。

特に「最大割引時のiurmo」と「格安SIM」では料金差が少ないことがわかります。

■irumoとOCN モバイル ONE(税込)

irumoOCN モバイル ONE
(新コース)
差額
0.5GB550円(※)550円(※)0円
1GB-550円-
3GB880円770円110円
6GB1,540円1,100円440円
9GB2,090円-
-
10GB-1,540円-
適用割引-1,287円-220円-
備考※割引適用外irumo-OCN

irumo(3~9GB)を低料金で使うには割引必須

最大割引時なら「格安SIM並みの安さ」でドコモの高品質なサービスを使えるのは魅力です。

irumoの割引条件は前章を参考にしてください。

↑ [デメリット] の目次へもどる

3. irumo 0.5GBの通信速度は制限される

irumoのデメリットは、irumo 0.5GBの通信速度は制限されることです。

■irumoのプラン別通信比較

0.5GB3・6・9GB
回線4G(LTE)5G / 4G(LTE)
高速データ通信速度最大3Mbpseximo / ahamo同等
データ量超過後速度最大128kbps最大300kbps
備考3~9GBは、通信混雑時・大量通信時などに他プランよりも先に通信速度の制限を実施する場合あり

ポイント

  • irumo 0.5GBは送受信最大3Mbpsに制限
  • データ量超過後は最大128kbpsに制限
  • 4G(LTE)通信のみ(5G通信不可)。

irumo 0.5GBは5G通信不可。4G(LTE)通信のみに制限されています。

さらに厄介なのが通信速度制限。送受信とも最大3Mbpsに制限。データ量超過後はさらに制限され最大128kbpsに。

3Mbpsの使い勝手

  • WEB閲覧・メール・LINE・SNSは使える。
  • 動画視聴可能だがもたつく。高解像度・高画質は厳しめ。
  • オンラインゲームはかなり厳しい(遊ぶゲームによる)。

128kbpsだとメール・LINEでさえ使いにくくなります。

0.5GBというわずかなデータ量はすぐ使い切るとしても、irumo 0.5GBの速度制限はデメリット。

でも、月550円の「格安SIM並みの安さ」でドコモの高品質なサービスを使えるのはメリットです。

irumo 0.5GBの通信速度制限対策

irumo 0.5GBの通信速度制限の対策は2つ。

  • irumo 0.5GBをデュアルSIM運用で利用
  • irumo 0.5GBをWi-Fiメインで活用

デュアルSIM運用では、SIM1枚目を「通話用にirumo 0.5GB」、SIM2枚目を「データ通信用に他SIM」で併用する使い方。

SIM2枚目は、楽天モバイルをデータ無制限で活用したり、IIJmioなどの格安SIMで利用するなど活用の幅は広くおすすめです。

Wi-Fiメインでの利用は、自宅では「光回線+無線LAN」、外出時は「ドコモの公衆Wi-Fiサービスのd Wi-Fi(無料)」などを利用する使い方です。

注意点は、自宅回線で別途費用がかかること。また、外出時はWi-Fi環境に左右されることです。

速度回復するデータ量追加は割高に

データ量超過後は、1GB追加オプションまたはスピードモードの利用で通信速度は最大3Mbpsに戻ります。

しかし、データ量追加は割高。というのも、1GB追加で「合計1,650円(1,100円+550円)」かかり、irumo 0.5GBの3倍もの料金に。

0.5GBプランでデータ量を追加するなら、そもそも3GB以上で契約した方が「コスパは良くなりがち」です。

irumo 3GB以上なら「速度制限なし、5G通信利用可能、使えるデータ量アップ」で使いやすい!

irumoとOCN モバイル ONEの0.5GBプランの違い

「0.5GBプラン・550円」といえば、irumoの前身とも言えるOCN モバイル ONEです。

■irumoとOCN モバイル ONEの0.5GB [税込]

irumoOCN モバイル ONE
(新コース)
料金550円550円
データ通信容量0.5GB0.5GB
無料通話-10分
回線4G(LTE)4G(LTE)/ 5G
通信速度の制限最大3Mbps-
データ量超過時最大128kbps最大200kbps

OCN モバイル ONEの0.5GBと比べると、irumo 0.5GBは「無料通話なし、通信速度や5G通信不可に制限」でやはり物足りず。

でも、OCN モバイル ONEは新規受付終了。

キャリアであるドコモで月550円という安さのプランの選択肢があるだけで、「使い方が合う人」にとってはかなり助かりますよね。

↑ [デメリット] の目次へもどる

4. ファミリー割引で家族間通話が無料にならない

irumoのデメリットは、ファミリー割引加入でも家族間通話(irumo発信)が無料にならないことです。

■irumoの割引(税込)

irumoの割引割引割引条件
ドコモ光セット割-1,100円(※1)ドコモ光の契約
home 5G セット割home 5Gの契約
dカードお支払割-187円dカードで支払い
みんなドコモ割対象外(※2)-
ファミリー割引対象外(※2)-
ハーティ割引対象外-
子育てサポート割引対象外-
備考※1:両方のセット割条件を満たす場合、ドコモ光セット割のみ適用。
※2:加入可能だが割引対象外。割引グループの回線数としてカウントされる。

ポイント

  • ファミリー割引に加入できるが割引適用外。(eximoは割引適用)
  • 国内でirumoから家族に電話をかけても通話料22円/30秒がかかる。
  • 長電話をかけることが多いなら5分通話無料やかけ放題の検討がおすすめ。

irumoはファミリー割引に加入できるものの、割引は適用外

国内でirumoから家族に電話をかけても「30秒当たり22円(税込)」の通話料がかかります。

逆にirumo・ahamo以外のプランから、irumoへの発信は無料

そのため、通話オプション(5分通話無料 / かけ放題)の検討もおすすめ。

通話オプションのつけどころは「月20分以上」電話をかける場合から。irumoの通話サービスで詳しく解説しているので参考にしてください。

eximoならファミリー割引で家族間通話が無料です。

↑ [デメリット] の目次へもどる

5. みんなドコモ割で割引されない

irumoのデメリットは、みんなドコモ割加入でも割引されない(割引対象外)ことです。

■irumoの割引(税込)

irumoの割引割引割引条件
ドコモ光セット割-1,100円(※1)ドコモ光の契約
home 5G セット割home 5Gの契約
dカードお支払割-187円dカードで支払い
みんなドコモ割対象外(※2)-
ファミリー割引対象外(※2)-
ハーティ割引対象外-
子育てサポート割引対象外-
備考※1:両方のセット割条件を満たす場合、ドコモ光セット割のみ適用。
※2:加入可能だが割引対象外。割引グループの回線数としてカウントされる。

ポイント

  • みんなドコモ割に加入できるが割引対象外
  • みんなドコモ割の回線数にカウント(irumo以外の回線の割引額アップ)。
  • みんなドコモ割は「2回線で550円引、3回線以上で1,100円引」が割引対象回線全てに適用。

みんなドコモ割とは、ファミリー割引グループ内の回線が「2回線で550円引、3回線以上で1,100円引」が割引対象回線全てにされるお得な割引です。

irumoはみんなドコモ割に加入できるものの、割引は対象外。しかし、「加入回線数にカウント」されるため、みんなドコモ割加入の他回線の割引に役立ちますよね。

irumoが割引されなくとも家族が割引されるなら、家族合計では安く利用できてお得ですよね。

↑ [デメリット] の目次へもどる

6. ドコモのサービスを一部利用できない

irumoのデメリットは、ドコモのサービスを一部利用できないことです。

ただし、「ドコモメールオプション(330円/月)」の利用で使えるようになるサービスもあります。

irumoで利用できないサービス

  • お預かりプラス
  • オプションパック
  • 音声入力メール
  • ブラックベリーサービス
  • ブラックベリーWebフィルタ
  • マルチナンバー
  • メロディコール(ベーシックコース)
  • ゆうゆうコール
  • ゆうゆうコール特典受取拒否
  • 自動更新なし
  • iチャネル( Apple経由で決済する[30日コース]ならサービス利用可能)
  • iモード
  • iモードアクセス履歴 検索サービス
  • mopera U
  • spモード決済(GooglePlayTMなど拒否)
  • spモードメールウイルスチェック
  • 利用者情報提供拒否
  • あんしんウェブフィルターカスタマイズ

ドコモメールオプション契約時に利用できるサービス

  • メールアドレス保管 ※
  • 利用者情報提供拒否 ※
  • dアカウント自動設定 ※
  • ドコモ電話帳
  • ドコモアプリデータバックアップ
  • ファミリー割引番号(災害用伝言板用)
  • ケータイデータ お預かりサービス
  • 「契約プラン」「データ使用量」「ドコモのおすすめアプリ」の表示
  • spモード
  • スケジュール&メモ

※のサービスは、別途契約が必要なサービスがあります。

使いたいサービスが使えるのかは、検討時に要チェックです。

↑ [デメリット] の目次へもどる

7. dカードGOLDのdポイント還元率が低い

irumoのデメリットは、dカードGOLDのdポイント還元率が低いことです。

irumoと同時スタートのeximoなら、dカードGOLD(定期)のdポイント還元率は最大10%に対し、irumoは1%です。

そんなdポイント還元は「対象のサービスの料金1,000円ごとに」還元率に合わせて行われます。

■dポイント還元率(税込)

進呈条件irumo進呈率eximo進呈率差(irumo - eximo)
dカード GOLD定期クレジット
設定あり
1%10%-9%
定期クレジット
設定なし
0.5%1%-0.5%
dカード レギュラー定期クレジット
設定あり
0.5%1%-0.5%
定期クレジット
設定なし
0.5%1%-0.5%
その他dポイント利用者
登録あり
0.5%1%-0.5%
dポイント利用者
登録なし
0%0%0%

dポイント還元対象

  • 月額基本料(割引適用後の料金が対象)
  • 通話・通信料
  • 付加機能使用料(試用者のみ)
  • ドコモの月額課金サービス(契約者のみ)
  • ユニバーサルサービス料

dカードの利用金額が大きいほど、dポイント還元率による還元幅の差が出てきます。

irumoはdポイント還元率が少な目で「最大でも1%」。思った以上にdポイントが貯まりにくいなんてことも。

特にdカードの利用が多い人は、dポイント還元率の低下は把握しておきましょう。

↑ [デメリット] の目次へもどる

8. ドコモメールが有料オプション

irumo(イルモ)のドコモメール

irumoのデメリットは、ドコモメールが有料オプション(月330円)であることです。

■ irumoのキャリアメール利用(税込)

irumoのキャリアメール利用
docomoドコモメールオプション
SoftBank / au / 楽天モバイルメールアドレス持ち運び
料金各330円/月(税込)

ポイント

  • ドコモメールオプション(330円 / 月)でドコモメールが使える。
  • ドコモ以外のキャリアメールはキャリアメール持ち運びサービス(各330円 / 月)が必要。

ドコモメールオプションはドコモメールを使えるものの、申し込みのタイミングには注意したいところ。

というのも、他のドコモプランからirumoへの契約変更の場合、irumoと同時にドコモメールオプションを申し込まないと、利用していたドコモメールを引き継げません。

irumo使用後にドコモメールオプションを申し込んでも、新規でドコモメールを使うことに。

ドコモメール持ち運びは、irumo以外のドコモプランで利用していたドコモメールの「アドレス・メールデータ」を引き継げます。

MNP乗り換え時は、乗り換え元のキャリアメール持ち運びサービスを利用することで、irumoで他のキャリアメールを引き続き使えます。

irumo以外のドコモプランからirumoへ契約変更するときは気を付けて。

ギガライトなどでドコモメールを「無料」で使っている人は、irumoでドコモメールが有料なのは「追加料金」になるので気になりますよね。

でも、そもそもGmailなどを利用している人からすると「ドコモメールは不要」だったりするわけです。

irumoにドコモメールが標準で付いてその分だけプランの料金が高くなるよりも、「ドコモメールは有料オプション、その分プランの料金が安い」方が安く使える人は増えますよね。

つまりドコモメールを「使う人」にはデメリットなものの、「使わない人」にはメリットという見方もできるわけです。

ドコモメール分はirumoの料金を安くするから、必要な人だけ有料で使ってねということですね。

↑ [デメリット] の目次へもどる

9. 通信混雑時などに通信速度が制限されることも

irumoのデメリットは、通信混雑時(や大量通信時)などに通信速度制限がかかることです。

さらに他の料金プラン(eximoahamoなど)より、「先に」irumoの通信速度が制限される場合があります。

通信速度が低下しやすいのは、通信が混雑しやすい時間帯や場所です。

通信が混雑しやすい

  • 平日朝・夕の通勤、昼12時台などスマホ利用者が増えやすい時間帯。
  • 駅や店内など人が集まりやすい場所。

どれくらいの速度制限となるかは通信混雑などの状況しだい。

通信速度が遅く、どうしても困る場合は「人が混雑していないところ」に移動すると改善される可能性は高まるでしょう。

irumo 0.5GBはそもそも最大3Mbpsの制限があります。

ドコモのパケ詰まり

人が密集しやすい場所は、ドコモの抱える問題「パケ詰まり」で通信速度が遅い、もしくは一時的につながりにくくなることが発生中。

対策として、ドコモは2023年12月までに全国2,000か所以上の通信品質改善を90%以上実施予定です。

ドコモのパケ詰まり対策は進行中。解消に期待です。

2024年2月2日には、「2023年12月までの計画以上の予定」達成を発表。「平均スループット(通信速度)が約半年前の1.7倍に達した」とのこと。

完全解決ではないものの、着実に対策は進行中です。

↑ [デメリット] の目次へもどる

10. データ量をシェアできない

irumoのデメリットは、データ量をシェアできないことです。

つまり、シェアオプションである「データプラス / 5Gデータプラス」も利用できません。

■ irumoのオプション(税込)

irumo
国内データ量追加1GB追加オプション 1,100円/GB
データ量の自動追加スピードモード 1,100円/GB
データ量到達通知無料
データ量繰り越し-
データ量シェア-
海外世界そのままギガ国・地域による(200円~)

ポイント

  • データ量のシェア(データプラス / 5Gデータプラス)はできない。
  • テザリングを使える。

irumoはデータ量のシェアはできないものの、「代替策」としてテザリング(月額無料)がおすすめ。

シェアと全く同じはないものの「一つの契約でもデータ量を複数機種で使える」ため、テザリングも便利です。

irumoはデータ量が少なめ。テザリング時はデータ量超過に注意です。

↑ [デメリット] の目次へもどる

11. OCN モバイル ONEのMUSICカウントフリーなどが使えない

irumoのデメリットは、OCN モバイル ONEのMUSICカウントフリーなどの機能が使えないことです。

なぜOCNモバイルONEかというと、irumoはOCN モバイル ONEの後継にあたるためです。

irumoとOCN モバイルONE

irumoの誕生はNTTドコモが子会社「NTTレゾナント(OCN モバイル ONEを運営)」を吸収合併したことがきっかけ。

吸収合併により「ドコモ」と「OCN モバイル ONE」の料金プランが整理され、irumo(とeximo)が誕生しました。

■irumoとOCN モバイル ONEのオプション

irumoOCN モバイル ONE
メールドコモメールオプションOCNメール
音楽サービス-Musicカウントフリー
IP電話-050plus
データ量繰り越し-
データ量シェア-

OCN モバイル ONEの「Musicカウントフリー」は、対象の音楽サービスでは「データ量を消費しない」というもの。

要は音楽が聴き放題になるサービスでした。

OCN モバイル ONEユーザーからすると、Musicカウントフリーがないirumoは、音楽の聴きすぎでデータ量が不足しないか心配も。

他にもOCN モバイル ONEからirumoに引き継がれなかった機能は次のとおりです。

引き継がれなかった機能

  1. Musicカウントフリー(音楽のデータ量消費無し)
  2. OCNでんわ(通話料半額)
  3. 10分かけ放題 / トップ3かけ放題
  4. 050Plus(IP電話)

\ WEB申し込みで手数料3,850円が無料

ドコモの料金プラン irumo(イルモ)

↑ [デメリット] の目次へもどる

03. irumo(イルモ)のメリット

irumoのメリット

irumoのメリットは6項目あります。

irumoのメリットは、料金プランの安さやドコモメールなどのサービス面にあります。

irumoを便利に使うために知っておくべきメリットを見ていきましょう。

1. 最大割引なら格安で使える

irumoの料金プラン割引

irumoのメリットは、最大割引なら格安で使えることです。

■ irumoの料金プラン(税込)

irumoirumo [最大割引]
0.5GB550円550円(※1)0円
3GB2,176円880円1,287円
6GB2,827円1,540円1,287円
9GB3,377円2,090円1,287円
備考基本料金最大割引-1,287円
※0.5GBは対象外
-

ポイント

  • irumo 0.5GBは割引対象外
  • 料金プランは最大割引1,287円
  • 最大割引時は880円 [3GB] ~ 2,090円 [9GB]
  • 最大割引時なら「3GBが月880円」と格安SIM並みの安さにも。

他社の料金を考えると、割引なしのirumo(3 ~ 9GB)は安いとは言い切れません。

でも、最大割引-1,287円を適用すると、3GBプランが月880円と格安SIM並みの安さに。

最大割引時のiurmoと格安SIM(OCN モバイル ONE)の料金ではかなり近い料金であることがわかります。

■irumoとOCN モバイル ONE(税込)

irumoOCN モバイル ONE
(新コース)
差額
0.5GB550円(※)550円(※)0円
1GB-550円-
3GB880円770円110円
6GB1,540円1,100円440円
9GB2,090円-
-
10GB-1,540円-
適用割引-1,287円-220円-
備考※割引適用外irumo-OCN

最大割引なら格安で使えるのがirumoのメリットです。

最大割引なら格安SIM並みの安さでドコモの高品質なサービスを使えるのは魅力的。

↑ [メリット] の目次へもどる

2. ドコモショップで対面サポートを受けられる

irumoのメリットは、ドコモショップで対面サポート(事務手続きや設定サポートなど)を受けられることです。

■ irumoの事務手続きと事務手数料(税込)

手続き内容irumo(店頭)irumo(WEB)
新規契約3,850円0円
契約変更
機種変更
名義変更
SIM再発行
eSIM再発行
電話番号の変更非対応
電話番号保管1,100円
MNP転出0円0円
解約
備考2023/7/1改定後の料金

■ irumoの設定サポート(税込)

サービス名項目irumo
ドコモショップ初期設定サポート(データ移行)2,200円/回
設定サポートアプリ設定サポ―ト1,650円/回
フィルム貼付サポート1,100円/回
初期設定サポート(OSアカウント設定)
設定サポート(バックアップ)
設定サポート(OSアップデート)
設定サポート(スマホ初期化)
設定サポート(容量オーバー解消)
設定サポート(生体認証設定)
設定サポート(ウェアラブル設定)

irumoで困ったときに頼りになるのがドコモショップ。有料ではあるものの「各種手続きや設定サポート」を受けられます。

事務手数料が気になる人は「自分でオンライン手続き」をすれば手数料無料の場合が多くおすすめ。

わからないことがあっても安心なのが、irumoやドコモのWEBサイトでは「サポート窓口が充実していること」です。

■ irumoのサポート窓口(税込)

サポート窓口irumo
店頭サポートドコモショップ
公式WEBサイトサポート
お問い合わせ
よくある質問(FAQ)よくある質問
チャットチャット
電話総合 #151

特にチャットはオペレーターによる丁寧な回答があり、AIチャットボットなら何時でも相談できます。

サポート体制がしっかりしていると、いざ困ったときに頼りやすく心強いですよね。

また、irumoの設定サポートは全て有料。代わりに料金プランが安くなっています。

そして、自分に必要なサポートを選んで受けられます。つまり、必要なければサポート代はかからず節約になることもメリットです。

サポートいらずの人は追加料金いらずです。

↑ [メリット] の目次へもどる

3. オプションでドコモメールを使える

irumo(イルモ)のドコモメール

irumoのメリットは、オプションでドコモメールを利用できることです。

ドコモメールオプション(月330円)が必要なものの、信頼性の高いドコモのキャリアメールを利用できます。

キャリアメールの特徴

  • 本人確認を行って契約した人が使えるため信頼性が高い。
  • 携帯会社で対策されているため、スパムメールや迷惑メールが届きにくい。

信頼あるドコモメールを利用できるのは、「ドコモメールが必要な人」にとってメリット。

「ドコモメールが不要な人」もオプション料金分が節約なってメリットです。

「選択できる」ということ自体がirumoのメリットですよね。

↑ [メリット] の目次へもどる

4. 特典でdポイントが還元される

irumoのメリットは、特典でdポイントが還元されることです。

dポイント還元

  • 還元率に応じて対象の料金1,000円ごとにdポイント還元。
  • 爆アゲ セレクションの対象サービス利用料金応じてdポイント還元。

まず、対象サービスの料金1,000円ごとにdポイントが還元されます。還元率はdカードの種類や契約プランで変わります。

■dポイント還元率(税込)

進呈条件irumo進呈率eximo進呈率差(irumo - eximo)
dカード GOLD定期クレジット
設定あり
1%10%-9%
定期クレジット
設定なし
0.5%1%-0.5%
dカード レギュラー定期クレジット
設定あり
0.5%1%-0.5%
定期クレジット
設定なし
0.5%1%-0.5%
その他dポイント利用者
登録あり
0.5%1%-0.5%
dポイント利用者
登録なし
0%0%0%

dポイント還元対象サービス

  • 月額基本料(割引適用後の料金が対象)
  • 通話・通信料
  • 付加機能使用料(試用者のみ)
  • ドコモの月額課金サービス(契約者のみ)
  • ユニバーサルサービス料

また、 爆アゲ セレクションの対象サービス利用でもdポイントが還元されます。

■爆アゲセレクション(税抜)

月額税抜還元dポイントdポイント還元率
Disney+900円9010%
NETFLIXベーシック900円9010%
スタンダード1,355円136
プレミアム1,800円180

爆上げセレクションは「対象サービス」によって還元率が異なるので注意です。

irumoはeximo・ahamoよりは還元率が低めです。

その他の注意点もチェックをお忘れなく。

注意点

  • dアカウントログインでの入会が必要
  • dポイントクラブ会員であることが必要
  • 対象サービスのアカウント登録などが必要

dポイントはローソンやマルクドナルドなど、多くのお店で利用できて便利。

irumoで貯まったdポイントでお得にお買い物ができるとうれしいですよね。

dポイントクラブ入会を忘れずに。

↑ [メリット] の目次へもどる

5. 留守番電話サービスを利用できる

irumoのメリットは、留守番電話サービスを利用できることです。

というのも、同じドコモの「ahamo」では留守番電話(やキャッチホン)を利用できません。

ドコモで留守番電話を利用したいならirumo(またはeximo)を選択することになります。

■irumoの国内通話・通話オプション (税込)

irumoの国内利用時
通話料国内通話料22円/30秒
ファミリー割引加入可能。割引対象外。
家族間の国内通話料22円/30秒
通話オプションかけ放題1,980円/月
かけ放題のつけどころ発信月45分以上
5分通話無料880円/月
5分通話無料のつけどころ5分以内/回の発信月20分以上
留守番電話330円/円 ※
キャッチホン220円/月 ※
備考※かけ放題 / 5分通話無料の申し込みで全額割引

ポイント

  • irumoは留守番電話サービス(330円/月)・キャッチホン(220円/月)を利用可能。
  • 同じドコモのahamoでは留守番電話・キャッチホンは使えない。
  • かけ放題 / 5分通話無料を申し込むと、留守番電話 / キャッチホンの月額が割引。
  • irumoの留守番電話はドコモ留守電アプリビジュアルボイスメールに対応。

留守番電話(330円/月) / キャッチホン(220円/月)の月額料金がかかるものの、「かけ放題 / 5分通話無料」を申し込んでいると月額料金分の割引が適用され、お得に使えます。

実質無料で留守番電話 / キャッチホンを使えます。

irumoの留守番電話サービスは「ドコモ留守電アプリ」「ビジュアルボイスメール」に対応。

注意点は「ドコモ留守電アプリ」を利用する場合、「通話用SIM」と「データ通信用SIM」が同じSIMである必要があります。

通話用SIM・データ通信用SIMをデュアルSIM運用していると「ドコモ留守電アプリ」を正常に使えない場合があります。

↑ [メリット] の目次へもどる

6. 不要なサービスの料金を節約できる

irumoのメリットはサービスの取捨選択により、「不要なサービス分は節約になる」ことです。

取捨選択できるサービス

  • ドコモメールオプション / ドコモメール持ち運び(各330円/月)
  • 設定サポート(1,100円~2,200円/回)

取捨選択できるサービスは限定されているものの、低料金を求めるユーザー向けのirumoだからこそ「必要なサービスを選びたい」。

そして、不要なサービスは「利用しなければ節約になる」というのはユーザーには大切なポイントですよね。

ドコモメールオプションが不要なら「毎月330円、年間3,960円」の節約に。

サービスの充実したプランは魅力的なものの、料金は高くなりがち

irumoのように一部のサービスは有料オプション扱い、でもその分料金は安い方がうれしいユーザーもいますよね。

サービスの取捨選択は「自分に必要 / 不要なサービス」をわかっている必要があるのは注意点です。

\ WEB申し込みで手数料3,850円が無料

ドコモの料金プラン irumo(イルモ)

↑ [メリット] の目次へもどる

04. irumo(イルモ)がおすすめな人

irumoがおすすめな人

irumoがおすすめな人は次のとおりです。

1. ドコモをできるだけ安く使いたい人

irumoがおすすめな人は、「ドコモ」をできるだけ安く使いたい人。というのも、irumoは他のドコモプランよりも安く使えることが多いためです。

■irumoと他の料金プラン(税込)

irumoeximoahamo
0.5GB550円(※)2,178円2,970円
1GB880円
3GB3,278円
6GB1,540円4,928円
9GB2,090円
20GB-
100GB-4,950円(※)
無制限-4,928円-
最大割引-1,287円-2,387円割引なし
備考※割引対象外-※大盛りオプション

ポイント

  • ドコモの現行プランの中で料金プランが安い
  • 有料オプション(ドコモメールや設定サポート)を使わなければ料金が安い
  • 最大割引ありで3GBが月880円で使える。
  • 最安の550円プランがある。

他のドコモプランよりも安くても、irumoを利用するなら最大割引を適用したいところ。しかし、「ドコモ光の契約など割引条件が厳しめ」で人によっては割引適用が難しいことも。

月々のデータ使用量がプランのデータ量に合えば、ドコモ回線をできるだけ安く使いたい人にirumoはおすすめです。

ドコモのプランで安さ重視ならirumoの検討がおすすめ。

\ WEB申し込みで手数料3,850円が無料

ドコモの料金プラン irumo(イルモ)

↑ [おすすめな人] の目次へもどる

2. ドコモで音声回線をできるだけ安く使いたい人

irumoの料金プラン

irumoがおすすめな人は、ドコモで音声回線をできるだけ安く使いたい人。つまり、ドコモで最安550円で使えるirumo 0.5GBです。

■irumoと他の料金プラン(税込)

irumoeximoahamo
0.5GB550円(※)2,178円2,970円
1GB880円
3GB3,278円
6GB1,540円4,928円
9GB2,090円
20GB-
100GB-4,950円(※)
無制限-4,928円-
最大割引-1,287円-2,387円割引なし
備考※割引対象外-※大盛りオプション

irumo 0.5GBは月550円という安さと引きかえに「送受信最大3Mbps・4G(LTE)のみに制限」という欠点があります。

その欠点の回避策には、Wi-FiやデュアルSIM運用を活用が有効です。使いどころが難しいものの、上手く使えば安く・便利に使えます。

とにかく安く音声回線を持ちたい人にirumoはおすすめです。

\ WEB申し込みで手数料3,850円が無料

ドコモの料金プラン irumo(イルモ)

↑ [おすすめな人] の目次へもどる

3. 光回線やhome Wi-Fiが必要なデータ使用量9GB以下の人

irumoがおすすめな人は「光回線やhome Wi-Fiが必要なデータ使用量9GB以下の人」です。

■ irumoの料金プラン(税込)

irumoirumo [最大割引]
0.5GB550円550円(※1)0円
3GB2,176円880円1,287円
6GB2,827円1,540円1,287円
9GB3,377円2,090円1,287円
備考基本料金最大割引-1,287円
※0.5GBは対象外
-

irumoをお得に使うのに必要な割引はわずか2種類。そのため、「1,100円もの割引」になるドコモ光セット割 または home 5Gセット割はぜひ利用したいところ。

しかし、ドコモ光やhome 5Gの契約が必要で、契約後は「別途月額4,500円程度」がかかります。

割引額より「別途かかる月額の方が大きい」ため、「自宅に光回線またはhome Wi-Fiが必要な人」でなければおすすめできません。

「自宅に光回線またはhome Wi-Fi」が必要な人にピッタリですよね。

また、irumoで選べるデータ量は9GBまで

データ量の追加は「1GBあたり1,100円」で、追加するデータ量しだいではahamoやeximoの方がより良い選択となる可能性も出てきます。

■各プランの料金 [割引あり](税込)

irumoeximoahamo
割引なし0.5GB550円4,565円2,970円
1GB2,176円
3GB5,665円
6GB2,827円7,315円
9GB3,377円
20GB-
100GB-4,950円
無制限--
割引あり0.5GB550円2,178円2,970円
1GB880円
3GB3,278円
6GB1,540円4,928円
9GB2,090円
20GB-
100GB-4,950円
無制限--
備考・割引ありは最大割引適用
・ahamoの100GBは大盛りオプション利用

つまり、irumoはドコモ光セット割 または home 5Gセット割で「1,100円割引」を利用できる月々のデータ使用量が9GB以下の人におすすめできるわけです。

他社の光回線 / home Wi-Fi利用中なら、お得なキャンペーン利用で乗り換えもおすすめです。

\ WEB申し込みで手数料3,850円が無料

ドコモの料金プラン irumo(イルモ)

↑ [おすすめな人] の目次へもどる

05. irumo(イルモ)をおすすめできない人

irumoをおすすめできない人

irumoをおすすめできない人は次のとおりです。

それぞれ見ていきましょう。

1. 月のデータ使用量が9GBを超える人

irumoは月のデータ使用量が9GBを超える人にはおすすめできません。

というのも、データ量が9GBまでのためです。

■ irumo 9GBにデータ量を追加した料金(税込)

irumoirumo [最大割引]ahamo
9GB3,377円2,090円2,970円
9GB +1GB4,477円3,190円2,970円
9GB +2GB5,577円4,290円
9GB +3GB6,677円5,390円
20GB [9GB +11GB]15,477円14,190円
備考・割引なし
・20GBは9GBに11GBのデータ量追加
・最大割引-1,287円
・20GBは9GBに11GBのデータ量追加
-

ポイント

  • irumoの料金プランはデータ量9GBまで。
  • データ量追加は1GBあたり1,100円で可能。

irumoのプランのデータ量は9GBなものの、データ量を追加できるため「実質9GB以上」使うことは可能。

このときにネックになるのがデータ量の追加料金で、1,100円/GB(税込)と高いです。

例えば、割引なしで3GB以上のプランだと、「1GBの追加」で合計3,000円超え。2GBだと2,200円(税込)の料金追加。9GBプランだと5,000円を越えてきます。

irumoへのデータ量追加しだいでは「データ量20GB・5分通話無料付きで2,970円」のahamoeximoの方が「irumoより安い料金で、データ量を多く」使えることも。

データ使用量9GB以上の人はahamoeximoの検討がおすすめです。

月のデータ使用量が9GBを超える人にirumoはおすすめできません。

↑ [おすすめできない人] の目次へもどる

2. ドコモ光やhome 5Gを契約しない人

irumoの料金プラン割引

irumoはドコモ光やhome 5Gを契約しない人にはおすすめできません(irumo 0.5GBは除く)。

というのも、irumoの低料金利用に必要な「ドコモ光セット割 / home 5Gセット割(各1,100円割引)」を利用できないためです。

■ irumoの料金プラン(税込)

irumoirumo [最大割引]
0.5GB550円550円(※1)0円
3GB2,176円880円1,287円
6GB2,827円1,540円1,287円
9GB3,377円2,090円1,287円
備考基本料金最大割引-1,287円
※0.5GBは対象外
-

そもそもirumoを検討する人は「ドコモを安く使いたい」ですよね。

irumo 3~9GBの低料金利用は割引必須。最大割引時(-1,278円)なら3GBが月880円と「格安SIM並みの安さ」で利用できます。

でも、割引なしのirumo 6 / 9GBだと、20GBも使えるahamoと「料金がほぼ同じ」。

■ 割引なしのirumoとahamoの料金プラン(税込)

irumoirumo +5分通話無料ahamo
~0.5GB550円1,430円2,970円
~3GB2,176円3,056円
~6GB2,827円3,707円
~9GB3,377円4,257円
~20GB--
~100GB--4,950円
備考・割引未適用
・irumoの0.5GBは割引適用外
・irumoの5分通話無料は880円/月
・ahamoの100GBは大盛りオプション利用
・適用割引は最大額

さらに、5分通話無料(880円/月)などの「通話オプションをつけるとahamoより高く」なります。

irumoに割引適用できないならahamoの検討もおすすめです。

そのため、「ドコモを安く使いたい」ためにirumoを検討するなら、「ドコモ光セット割 / home 5Gセット割(各1,100円割引)」は欠かせません

ドコモ光やhome 5Gを契約しない人にirumoはおすすめできません。

↑ [おすすめできない人] の目次へもどる

3. 割引なしで5分通話無料を契約する人

irumoは割引なしで5分通話無料を契約する人におすすめできません。

というのも、「割引なしのirumo」に5分通話無料(880円/月)などの通話オプションをつけるとahamoより高くなるためです。

■ 割引なしのirumoとahamoの料金プラン(税込)

irumoirumo +5分通話無料ahamo
~0.5GB550円1,430円2,970円
~3GB2,176円3,056円
~6GB2,827円3,707円
~9GB3,377円4,257円
~20GB--
~100GB--4,950円
備考・割引未適用
・irumoの0.5GBは割引適用外
・irumoの5分通話無料は880円/月
・ahamoの100GBは大盛りオプション利用
・適用割引は最大額

そもそも、通話オプションを付けずとも「割引なしのirumo 6 / 9GB」はahamoとほとんど同じ料金

そこへ通話オプションをつけるとirumoはahamoより高くなります。

これならahamoを検討したい人も出ますよね。

「最大割引時」ならirumo 3 / 6GBなら5分通話無料をつけてもahamoより安く使えます。

■最大割引の irumoとahamoの料金プラン(税込)

irumoirumo +5分通話無料ahamo
~0.5GB550円1,430円2,970円
~3GB880円1,760円
~6GB1,540円2,420円
~9GB2,090円2,970円
~20GB--
~100GB--4,950円
適用割引-1,287円--
備考・最大割引適用
・irumoの0.5GBは割引適用外
・irumoの5分通話無料は880円/月
・ahamoの100GBは大盛りオプション利用

でも、irumo 9GBはahamoと「同額」なものの、ahamoの方が11GB多くデータ量を使えます。

コスパの高いahamoですが、留守番電話など利用できないサービスがある点は注意。

割引なしで5分通話無料を契約する人にirumoはおすすめできません。

↑ [おすすめできない人] の目次へもどる

4. OCN モバイル ONE同等のサービスを求める人

irumoはOCN モバイル ONE同等のサービスを求める人におすすめできません。

というのも、OCN モバイル ONEの後継でもあるirumoですが、引き継がれなかった機能があるためです。

引き継がれなかった機能

  1. Musicカウントフリー(音楽のデータ量消費無し)
  2. OCNでんわ(通話料半額)
  3. 10分かけ放題 / トップ3かけ放題
  4. 050Plus(IP電話)

OCN モバイル ONEとirumoの0.5GBプラン同士であれば、irumo 0.5GBは無料通話なし通信速度制限ありでどうしても見劣りしがちです。

MUSICカウントフリーがないのは、音楽をよく聴く人はデータ使用量に気を配る必要が

このようにOCN モバイル ONEの便利でお得な機能が引き継がれていないため、後継とは言えirumoはOCN モバイル ONE同等の使い方は難しいです。

OCN モバイル ONE同等のサービスを求める人にirumoはおすすめできません。

\ WEB申し込みで手数料3,850円が無料

ドコモの料金プラン irumo(イルモ)

↑ [おすすめできない人] の目次へもどる

06. irumo(イルモ)の申し込み方法

irumo(イルモ)の「申し込みを決めた人」は申し込み方法をチェックしておきましょう。

\ お得なキャンペーン!0.5GBが実質半年無料!

ドコモの料金プラン irumo(イルモ)

申し込みは「事務手数料3,850円が無料」になる公式WEBサイトがおすすめです。

1. irumoの申し込みに必要なもの

irumo(イルモ)の申し込みに必要なものを準備します。

irumo(イルモ)申し込みに必要なもの

  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • クレジットカードなど支払いに必要なもの
  • dアカウント(申し込み時でも取得可能)
  • MNP予約番号(MNPワンストップではない乗り換えの場合)

実際に申し込んだときの画像付きで「irumoの申し込み方法」を別記事でわかりやすく解説!ぜひ参考にしてください。

↑ [申し込み方法] の目次へもどる

2. irumoの申し込み手順

必要なものが準備できれば、申し込み手順にしたがって申し込みましょう(スマホでもPCでも手続き可能)。

irumo(イルモ)の申し込み手順

  • irumo公式WEBサイトから申し込みページを開く
  • 契約形態の選択
  • 契約方法の選択
  • 申し込み前の準備
  • 料金プラン・オプションの選択
  • dアカウントの作成と確認
  • 本人確認書類・受け取り方法の選択
  • 本人確認手続き
  • お客さま情報の入力
  • 受取日時の選択
  • ネットワーク暗証番号の設定
  • お支払い方法の設定
  • 同意・注意事項の確認
  • 申し込み内容の確認
  • 注文の確定
  • 申し込み受付連絡の確認

irumoの申し込みページはかなりわかりやすく作られています。

それでも申し込みが心配な人は、「実際に申し込んだときの画像付き」のirumoの申し込み方法の解説記事をぜひ参考にしてください。

\ WEB申し込みで手数料3,850円が無料

ドコモの料金プラン irumo(イルモ)

↑ [申し込み方法] の目次へもどる

07. irumo(イルモ)のよくある質問

よくある質問(FAQ)

irumoのよくある質問を見ていきましょう。

1. irumo(イルモ)とeximo(エクシモ)の違いは?

ドコモのirumo(イルモ)eximo(エクシモ)の違い

irumoとeximoの違いは、料金プランではirumoが低データ容量かつ安いこと。最大データ量では、データ量無制限のeximoの方が多いです。

eximoは「データ使い放題」でストレスフリーな使い勝手が魅力。

■irumoとeximoの料金 [割引あり](税込)

irumoeximo
~0.5GB550円-
~1GB-2,178円
~3GB880円3,278円
~6GB1,540円-
~9GB2,090円-
無制限-4,928円
割引合計-1,287円-2,387円
ドコモ光セット割 / home 5G セット割-1,100円(※1)
dカードお支払割-187円
みんなドコモ割-・2回線 -550円
・3回線以上 -1,100円
備考・irumoの0.5GBは割引適用外
※1:ドコモ光、home 5G両方ある場合、ドコモ光セット割のみ適用。

通話サービスでは、irumoはファミリー割引で割引にならないものの、eximoは家族間の国内通話が無料になります。

irumoは料金が安い分サービスが有料オプション扱い。eximoは料金が高い分、全体的にサービスが充実している違いがあります。

irumoは必要なサービスにだけ料金を払う選択が可能な分、自由度が高めとも言えます。

詳細なirumo(イルモ)とeximo(エクシモ)の違いは別記事でくわしく解説しているのでぜひ参考にしてください。

↑ [よくある質問] の目次へもどる

2. irumo(イルモ)とahamo(アハモ)の違いは?

irumo(イルモ)とahamo(アハモ)の違い

irumoとahamoの違いは、料金プランでは割引ありだとirumoよりahamoの方が高い

割引なしだとahamoは、irumo 9GBより安く、irumo 6GBと同程度な上に20GBもの大容量データを使えるという違いがあります。

■irumoとahamoの料金 [割引有/無](税込)

irumo(割引あり)irumoahamo
~0.5GB550円550円2,970円
~3GB880円2,176円
~6GB1,540円2,827円
~9GB2,090円3,377円
~20GB--
~100GB--4,950円
適用割引-1,287円--
備考・irumoの0.5GBは割引適用外
・ahamoの100GBは大盛りオプション利用
・適用割引は最大額

irumoは留守番電話サービスやキャッチホンを使えるものの、ahamoでは使えません。対面サポートではirumoは操作面のサポートも受けられるものの、ahamoは自分で操作が必要です。

サポート時の自分で操作が大丈夫なら「ドコモで迷ったらahamo」と言えるくらい高コスパでおすすめです。

詳細なイルモとahamo(アハモ)の違いは別記事でくわしく解説しているのでぜひ参考にしてください。

↑ [よくある質問] の目次へもどる

3. irumo(イルモ)とギガライトの違いは?

irumo(イルモ)とギガライトの違い

irumo(イルモ)とギガライトの違いは、料金プラン面でirumoは割引有無に関わらず、どのデータ量においてもギガライトより月1,200円以上安く使えます。

■irumoとギガライトの料金 [割引あり](税込)

irumoギガライト
~0.5GB550円2,178円1,628円
~1GB880円2,178円1,298円
~3GB880円2,728円1,848円
~5GB1,540円3,278円1,738円
~6GB1,540円4,378円2,838円
~7GB2,090円4,378円2,288円
~9GB2,090円--
適用割引
(最大)
-1,287円~1GB:-1,287円
~3GB:-1,837円
~5, ~7GB:-2,387円
-
備考定期契約無し-

データ通信面では、irumo 3~9GBは5G通信対応で、4G(LTE)のみのギガライトより通信速度が速いです。

しかし、ギガライトがirumoより勝るのは「ファミリー割引で家族との国内通話が無料、ドコモメールが無料、データ量のシェア可能、初期設定サポートが無料」といったサービス面です。

詳細なirumoとギガライトの違いは別記事でくわしく解説しているのでぜひ参考にしてください。

↑ [よくある質問] の目次へもどる

4. irumoの申し込みの事務手数料は?

irumo(イルモ)の事務手数料は、ドコモショップでの申し込みで3,850円(税込)です。irumo公式WEBサイトからの申し込みだと無料です。

ドコモの料金プラン irumo(イルモ)

↑ [よくある質問] の目次へもどる

5. irumoの支払い方法は?

irumoの支払い方法は、口座振替クレジットカードが利用できます。

ドコモの発行するdカード(クレジットカード)なら「dカードお支払割」や「dポイント還元」でirumoをお得に使えます。

↑ [よくある質問] の目次へもどる

6. irumoは機種変更できますか?

irumoはドコモオンラインショップで機種変更が可能です。

irumoスタート時には機種変更できなかったものの、2023年9月6日から機種変更が可能になりました。

↑ [よくある質問] の目次へもどる

7. irumoの最低利用期間は?

irumoは最低利用期間がありません。

↑ [よくある質問] の目次へもどる

8. irumoの解約手数料は?

irumoは解約手数料解約違約金がかかりません。

↑ [よくある質問] の目次へもどる

9. irumoはデータ量の繰り越しができますか?

irumoはデータ量を翌月に繰り越しできません。月末に過不足があっても、翌月には契約中のデータ量に戻ります。

繰り越せないからといって「月々のデータ使用量ぎりぎりのデータ量」を契約すると、データ量を超過して速度制限になることも。

データ量の追加で超過から回復できるものの、「1GBあたり1,100円」と割高。そのため、契約するデータ量は「少し余るようなデータ量」を契約する方が結果的に「データ量を追加するより安く済む」場合もあります。

\ WEB申し込みで手数料3,850円が無料

ドコモの料金プラン irumo(イルモ)

↑ [よくある質問] の目次へもどる

08. 【まとめ】irumo(イルモ)の低料金利用には割引必須!

irumoのデメリット

ドコモのirumoのデメリット・メリットを解説してきました。

irumoのデメリットはドコモ光が必要など割引条件が厳しめ。光回線などの自宅回線が「不要」な人にとっては、割引条件としては厳しいものでした。

ドコモ光 / home 5Gは別途工事費や月額料金が必要なのもお忘れなく。

しかし、irumoはドコモのプランの中では「割引なし」でも安い料金。さらに最大割引を適用できれば、3GBがわずか880円という「格安SIM並みの安さ」で使えるのも魅力。

irumoのメリット

なによりドコモ回線を安く使いたい人で「データ使用量9GB以下」ならirumoはおすすめでした。

データ使用量「9GB以上」ならahamo / eximoの検討がおすすめです。

魅力あるirumoでも、自分の使い方に合わない場合はその魅力を活かすことは難しく、他プランの検討も大切です。

本記事を参考にしても迷う場合、「自分のスマホの使い方や優先したいこと、避けたいこと」を振り返ると、良い選択のヒントになるのでおすすめです。

より自分に合う選択をし、良いスマホライフを送ってください。

かへおれ(@caheoreblog)でした。

\ 0.5GBプラン限定キャンペーン中 /

irumo

\ ドコモを安く使いたいならirumo /

irumo(イルモ) 詳細はこちら

/ WEB申し込みで手数料3,850円が無料

\ irumo検討に必見のお役立ち記事! /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かへおれ

元ドコモ11年利用 → 格安SIM利用9年目のかへおれです。
【カヘオレモバイル】では、モバイル回線検討時に面倒で時間のかかる「調査・比較の時間を節約でき、自分に合う回線を見つけられる」情報をお届け中。今はドコモとドコモ系格安SIMを中心にしています。
スマホライフの充実・節約の実現につながることであなたの幸せに繋がる。そんな「スマホ回線からつながる幸せ実現」のお役に立てるサイトを目指しています。

-NTTドコモ
-