↓↓ irumo検討におすすめ ↓↓
irumoのデメリット・メリットを徹底解説
 New!! 4/13→【 eximo vs ワイモバイル
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
ahamoとワイモバイルを比較

NTTドコモ

ahamo(アハモ)とワイモバイルを比較!おすすめはどっち?

2024年4月1日

ahamoワイモバイルは20GBもの大容量データをもつプラン。データ量をあまり気にせず、ネットサーフィンや動画などを楽しみたい人は気になりますよね。

そんなahamoはドコモ回線、ワイモバイルはソフトバンク回線。通信エリアの広さ、5G通信での高速データ通信など魅力タップリ。

ahamoとワイモバイルの違い

魅力的な特徴も「自分の使い方に合うか」はしっかり調べ、検討が必須。でも、ahamoを調べると「アハモはデメリットだらけ」なんて検索結果に逆に迷うことも……

そこで本記事では「ahamoワイモバイルを徹底比較」しました。「自分の使い方」にはどっちがおすすめなのか、ぜひ参考にしてください。

元ドコモ11年利用格安SIM利用9年目かへおれ@caheoreblog)が解説します。

いつでもカエドキプログラムで最新機種へ

ahamo

20GB+5分通話無料で月2,970円

PayPay最大23,000円相当ゲット! /

ワイモバイル ヤフー店を見る

価格表記について

注記がない限り全て税込表記です。

気になる比較から読む」のもおすすめ。わかりやすいカテゴリごとの比較です。

タップできるもくじ
  1. 01. ahamo(アハモ)とワイモバイルの料金プラン比較
  2. 02. ahamo(アハモ)とワイモバイルのデータ通信比較
  3. 03. ahamo(アハモ)とワイモバイルの電話比較
  4. 04. ahamo(アハモ)とワイモバイルのメール比較
  5. 05. ahamo(アハモ)とワイモバイルのオプション比較
  6. 06. ahamo(アハモ)とワイモバイルの手続き・サポート比較
  7. 07. ahamo(アハモ)がおすすめな人
  8. 08. ワイモバイルがおすすめな人
  9. 09. 【まとめ】ahamoとワイモバイルはデータ使用量で選ぼう

01. ahamo(アハモ)とワイモバイルの料金プラン比較

ahamoの料金プラン

ahamoとワイモバイルの料金プラン比較を見ていきましょう。

1. 割引なしだとahamoはワイモバイルより最大1,045円安い

「割引なし」のahamoはワイモバイルより最大1,045円安く使え、このときのデータ量は20GBもの大容量です。

多くの人は「データ量不足」の心配もありません。

■ahamoとワイモバイルの料金[割引なし] (税込)

ahamoワイモバイル
4GB2,970円[ シンプル2 S ]
2,365円
605円
20GB[ シンプル2 M ]
4,015円
-1045円
30GB4,950円 ※[ シンプル2 L ]
5,115円
-165円
100GB--
備考※ 大盛りオプションahamo - ワイモバイル

ポイント

  • 割引なしだとahamoはワイモバイルより最大1,045円(年12,540円)安い。
  • 割引なしでデータ使用量4GB以下ならワイモバイルはahamoより605円安い
  • 最大料金差1,045円のとき、データ量は20GBで多く人はデータ量不足の心配なし。

多くの人に使い方にマッチするデータ量20GBのプラン。でも、「データ使用量4GB以下」なら、ワイモバイルはahamoより605円安く使えます。

使い勝手の良い20GBを超えるなら、ahamoは100GB・ワイモバイルは30GBが最大データ量。

このとき、ahamoはワイモバイルより「165円安く・70GB多く」使えます。

「割引なし」でデータ使用量4GBを超過するなら、ahamoの方が「安く・データ量多く」使えておすすめです。

ドコモでデータ使用量4GB以下なら「irumo」の検討がおすすめです。

↑ [料金プラン] の目次へもどる

2. 最大割引のワイモバイルはahamoより最大1,892円安い

「最大割引」のワイモバイルはahamoより最大1,892円安く使えます。

■ahamoとワイモバイルの料金 [最大割引](税込)

ahamoワイモバイル
4GB2,970円[ シンプル2 S ]
1,078円
1,892円
20GB[ シンプル2 M ]
2,178円(※1,078円)
792円
30GB4,950円 ※[ シンプル2 L ]
3,278円(※1,078円)
1,672円
100GB--
最大割引割引なしS:-1,287円
M:-1,837円 ※-2,937円
L:-1,837円 ※-4,037円
備考※大盛りオプション※総データ使用量1GB/月以下の時ahamo - ワイモバイル

ポイント

  • ahamoは割引対象外。ワイモバイルは最大1,837円割引
  • 最大割引のワイモバイルはahamoより最大1,892円安い
  • ワイモバイルはデータ使用量1GB以下の月は「追加」で最大2,200円割引
  • 割引は適用条件に注意(別途費用がかかることも)。

そもそもahamoはドコモのプランで唯一の料金割引なし。ワイモバイルは最大1,837円割引を使え、「30GBまでの全データ量」でahamoより安く使えます。

また、データ使用量1GB以下の月は「追加」で最大2,200円割引。ワイモバイルはどのプランも「月1,078円」となり、ahamoより最大3,872円安く使えます。

ワイモバイルはほとんど使わない月は料金が安くなって節約に。

そんなワイモバイルの割引で注意したいのが「適用条件」。特に魅力的な割引額の「光回線 / home Wi-Fiの契約」でのセット割引はよく考えたいところ。

ワイモバイルのセット割は「SoftBank光 / SoftBank Air」が必要。

このセット割引は「割引額以上」に別途費用が必要。というのも「月額料金(月5,000円程度)や工事費」がかかるためです。

つまり、自宅に「光回線やhome Wi-Fiが不要」な人には、大きな割引が難しいことに。

人によっては使いにくい割引。その「適用条件」には注意が必要です。

「光回線やhome Wi-Fi」が必要な人は利用しやすい割引です。

↑ [料金プラン] の目次へもどる

3. ahamoは最大100GB・ワイモバイルは最大35GBの大容量データを使える

ahamoは最大100GB・ワイモバイルは最大35GBの大容量データを使えます。

■ahamoとワイモバイルの料金[割引なし] (税込)

ahamoワイモバイル
4GB2,970円[ シンプル2 S ]
2,365円
605円
20GB[ シンプル2 M ]
4,015円
-1045円
30GB4,950円 ※[ シンプル2 L ]
5,115円
-165円
100GB--
備考※ 大盛りオプションahamo - ワイモバイル

ポイント

  • ahamoは大盛りオプション(月1,980円)で月100GB使える。
  • ワイモバイルはデータ量の増量(月550円)で最大35GB使える。

ahamoで100GBを使うには大盛りオプション(月1,980円)で合計月4,950円

ワイモバイルの35GBは「シンプル2 L (30GB)」にデータ量の増量(5GB [月550円])で合計月3,828円かかります。

ahamoもワイモバイルも最大データ量なら多くの人がデータ量不足は心配なし。動画・オンラインゲーム・テザリングなどで便利です。

データ使用量35GBを超えるなら、100GBのahamoがおすすめ。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

ahamo

PayPay最大23,000円相当ゲット! /

ワイモバイル公式 ヤフー店を見る

↑ [料金プラン] の目次へもどる

02. ahamo(アハモ)とワイモバイルのデータ通信比較

ahamoとワイモバイルのデータ通信比較を見ていきましょう。

1. ahamoとワイモバイルは5G対応で快速通信

ahamoとワイモバイルは5G通信に対応。しかも基本料無料で使えます。

■ahamoとワイモバイルのデータ通信

ahamoワイモバイル
データ量超過時最大1Mbpsシンプル2 M/L:最大1Mbps
シンプル2 S:最大300kbps
5G通信標準対応
標準対応
テザリング月額無料(※)月額無料(※)
備考 ※ データ量は消費※ データ量は消費

ポイント

  • ahamoとワイモバイルは5G通信が基本料無料
  • 5G通信は対応するエリア端末が必要。

5G通信の特徴は、

  • 4G(LTE)通信より通信速度が速く、
  • 大容量データのやりとりがより快適に行えること。

5G通信が役立つのは、映画のような大容量データのダウンロード、できるだけ通信遅延を無くしたいオンラインゲームなど。

そもそも5G通信なくても困らない使い方の人(大容量データのやりとりをしない人など)は、4G(LTE)で十分という場合も少なくないでしょう。

5G通信の利用には「5G通信可能なエリア端末」が必要。5G通信の端末はだいぶ増えたものの、エリアは拡大途中です。

5G通信は非対応エリアも。エリアしだいで4G(LTE)になるのは注意。

ドコモのパケ詰まり

人が密集しやすい場所は、ドコモの抱える問題「パケ詰まり」で通信速度が遅い、もしくは一時的につながりにくくなることが発生中。

対策として、ドコモは2023年12月までに全国2,000か所以上の通信品質改善を90%以上実施予定です。

ドコモのパケ詰まり対策は進行中。解消に期待です。

2024年2月2日には、「2023年12月までの計画以上の予定」達成を発表。「平均スループット(通信速度)が約半年前の1.7倍に達した」とのこと。

完全解決ではないものの、着実に対策は進行中です。

↑ [データ通信] の目次へもどる

2. ahamoとワイモバイルはテザリング無料

ahamoとワイモバイルはテザリング可能。しかも基本料は無料です。

テザリングとは

テザリングはスマホの利用回線をアクセスポイントとして使える機能。つまりスマホの回線経由でPCなどのネットワーク利用が可能になります。

外出時のPC利用にWi-Fiが使えないときこそテザリングの出番。

■ahamoとワイモバイルのデータ通信

ahamoワイモバイル
データ量超過時最大1Mbpsシンプル2 M/L:最大1Mbps
シンプル2 S:最大300kbps
5G通信標準対応
標準対応
テザリング月額無料(※)月額無料(※)
備考 ※ データ量は消費※ データ量は消費

ポイント

  • ahamoとワイモバイルはテザリングが無料
  • テザリング時はデータ量の超過に注意。

外出時のPC利用などに便利なテザリングで注意したいのが「データ量の超過」です。

テザリングでのPC利用はデータ使用量がついつい増えがち。

ahamoとワイモバイルのデータ量は契約プランしだい。

ワイモバイルの「シンプル2 S」のデータ量4GBのように少ない場合はデータ量超過に注意です。

ahamoは最低20GBのデータ量のため簡単にはデータ量超過になりくいです。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

ahamo

PayPay最大23,000円相当ゲット! /

ワイモバイル公式 ヤフー店を見る

↑ [データ通信] の目次へもどる

03. ahamo(アハモ)とワイモバイルの電話比較

ahamoとワイモバイルの電話比較を見ていきましょう。

1. ahamoとワイモバイルの国内通話料は同じ

ahamoとワイモバイルの国内通話料は同じ「22円/30秒(税込)」。

ドコモは「国内の家族間通話無料」のファミリー割引があるものの、ahamoは対象外のためファミリー割引でも家族通話が有料なのは注意です。

■ahamoとワイモバイルの通話料金(税込)

発信→着信ahamoワイモバイル
発信国内→国内0円 [5分未満]
22円/30秒 [5分超過]
22円/30秒
国内→海外国・地域別国・地域による
海外→国内国・地域別国・地域による
海外→海外
着信国内→国内無料無料
海外→国内
国内→海外国・地域別国・地域による
海外→海外
備考海外は通話オプション対象外ソフトバンクサービスとなる

この通話料と「標準でつく通話無料」とで検討し、通話オプションをつけるかどうか判断していきます。

忘れている人はチェック!
・電話をかけた→通話料発生
・電話を受けた→無料(通話料は相手持ち)

↑ [電話] の目次へもどる

2. ahamoは通話オプション代0円で5分通話無料

ahamoは通話オプション代0円で5分通話無料を使えます。

■ahamoとワイモバイルの通話料金(税込)

発信→着信ahamoワイモバイル
発信国内→国内0円 [5分未満]
22円/30秒 [5分超過]
22円/30秒
国内→海外国・地域別国・地域による
海外→国内国・地域別国・地域による
海外→海外
着信国内→国内無料無料
海外→国内
国内→海外国・地域別国・地域による
海外→海外
備考海外は通話オプション対象外ソフトバンクサービスとなる

ポイント

  • ahamoは5分通話無料がプランに含まれている(追加料金0)。
  • ahamoは「5分以内」の通話なら誰にでも無料でかけられる。

そもそもahamoは「5分通話無料」がプランに含まれています。そのため、月額基本料金(2,970円)のみで5分通話無料を標準で使えるわけです。

ahamoはファミリー割引での家族間通話無料の対象外

でも、標準で5分通話無料を使えるため、「5分以内」の通話なら誰にでも無料でかけられます。

ahamoで通話料節約なら、5分超過に気をつけましょう。

↑ [電話] の目次へもどる

3. ahamoとワイモバイルのかけ放題のつけどころは異なる

長電話になると気になるのが通話料。そんなときに迷うのがかけ放題などの通話オプションをつけるべきかどうかですよね。

ahamoとワイモバイルのかけ放題のつけどころはそれぞれ異なります。

■ahamoとワイモバイルのかけ放題(税込)

ahamoワイモバイル
かけ放題かけ放題:1,100円/月スーパーだれとでも定額+:1,980円/月
つけどころ:発信月25分以上つけどころ:発信月45分以上
時間限定かけ放題0円(標準付帯)だれとでも定額+(10分/回):880円/月
つけどころ:10分以内/回の発信月20分以上
留守番電話-330円/月 ※
割込電話-220円/月 ※
備考-※ だれとでも定額加入時は無料

ポイント

かけ放題をつける目安は「月々の通話料 > かけ放題料金」となるとき。

つまり、月々の通話料がかけ放題料金を超えている場合。

通話定額オプションの料金が安いほど、オプションをつけた方がお得になりがちです。

さっそく見ていきましょう。

1. ahamoのかけ放題のつけどころ

ahamoは通話オプションの「5分通話無料が標準」で使えます。そのため「かけ放題」のみつけどころを見ていきましょう。

■ahamoのかけ放題のつけどころ(税込)

ahamoワイモバイル
かけ放題かけ放題:1,100円/月スーパーだれとでも定額+:1,980円/月
つけどころ:発信月25分以上つけどころ:発信月45分以上
時間限定かけ放題0円(標準付帯)だれとでも定額+(10分/回):880円/月
つけどころ:10分以内/回の発信月20分以上
留守番電話-330円/月 ※
割込電話-220円/月 ※
備考-※ だれとでも定額加入時は無料

まず国内通話料は22円 / 30秒、つまり44円 / 分。これを元に通話オプション料金を通話時間(通話料金)で計算していきます。

かけ放題のつけどころ

かけ放題の料金1,100円を通話時間換算すると

 1,100(円) ÷ 44(円 / 分) = 25(分)

5分以内の通話時間を除き、月25分以上電話をかける場合が「かけ放題のつけどころ」です。

2. ワイモバイルのかけ放題のつけどころ

ワイモバイルのかけ放題のつけどころを見ていきましょう。

■ワイモバイルのかけ放題のつけどころ(税込)

ahamoワイモバイル
かけ放題かけ放題:1,100円/月スーパーだれとでも定額+:1,980円/月
つけどころ:発信月25分以上つけどころ:発信月45分以上
時間限定かけ放題0円(標準付帯)だれとでも定額+(10分/回):880円/月
つけどころ:10分以内/回の発信月20分以上
留守番電話-330円/月 ※
割込電話-220円/月 ※
備考-※ だれとでも定額加入時は無料

まず国内通話料は22円 / 30秒、つまり44円 / 分。これを元に通話オプション料金を通話時間(通話料金)で計算していきます。

スーパーだれとでも定額+のつけどころ

スーパーだれとでも定額+の料金1,980円を通話時間換算すると

 1,980(円) ÷ 44(円 / 分) = 45(分)

月45分以上電話をかける場合が「スーパーだれとでも定額+のつけどころ」です。

だれとでも定額+のつけどころ

だれとでも定額+の料金880円を通話時間換算すると

 880(円) ÷ 44(円 / 分) = 20(分)

月20分以上電話をかけ、1回あたり10分以内の通話が多い場合が「だれとでも定額+のつけどころ」です。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

ahamo

PayPay最大23,000円相当ゲット! /

ワイモバイル公式 ヤフー店を見る

↑ [電話] の目次へもどる

04. ahamo(アハモ)とワイモバイルのメール比較

ahamoとワイモバイルのメール比較を見ていきましょう。

1. ワイモバイルはキャリアメールが無料・ahamoは有料

ワイモバイルはキャリアメールが無料、ahamoは有料で使えます。

■ahamoとワイモバイルのキャリアメール

対象キャリアahamoワイモバイル
ワイモバイル-無料
ドコモメール持ち運びサービス(税込330円/月)
SoftBank / au /楽天モバイル

ポイント

  • ワイモバイルのキャリアメールはY!mobile メール@yahoo.ne.jp)で無料。
  • ワイモバイルはYahoo!メール(@yahoo.co.jp)・MMS(@ymobile.ne.jp)も使える。
  • ahamoのキャリアメールはドコモメール@docomo.ne.jp)で330円/月

格安SIMではめずらしく、ワイモバイルはキャリアメールであるY!mobile メール(@yahoo.ne.jp)を使えます。

さらにYahoo!メール(@yahoo.co.jp)、MMS(@ymobile.ne.jp)も使え、バリエーションに富みます。

MMSはワイモバイルのキャリアメールアドレスを利用したメッセージサービスです。

ahamoはドコモメール利用にドコモメール持ち運びが必要。ahamoへの乗り換え時しか申し込めず、330円/月がかかります。

ドコモメールを使わない人はドコモメールオプションは不要。毎月330円を節約できるわけです。

オプション扱いだと必要に応じて「取捨選択できる」が便利!

キャリアメールの特徴

  • 本人確認を行って契約した人が使えるため信頼性が高い。
  • スパムメールや迷惑メールが届きにくい(携帯会社で対策)。

キャリアメールにこだわりがない人は、メール移行の心配がほぼないGmailもおすすめ。

↑ [メール] の目次へもどる

2. ahamoとワイモバイルは有料で他社キャリアメールを使える

ahamoとワイモバイルは有料で「他社のキャリアメール」を使えます。

■ahamoとワイモバイルのキャリアメール

対象キャリアahamoワイモバイル
ワイモバイル-無料
ドコモメール持ち運びサービス(税込330円/月)
SoftBank / au /楽天モバイル

ポイント

  • ahamoとワイモバイルでの他社キャリアメール利用はメール持ち運びサービスが必要。
  • メール持ち運びサービスは申し込みに条件アリ(乗り換え前の手続きが必要など)。
  • 税込330円/月がかかる。

ahamoとワイモバイルは利用したいキャリアの「メール持ち運びサービス(税込330円/月)」の申し込みが必要。

しかも、メール持ち運びサービス利用には、利用中のキャリアからahamoやワイモバイルに乗り換える前に手続きが必要、といった条件があるため注意が必要です。

有料でも「キャリアメールを使える」ことはキャリアメール利用者にとっては嬉しいポイントですよね。

↑ [メール] の目次へもどる

3. ahamoとワイモバイルのSMSは有料

ahamoとワイモバイルのSMSは有料で使えます。

■ahamoとワイモバイルのSMS料金

送信 → 受信ahamoワイモバイル
送信国内 → 国内3〜30円 [税抜]3〜30円 [税抜]
国内 → 海外50~500円 [不課税]100円/通(不課税)
海外 → 国内100円 [不課税]
海外 → 海外
受信国内 / 海外無料無料

ポイント

  • ahamoとワイモバイルの国内でのSMS送受信料は同じ。
  • SMSは電話番号しか知らない相手との連絡に役立つ。

メッセージアプリ(LINEなど)やメールはあるものの、電話番号しか知らない相手だとSMSが役立つ場面はありますよね。

国内でも海外でも「送信文字数が多くなるほど、料金は高くなる」のは注意点です。

機種によって「一回に送信できる文字数が異なる」のも注意点。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

ahamo

PayPay最大23,000円相当ゲット! /

ワイモバイル公式 ヤフー店を見る

↑ [メール] の目次へもどる

05. ahamo(アハモ)とワイモバイルのオプション比較

スマホとPCとペンとノート

ahamoとワイモバイルのオプション比較を見ていきましょう。

1. ahamoは80GB・ワイモバイルは最大5GBを増量できる

ahamo大盛オプション利用イメージ

ahamoは80GB、ワイモバイルは最大5GBのデータ量を増量できます。

データ量の増量と追加

  • データ量の増量:「月初から」増量分も含めたデータ量を使える。
  • データ量の追加:「データ量を超過してから」追加して使える。

■ahamoとワイモバイルのオプション[税込]

ahamoワイモバイル
データ量増量1,980円/月 [80GB] ※550円/月 [2~5GB] ※
データ量追加550円/GB-
データ量自動追加-0.5GB:550円
データ量到達通知無料-
データ量繰り越し-シンプルS/M/L
シンプル2 S/M/L
データ量シェア1,100円/月 ※1プランによる
備考※大盛りオプション
※1 データプラス, 5Gデータプラス
※シンプルS:+2GB、シンプルM・L:+5GB

ポイント

  • ahamoは大盛りオプション(月1,980円)で80GBを増量できる。
  • 大盛りオプションの追加データ量は翌月に繰り越せない
  • ワイモバイルはプランによって増量できるデータ量が異なる。

ahamoの大盛りオプション(月1,980円)で80GBもの大容量データを増量可能。プラン+大盛りオプションで100GB(月4,950円)を使えます。

80GBもの大容量データを月1,980円で利用できるのはahamoだけ。

注意したいのは、大盛りオプションの追加データ量は翌月に繰り越せないこと。

そのため「動画やオンラインゲーム、テザリング、他機種とのデータ量シェアなど」日常的にデータ使用量がかなり多い人におすすめです。

大盛りオプションの検討材料には、月々のデータ使用量の平均最大をチェック!

ワイモバイルもデータ量の増量(月550円)ができるものの、プランによって「増量できるデータ量が異なる」のは覚えておきたいところ。

  • シンプル2 S:2GB増量(計6GB利用可)
  • シンプル2 M:5GB増量(計25GB利用可)
  • シンプル2 L:5GB増量(計35GB利用可)

月々わずか550円で増量できるのはお得。

データ量の追加

データ量を超過したときに便利な「データ量の追加」。

「ahamo」は1GBあたり550円でデータ量を追加できるものの、自動追加はできません。

逆に「ワイモバイル」はデータ量の追加はできません。でも、0.5GBあたり550円(1GBだと1,100円)でデータ量を自動追加できます。

ワイモバイルはデータ量の繰り越し可能。データ超過が心配なら増量の方がデータ量を「安く・多く」使えてお得。

↑ [オプション] の目次へもどる

2. ahamoとワイモバイルはデータ量をシェアできる

ahamoとワイモバイルはデータ量のシェアができます。

データ量のシェア

データ量のシェアは、一つの契約データ量を複数機種で分け合って使える機能。

シェアすればデータ量を無駄なく・便利に使いやすくなります。

■ahamoとワイモバイルのオプション[税込]

ahamoワイモバイル
データ量増量1,980円/月 [80GB] ※550円/月 [2~5GB] ※
データ量追加550円/GB-
データ量自動追加-0.5GB:550円
データ量到達通知無料-
データ量繰り越し-シンプルS/M/L
シンプル2 S/M/L
データ量シェア1,100円/月 ※1プランによる
備考※大盛りオプション
※1 データプラス, 5Gデータプラス
※シンプルS:+2GB、シンプルM・L:+5GB

ポイント

  • ahamoはデータプラスでデータ量をシェアできる。
  • ワイモバイルは子回線専用プラン(シェアプラン)でデータ量をシェアできる。
  • データ量のシェアはテザリングで一部代替可能。

ワイモバイルでデータ量をシェアするには子回線専用プラン(シェアプラン)の利用が必要です。

余ったデータ量は繰り越せるので無駄になりません。

ahamoはデータプラス(月1,100円)の利用で「自回線とは別にもう1回線」とデータ量のシェアが可能。

データプラスは「5G通信機器対応の5Gデータプラス」と「4G(LTE)機器対応の データプラス」があります。

データプラスの使い分け

5Gデータプラス / データプラスのどちらを選ぶかは、「自回線」と「シェアする機器」の通信方式しだい。

シェアする機器が5G通信対応なら5Gデータプラス、4G(LTE)対応ならデータプラスを選びます。

ahamoでデータ量をシェアする場合に注意したいのは、「大盛りオプション利用時」にシェアできるのは30GBまでなこと。

100GBまるごとシェアはできないのは注意です。

シェアの便利な使い方

データ量をシェアは「スマホ」と「Wi-Fiルーター」で行うのが便利。スマホでテザリングしなくても、「Wi-Fiルーター」にPCなどの複数機器を接続して使えて便利。

しかも「Wi-Fiルーター」に複数機器を接続するなら、自宅回線がいらいないことも。

シェアの代替にテザリング

データ量のシェアで料金がかかるのを避けたい場合、代替策として月額基本料無料のテザリングもおすすめ。

シェアと全く同じとはいかないものの、複数機種で一つの「契約データ量を分け合える」ためテザリングは便利です。

↑ [オプション] の目次へもどる

3. ワイモバイルはデータ量を繰り越しできるがahamoは不可

ワイモバイルはデータ量を繰り越しできるものの、ahamoはできません。

データ量の繰り越し

データ量の繰り越しは、余ったデータ量を「翌月に繰り越せる」機能。

データ量が「当月分」+「前月の繰り越し分」で無駄なく使えます。

■ahamoとワイモバイルのオプション[税込]

ahamoワイモバイル
データ量増量1,980円/月 [80GB] ※550円/月 [2~5GB] ※
データ量追加550円/GB-
データ量自動追加-0.5GB:550円
データ量到達通知無料-
データ量繰り越し-シンプルS/M/L
シンプル2 S/M/L
データ量シェア1,100円/月 ※1プランによる
備考※大盛りオプション
※1 データプラス, 5Gデータプラス
※シンプルS:+2GB、シンプルM・L:+5GB

ポイント

  • ahamoはデータ量の繰り越しができない。
  • ワイモバイルはデータ量の繰り越しできる(増量分も対象)。
  • データ量の繰り越しは、余ったデータ量を翌月に繰り越して使える機能。

ahamoはデータ量の繰り越しができません。

ワイモバイルはデータ量を繰り越しでき、「データ量増量分」も対象で相性もバッチリ。

さらに子回線専用プラン(シェアプラン)を利用することで、データ量をシェアできるのも便利です。

データ量を繰り越せるから「増量」も使いやすいですよね。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

ahamo

PayPay最大23,000円相当ゲット! /

ワイモバイル公式 ヤフー店を見る

↑ [オプション] の目次へもどる

06. ahamo(アハモ)とワイモバイルの手続き・サポート比較

対面サポート_3

ahamoとワイモバイルの手続き・サポート比較を見ていきましょう。

1. ahamoとワイモバイルは店頭よりオンライン手続きの手数料が安い

ahamoとワイモバイルは店頭よりオンライン手続きの手数料が安いです。

■ahamoとワイモバイルの手続き(税込)

ahamo [店頭]ahamo [WEB/アプリ]ワイモバイル [店頭]ワイモバイル [WEB]
新規契約3,300円0円3,850円0円
契約変更3,850円 ※
機種変更3,850円
名義変更-
SIM再発行
eSIM再発行
番号変更非対応0円
番号保管非対応非対応
MNP転出3,300円0円0円
解約
備考自分で操作が必要[サポートのみ]-※ブランド間乗り換え 0円キャンペーン-

ポイント

  • ahamoとワイモバイルは店頭よりオンライン手続きの手数料が安い。
  • ahamoは機種変更などは送料が必要なことも。
  • ワイモバイルのオンラインストアは送料無料

手数料が安いオンライン手続きで注意したいのが、機種変更などは送料がかかる場合があること。

ahamoはオンライン手続きでも「購入金額しだい」で送料がかかります(2,750円未満の購入だと、通常便550円・メール便220円など)。

ワイモバイルのオンラインストアは送料無料です。

↑ [手続き・サポート] の目次へもどる

2. ワイモバイルは店頭での手続き・サポートで安心

ワイモバイルは店頭(ショップ)で手続き・サポートを受けられ、安心です。

■ワイモバイル店頭サポート(税込)

項目ワイモバイル
定額プランフルプラン 990円/月
全23種使い放題
ライトプラン 550円/月
20種使い放題
フィルム貼付1,100円/件 ※
コーティング1,100円/件 ※
データ移行3,960円/件 ※
OSアカウント設定1,100円/件
4件セットで3,960円
5件目以上は1,100円/件ずつ加算
バックアップ
OSアップデート
スマホ初期化
SNS設定
容量オーバー解消
生体認証設定
トラッカー設定
アプリ初期設定無料
備考※ライトプラン対象外

ポイント

  • 店頭では多くの事務手続き・サポートに対応。
  • ワイモバイルではサポート使い放題の定額プランあり。
  • 製品やアプリ操作、データ移行、ガラスフィルム貼付などの痒い所に手が届くサポートも充実。

手続きなど不安を感じる人は困ったときに「店舗の店員を頼れる」のは心強いですよね。

ワイモバイルでは、さまざまなサポートが「使い放題」の定額プランがあり、より安心できます。

サポートの定額プランは、本当にサポートを利用するのか要検討!

有料ではあるものの「製品・アプリの操作、データ移行、ガラスフィルム貼付、ガラスコーティングなど」、困りがちなことや便利さアップのサポートも充実しています。

かゆいところにも手が届き、安心できる体制が整えられています。

↑ [手続き・サポート] の目次へもどる

3. ahamoの店頭手続きのサポートは有料・操作は自分

ahamoの店頭手続きのサポートは有料。さらに手続き時の操作は自分で行う必要があり、その際のサポートを行ってくれます。

■ahamoとワイモバイルの手続き(税込)

ahamo [店頭]ahamo [WEB/アプリ]ワイモバイル [店頭]ワイモバイル [WEB]
新規契約3,300円0円3,850円0円
契約変更3,850円 ※
機種変更3,850円
名義変更-
SIM再発行
eSIM再発行
番号変更非対応0円
番号保管非対応非対応
MNP転出3,300円0円0円
解約
備考自分で操作が必要[サポートのみ]-※ブランド間乗り換え 0円キャンペーン-

ポイント

ahamoのデメリットでもある「手続き時の操作を自分で行えるか」は、ahamoを利用できるかの分かれ目に。

「店頭でのサポートいらずで自分で解決できる人、サポートがあれば自分で操作しても大丈夫な人」なら、ahamoを契約してもほとんど困らずに使えます。

手続きは頻繁にするわけではないですよね。有料でもサポートを受けられるのは安心材料です。

↑ [手続き・サポート] の目次へもどる

4. ahamoとワイモバイルはオンラインサポートも充実

ahamoとワイモバイルはオンラインサポートが充実しています。

■ahamoとワイモバイルのサポート(税込)

問い合わせ窓口ahamoワイモバイル
店頭サポートドコモショップショップ
公式WEBサイトサポートサポート
お問い合わせお問い合わせ
よくある質問 / FAQよくある質問よくある質問
オンラインサポートチャットオンラインサポート
オンライン手続きサポート
手続きサイトお手続きサイト-
電話総合 #151電話サポート

ポイント

  • ahamoとワイモバイルは公式WEBサイトからのオンラインサポートが充実。
  • 公式WEBサイトのよくある質問はキーワード検索ができて便利。

ahamoとワイモバイルでわからないこと、困ったことがあれば、公式WEBサイトの「よくある質問」がキーワード検索できて便利です。

また、対応時間帯が決まっているものの、チャットでオペレーターからのサポートも受けられます。もちろん「お問い合わせ」の利用も可能で、サポートの窓口が充実しています。

サポートが充実していれば、自分で解決できることも増えますよね。

困ったら公式WEBサイトへ

サポートを利用して自分で解決できれば、「店頭に出向き、順番待ちをして…」といった手間や労力が削減できるので助かりますよね。

しかも、自分で解決してくことで詳しくなっていけるので、次回同じようなことがあってもそう困らない可能性も高まります。

困ったことがあれば、まず公式WEBサイトで調べることはおすすめです。

ドコモのチャットで質問したことがありますが、とても丁寧でわかりやすかったです。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

ahamo

PayPay最大23,000円相当ゲット! /

ワイモバイル公式 ヤフー店を見る

↑ [手続き・サポート] の目次へもどる

07. ahamo(アハモ)がおすすめな人

いつでもカエドキプログラムで最新機種へ

ahamoがおすすめな人は次のとおりです。

1. ほぼ全部入りプラン(20GB・5分通話無料)でお手軽・安心に使いたい人

ahamoがおすすめなのは、ほぼ全部入りプラン(20GB・5分通話無料)で「お手軽・安心に使いたい人」です。

■ahamoとワイモバイルの料金 [最大割引](税込)

ahamoワイモバイル
4GB2,970円[ シンプル2 S ]
1,078円
1,892円
20GB[ シンプル2 M ]
2,178円(※1,078円)
792円
30GB4,950円 ※[ シンプル2 L ]
3,278円(※1,078円)
1,672円
100GB--
最大割引割引なしS:-1,287円
M:-1,837円 ※-2,937円
L:-1,837円 ※-4,037円
備考※大盛りオプション※総データ使用量1GB/月以下の時ahamo - ワイモバイル

ポイント

  1. キャリアであるドコモの回線の快速さ・安定感。
  2. データ量が20GBと大容量で不足が出にくい。
  3. 5分通話無料で5分超過の長電話以外は国内通話料0円。
  4. ほぼ全部入りの1プランでプラン選びに迷いなし。
  5. ドコモのプランの中でも安めな2,970円。

ahamoは「20GB・5分通話無料付き」でスマホを困らず使うのにほぼ全部入り

しかも1プラン(2,970円)のみのため、プラン決めで迷うことなし

スマホの回線や料金プランがよくわからない人にとって、お手軽安心に使えるのは重要ですよね。

ただし、オンライン専用プランならではの注意点も。

契約などの手続きは公式WEBサイトからが基本。ドコモショップでの対面の有料サポートはあるものの、

手続き時の操作は自分で行う必要があります。

注意点さえクリアできれば、ahamoは使いやすく安心できるプランに。

20GB・5分通話無料のほぼ全部入りプランで、お手軽・安心に使いたい人にahamoはおすすめです。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

ahamo

↑ [おすすめな人] の目次へもどる

2. 100GBの大容量データをコスパ良く使いたい人

ahamoの料金プラン

ahamoがおすすめなのは、100GBの大容量データをコスパ良く使いたい人です。

■ahamoとワイモバイルの料金 [最大割引](税込)

ahamoワイモバイル
4GB2,970円[ シンプル2 S ]
1,078円
1,892円
20GB[ シンプル2 M ]
2,178円(※1,078円)
792円
30GB4,950円 ※[ シンプル2 L ]
3,278円(※1,078円)
1,672円
100GB--
最大割引割引なしS:-1,287円
M:-1,837円 ※-2,937円
L:-1,837円 ※-4,037円
備考※大盛りオプション※総データ使用量1GB/月以下の時ahamo - ワイモバイル

というのも、ahamoは大盛りオプションで「80GBもの大容量データをわずか1,980円/月」で追加できるからです。

ahamoの大盛りオプション

  • ahamoは大盛りオプション(月1,980円)で月80GBを追加できる。
  • 大盛りオプションの追加データ量は翌月に繰り越せない
  • データ量のシェアは最大30GBまでに制限。

ahamoのプランに大盛りオプションを追加すると、最終的に「月4,950円で100GB使える」ことに。

注意点は、余ったデータ量の翌月繰り越しはできないこと。

データ量のシェア時は、最大30GBまでに制限されることです。

100GBもの大容量データがあれば、「サイズの大きいファイルのやりとりや映画のダウンロード」、「オンラインゲームなど」、データ量不足をあまり気にすることなくスマホライフが送れます。

100GBの大容量データをコスパ良く使いたい人にahamoはおすすめです。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

ahamo

↑ [おすすめな人] の目次へもどる

08. ワイモバイルがおすすめな人

ワイモバイルがおすすめな人を見ていきましょう。

1. 光回線やhome Wi-Fiが必要な人

ワイモバイルがおすすめな人は、光回線やhome Wi-Fiが必要な人です。

というのも、1,650円もの割引になる「おうち割光セット(A)」でお得にワイモバイルを使えるチャンスだからです。

■ahamoとワイモバイルの料金 [最大割引](税込)

ahamoワイモバイル
4GB2,970円[ シンプル2 S ]
1,078円
1,892円
20GB[ シンプル2 M ]
2,178円(※1,078円)
792円
30GB4,950円 ※[ シンプル2 L ]
3,278円(※1,078円)
1,672円
100GB--
最大割引割引なしS:-1,287円
M:-1,837円 ※-2,937円
L:-1,837円 ※-4,037円
備考※大盛りオプション※総データ使用量1GB/月以下の時ahamo - ワイモバイル

お得なおうち割光セット(A)など、最大割引を適用できれば、ワイモバイルは「どのデータ量」でもahamoより安く使えます。

そんな割引の注意点は、適用条件がSoftBank光またはSoftBank Airの契約であること。というのも、別途「工事費や月額5,000円程度」がかかるため。

つまり、割引額以上の別途費用がかかるため、「自宅に光回線またはhome Wi-Fiが必要な人」でなければおすすめできません。

「自宅に光回線またはhome Wi-Fi」が必要な人にピッタリですよね。

光回線やhome Wi-Fiが必要な人にワイモバイルはおすすめです。

PayPay最大23,000円相当ゲット! /

ワイモバイル公式 ヤフー店を見る

↑ [おすすめな人] の目次へもどる

2. 割引を使えないデータ使用量が4GB以下の人

ワイモバイルがおすすめな人は、割引を使えないデータ使用量が4GB以下の人です。

■ahamoとワイモバイルの料金 [割引なし](税込)

ahamoワイモバイル
4GB2,970円[ シンプル2 S ]
2,365円
605円
20GB[ シンプル2 M ]
4,015円
-1045円
30GB4,950円 ※[ シンプル2 L ]
5,115円
-165円
100GB--
備考※ 大盛りオプションahamo - ワイモバイル

ワイモバイル(シンプル2)の最少データ量は4GBですが、20GB・30GBの大容量データにも対応。

しかし、割引なしだと20GB以上はahamoの方が安く使えます。

そのため、割引なしのワイモバイルはデータ使用量4GB以下の人だと、ahamo より安く使えておすすめというわけです。

ドコモで4GB以下ならirumoもおすすめ。

もし4GBでデータ量が不足するなら、データ量の増量の出番。月々わずか550円で2~5GB追加できます。

  • シンプル2 S:2GB増量(計6GB利用可)
  • シンプル2 M:5GB増量(計25GB利用可)
  • シンプル2 L:5GB増量(計35GB利用可)

さらにワイモバイルなら余ったデータ量は翌月に繰り越せます

ワイモバイルは低データ量でも使いやすくできる機能が魅力!

割引を使えないデータ使用量が4GB以下の人にワイモバイルはおすすめです。

PayPay最大23,000円相当ゲット! /

ワイモバイル公式 ヤフー店を見る

↑ [おすすめな人] の目次へもどる

09. 【まとめ】ahamoとワイモバイルはデータ使用量で選ぼう

ahamoとワイモバイルの違い

ドコモのahamoとワイモバイル(シンプル2)を比較してきました。

ahamoは割引がないものの、「ワイモバイルで割引できないなら」ahamoが安く使いやすいものでした。

また、ワイモバイルは「SoftBankまたはSoftBank Airを契約できるなら」ahamoより安く使いやすいものでした。

注意点は割引額以上の別途料金(月額や工事費)がかかることでした。

そんなahamoとワイモバイルはそれぞれの特徴を活かし、こんな人におすすめです。

ahamoとワイモバイルのおすすめな人

魅力あるahamoとワイモバイルでさえ、自分の使い方に合わない場合、その魅力を活かすことは難しいです。

本記事を参考にしても迷う場合、「自分のスマホの使い方や優先したいこと、避けたいこと」を振り返ると、良い選択のヒントになるのでおすすめです。

自分に合うプランを選択し、良いスマホライフを送ってください。

かへおれ(@caheoreblog)でした。

いつでもカエドキプログラムで最新機種へ

ahamo

20GB+5分通話無料で月2,970円

PayPay最大23,000円相当ゲット! /

ワイモバイル ヤフー店を見る

\ ahamo検討に役立つ総合解説! /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かへおれ

元ドコモ11年利用 → 格安SIM利用9年目のかへおれです。
【カヘオレモバイル】では、モバイル回線検討時に面倒で時間のかかる「調査・比較の時間を節約でき、自分に合う回線を見つけられる」情報をお届け中。今はドコモとドコモ系格安SIMを中心にしています。
スマホライフの充実・節約の実現につながることであなたの幸せに繋がる。そんな「スマホ回線からつながる幸せ実現」のお役に立てるサイトを目指しています。

-NTTドコモ
-,