↓↓ irumo検討におすすめ ↓↓
irumoのデメリット・メリットを徹底解説
 New!! 2/14→【 IIJmio vs 楽天モバイル
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
ahamo(アハモ)はデメリットだらけ?そんなわけない真相を解説

NTTドコモ

ahamo(アハモ)はデメリットだらけ?そんなわけない真相を解説

2023年8月16日

ahamo(アハモ)は、ドコモのオンライン専用の料金プラン。

「20GB」もの大容量データ、「5分通話無料」が追加料金なしで使える上、さらに月2,970円の充実ぶりです。

ahamo(アハモ)の欠点と魅力

でも、WEBで調べると「デメリットだらけ」なんて出てきて心配…

もちろんそんなわけなく、ahamoはシンプルな1プランで迷わずしっかり使える高コスパプラン

でも、検討時にはまず「自分の使い方と合うか」確認してほしいのがデメリットです。

ahamoのデメリット

  1. ドコモのプランで唯一の料金割引なし
  2. ファミリー割引でも家族通話が有料
  3. 対面サポートが有料・操作は自分
  4. ドコモメール利用にドコモメール持ち運びが必要
  5. 留守番電話などドコモのサービスが一部使えない
  6. データ量の繰り越しができない

ahamoのデメリットをすぐに読む

そして、ahamoを活用できるか確認してほしいのがメリットです。

ahamoのメリット

  • 快速で5G通信可能なドコモ回線を使える
  • 月約3,000円でデータ量20GBも使える
  • 5分通話無料を標準で使える
  • 大盛オプションで月100GBも使える
  • データ単価が最安クラス
  • テザリングも使える
  • データプラスでデータ量をシェア可能

ahamoのメリットをすぐに読む

総合的にahamoは「ドコモで迷ったらahamoを検討」と言えるくらいおすすめできるプラン。

それでも、自分の使い方に合うのかはデメリット・メリット踏まえた検討が欠かせません。

そこで本記事では「ahamo(アハモ)のデメリットメリット」を解説しました。

本記事を読めば、ahamoがデメリットだらけなんてことない、「ドコモの高コスパプラン」なこと(真相)がわかります。

元ドコモ11年利用格安SIM利用9年目かへおれ@caheoreblog)が解説します。

価格表記について

注記がない限り全て税込表記です。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

ahamo

タップできるもくじ
  1. 01. ahamo(アハモ)の料金プラン
  2. 02. ahamo(アハモ)のデメリット
  3. 03. ahamo(アハモ)のメリット
  4. 04. ahamo(アハモ)がおすすめな人
  5. 05. ahamo(アハモ)をおすすめできない人
  6. 06. よくある質問
  7. 07. まとめ:ahamoはおすすめできる高コスパプラン!

01. ahamo(アハモ)の料金プラン

いつでもカエドキプログラムで最新機種へ

そもそもahamo(アハモ)はどんな料金プランなのか見ていきましょう。

ドコモがahamo(アハモ)に込めた想い

ドコモがahamoに込めた意味は3つです。

  • 「未知の物事を瞬時に理解すること」を意味する「アハモーメント」
  • 「なるほど」という相づちの英語表現「Aha」
  • 「楽しい時にアハハと笑う」感嘆詞としての「アハ」

ahamoを通して、ユーザーに「驚き」、「喜び」、「楽しさ」を感じてもらうことをめざしています。

1. 料金プランは高コスパな1プランのみ

ahamoの料金プラン

ahamo(アハモ)は、2021年3月に提供開始した「データ量20GB5分通話無料が標準で付いて2,970円(税込)」のオンライン専用プランです。

そんなahamoのコンセプトは「料金やサービス内容について、しっかり納得して契約してもらうことをめざした料金プラン」。

■ahamoの料金プラン(税込)

ahamo
20GB2,970円
100GB4,950円 [※1]
追加料金なしで使える機能・5分通話無料
・海外ローミング20GB [※2]
・テザリング
備考※1 大盛りオプション利用
※2 プランの20GBを海外でそのまま使える
・適用割引なし

「1プランのみ」は確かにわかりやすく、プラン選びで迷わないシンプルさ。

そして、「データ量20GBに5分通話無料がセット」になって2,970円(税込)というのは、ドコモの中でもかなりの高コスパ

■ahamoと他プランの料金(税込)

irumoeximoahamo
割引なし0.5GB550円4,565円2,970円
1GB2,176円
3GB5,665円
6GB2,827円7,315円
9GB3,377円
20GB-
100GB-4,950円
無制限--
割引あり0.5GB550円2,178円2,970円
1GB880円
3GB3,278円
6GB1,540円4,928円
9GB2,090円
20GB-
100GB-4,950円
無制限--
備考・割引ありは最大割引適用
・ahamoの100GBは大盛りオプション利用

追加料金なしで「5分通話無料・海外ローミング20GB・テザリング」が使え、便利でお得!

もし、データ量が不足するなら1GBあたり550円でデータ量を追加可能。

もっとがっつり使いたい人は大盛りオプション(1,950円/月)で「80GB」を一気に追加。合計で月100GB4,950円で使え、多くの人は「データ量不足」の心配から解放されます。

ahamoは20GB・5分通話無料の高コスパな1プランなのが特徴。

↑ [料金プラン] の目次へもどる

2. 通信速度は5G対応でeximo同等の快速さ

ahamo(アハモ)の通信速度は5G通信対応。eximo同等の快速さです。

■ahamoのデータ通信

ahamo
通信速度eximo同等
理論上の速度最大1,288Mbps
5G通信標準対応
テザリング無料

ahamoは5G通信対応の「エリア」「端末」がそろえば、5G通信を利用できます。

さらにデータ量の「超過後」でも最大1Mbpsで通信可能。メールやLINEはもちろん、Youtubeなどの動画も楽しめます。

1Mbpsだと、データ量の大きい高画質動画、大量の画像・動画が出てくるSNSなどは使いにくいことも。

↑ [料金プラン] の目次へもどる

3. 通話は5分通話無料が標準適用

ahamo(アハモ)の通話は、5分通話無料が標準適用。つまり追加料金なしで使えます。

■ahamoの通話料・かけ放題料金(税込)

ahamo
国内通話料金5分以内無料(5分超過後 22円/30秒)
かけ放題1,100円/月
ファミリー割引申し込み可能(割引対象外)

ahamoは5分以内の電話なら通話料0円のため、ファミリー割引対象外の影響も和らぎます。

ahamoは5分以内の通話なら、通話料を気にせず済んでストレスフリーです。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

ahamo

↑ [料金プラン] の目次へもどる

02. ahamo(アハモ)のデメリット

ahamoのデメリット

ahamo(アハモ)のデメリットを見ていきましょう。

1. ドコモのプランで唯一の料金割引なし

ドコモをお得に利用するのに欠かせないのが料金割引。しかし、ahamoはドコモ唯一の料金割引なしのプランです。

■ahamoと他プランの割引(税込)

irumoeximoahamo
ドコモ光セット割-1,100円(※1)-1,100円(※1)-
home 5G セット割
dカードお支払割-187円-187円-
みんなドコモ割-・2回線 -550円
・3回線以上 -1,100円
-
ファミリー割引(※2)■irumo→他回線へ発信は有料
■irumo/ahamo以外→irumoへ発信は無料
国内通話無料■ahamo→他回線へ発信は5分超過分から有料
■irumo/ahamo以外→ahamoへ発信は無料
最大割引時-1,287円-2,387円0円
ハーティ割引-60%引-
子育てサポート割引--1,100円-
備考※1:ドコモ光、home 5G両方ある場合、ドコモ光セット割のみ適用。
※2:ファミリー割引グループ内での国内通話

ポイント

  • ahamoは料金割引なし。

割引できないahamoはお得じゃない?……そんなことはありません。

ahamoが割引なしでも、落ち着いて「割引ありの他プラン」と比べてみましょう。ahamoの「高コスパぶりが健在」していることがわかります。

■割引ありの料金プラン(税込)

irumoeximoahamo
~0.5GB550円--
~1GB-2,178円-
~3GB880円3,278円-
~6GB1,540円--
~9GB2,090円--
~20GB--2,970円
~100GB--4,950円
無制限-4,928円-
割引合計-1,287円-2,387円-
ドコモ光セット割 / home 5G セット割-1,100円(※1)-1,100円(※1)-
dカードお支払割-187円-187円-
みんなドコモ割-・2回線 -550円
・3回線以上 -1,100円
-
備考・irumoの0.5GBは割引適用外
・ahamoの100GBは大盛りオプション利用
※1:ドコモ光、home 5G両方ある場合、ドコモ光セット割のみ適用。

ポイント

  • そもそもahamoの20GB・5分通話無料付で3,000円切りは高コスパ。

そもそもahamoは20GB・5分通話無料付で3,000円切りという高コスパプラン。

割引のあるプランの魅力が高まるのは間違いないものの、

割引なしのahamoの高コスパぶりも失われていません。

3,000円切りで20GBに5分通話無料というプラン内容は、多くの人がほぼ困らず使え、魅力ある高コスパプランです。

ahamoは5分通話無料付で、通話料節約できることもお忘れなく。

↑ [デメリット] の目次へもどる

2. ファミリー割引でも家族通話が有料

ahamoはファミリー割引に加入はできるものの、家族間通話が無料になりません。

■ahamoの通話料・かけ放題料金(税込)

ahamo
国内通話料金5分以内無料(5分超過後 22円/30秒)
かけ放題1,100円/月
ファミリー割引申し込み可能(割引対象外)

ポイント

  • ahamoから他プランにかけるときは5分超過分から有料(5分通話無料のため)。
  • 家族間通話無料になるプラン(eximoなど)からahamoにかける場合は無料。

ahamoにかかってくる通話料は相手持ちなものの、ahamoからかけるときは有料。ここで活躍するのが、ahamoのプランに含まれている5分通話無料

つまり、ahamoから家族に電話をかけるときは、

  • 最初の5分が無料
  • 5分超過後から有料(税込22円/30秒)

5分以内の手短な通話なら無料で使えるものの、家族との通話は長電話になることも。長電話をかける頻度が多いならかけ放題の検討もおすすめです。

かけ放題のつけどころはこちらで解説しています。

↑ [デメリット] の目次へもどる

3. 対面サポートが有料・操作は自分

キャリアならではのサービスである対面サポート。irumoやeximoだけでなく、オンライン専用ブランドのahamoにも対面サポートがあります。

■ahamoのサポート(税込)

サービス名料金サポート内容
ahamo WEBお申込みサポート3,300円・ahamoの新規契約
・他社からの乗り換え
・ドコモのギガプラン等からの料金プラン変更
ahamo WEBお手続きサポート3,300円・ahamo契約後の各種手続きの申込みをサポート
備考・操作は本人が行う
・申し込み後のサポートはまず専用チャットへ

ポイント

  • 対面サポートは有料で他プランより割高。
  • 対面でサポートしてくれるが操作は自分で行う。

ahamoでは、irumo・eximoの料金より高めの設定、サポート項目もほぼひとまとめに。

一番特徴的で申し込む際によく検討が必要なのが、対面サポートでも「自分で操作を行う」こと。

ahamoを利用できるかどうかの分かれ目は、

この「自分で操作を行う」点が受け入れられるかどうか、

「対面サポートいらずで自分で解決できる人、対面サポートがあれば自分で操作しても大丈夫な人」なら、ahamoを選んでもほとんど困らずに使えます。

高コスパなahamoの欠点は、対面サポートの「自分で操作すること」の心理的ハードルです。

↑ [デメリット] の目次へもどる

4. ドコモメール利用にドコモメール持ち運びが必要

ahamoでドコモメールを使うにはドコモメール持ち運び(月330円)が必要です。

■ahamoのドコモメール利用

ahamo
ドコモメール利用方法ドコモメール持ち運び(330円/月)
備考ドコモメール利用中のプランからahamoへ乗り換え時に申し込み可能

ポイント

  • ドコモの他プランからの乗り換え時のみしか利用できない。
  • 月額330円がかかる。

ドコモメール持ち運びの注意点は、「ドコモメール利用中の他プランからの乗り換え時のみ」申し込み可能な点。いつでも申し込めるわけではないため、最も注意が必要です。

ドコモメールを利用している人は、ahamoでも引き続きドコモメールが使えるのは安心ですよね。

申し込み前に「ahamoへプラン変更手続きを行う際のご注意」をチェック!

↑ [デメリット] の目次へもどる

5. 留守番電話などドコモのサービスが一部使えない

ahamoのデメリットは、ドコモの他プランからahamoに乗り換える場合、ドコモの機能が一部使えなくなることです。

■ahamoで使えないドコモの機能

ahamoで使えなくなる機能注意事項
spモード コンテンツ決済サービス(dメニュー掲載コンテンツ)

※「コンテンツ決済サービス(Google PlayTM)」「コンテンツ決済サービス(iTunes)」は引き続き利用可能。
・マイメニュー登録されたコンテンツは自動退会(マイメニュー削除)。
・コンテンツにより、解約や過去の利用データなどが消える場合がある。

※spモードコンテンツ決済サービスで利用中のサービスを、ahamoへ変更後も継続利用したい場合、「spモード決済ご利用状況のご確認について別ウインドウが開きます」から事前申し込みが可能。
※ahamoと他の料金プランでは、決済サービスの提供内容に一部差異がある。
※spモード決済の継続課金(月額利用料)は日割り計算できない。
ドコモ電話帳・クラウド同期しているデータは消去される。
・機種保存している電話帳データに影響はなし。
・クラウド同期ONのままahamoへ変更すると、クラウド同期失敗のエラーが表示される(クラウド同期OFFを推奨)。
・「ドコモメール持ち運び」を申し込めばクラウドサービスも継続利用できるが、「my daiz連携機能(データ追記機能)」は利用できなくなる。(詳細はドコモメール持ち運びで確認可能。)
スケジュールなどクラウドサービス(spモード ケータイデータお預かりサービス)/ドコモアプリデータバックアップ保存データは削除され、復元できない(事前の確認・保存を推奨)。
留守番電話サービス伝言メッセージや設定内容が削除され、復元できなくなる。
メロディコール・楽曲リストなどの設定内容は消去され、復元できなくなる。
・メロディコール対象の料金プランへ変更後、再度メロディコールを契約しても、設定の復元はできない。

ドコモ電話帳や留守番電話はもちろん、クラウドを使ったサービスも使えなくなります。

ahamoへ乗り換え前にデータの保存などを忘れないよう注意が必要です。

↑ [デメリット] の目次へもどる

6. データ量の繰り越しができない

ahamoではデータ量の繰り越しができないこともデメリットです。

ahamo
データ量の繰り越し-
データ量のシェア1,100円/月

機能の説明

  • 繰り越し → 余ったデータ量を翌月に繰り越す。

ahamoは20GBという大容量のデータ量を持ち、さらに80GB追加の大盛オプションもあります。そのため、データ量を使い切れない人もいるでしょう。

誰もが毎月のデータ使用量が一定ではないからこそ、データ量のやりくりのために繰り越しはほしい機能です。

データ量の追加は割高になりがち。追加が出ないようにプランを選びましょう。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

ahamo

↑ [デメリット] の目次へもどる

03. ahamo(アハモ)のメリット

ahamoのメリット

ahamo(アハモ)のメリットを見ていきましょう。

1. 快速で5G通信可能なドコモ回線を使える

ahamoのメリットの一つが、「快速安定5G通信可能」なキャリア(MNO)であるドコモ回線を使えることです。

■ahamoのデータ通信

ahamo
通信速度eximo同等
理論上の速度最大1,288Mbps
5G通信標準対応
テザリング無料

ポイント

  • ahamoはeximo同等の通信速度。
  • ahamoは5G通信に標準対応。

理論上の速度は最大1,288Mbpsで同じですがあくまで理論上。実効速度はどうしても低下する中、ahamoはeximo同等の通信速度。

eximoといえば、データ無制限対応で3プラン中で最高料金のプラン。そんな使い勝手に抜かりないeximoの通信速度とahamoは同等です。

何よりahamoには、これまで積み重ねてきた実績信頼があります。

ahamoのメリットの一つは、快速・安定・5G通信可能なドコモ回線を使えることです。

通信速度に不安を感じる人は多いですが、ドコモなら安心ですよね。

↑ [メリット] の目次へもどる

2. 月約3,000円でデータ量20GBも使える

スマートフォンと人_1

ahamoのメリットの一つが、月約3,000円で20GBものデータ量を使えることです。料金プランを割引なし・ありで見ていきましょう。

■ahamoと他プランの料金(税込)

irumoeximoahamo
割引なし0.5GB550円4,565円2,970円
1GB2,176円
3GB5,665円
6GB2,827円7,315円
9GB3,377円
20GB-
100GB-4,950円
無制限--
割引あり0.5GB550円2,178円2,970円
1GB880円
3GB3,278円
6GB1,540円4,928円
9GB2,090円
20GB-
100GB-4,950円
無制限--
備考・割引ありは最大割引適用
・ahamoの100GBは大盛りオプション利用

ポイント

  • ahamoは月2,970円で20GB・5分通話無料付・割引なし。
  • 割引なしの比較で、ahamoは9プラン中4番目の安さ。
  • 割引ありの比較で、ahamoは9プラン中6番目の安さ。
  • ahamoのデータ量20GBと競合するのはeximoの無制限のみ。
  • 海外ローミングも20GBまで追加料金なしで使える

ahamoは適用できる割引はなし。割引の有無でどうしても他プランと料金の差が出てきます。

そして、20GBものデータ量に競合するのは、ドコモではeximoのデータ無制限のみ。

それでも20GB・5分通話無料のセットが2,970円高コスパぶりは変わらず。

しかも国内だけでなく、海外でのローミングも20GBまで追加料金なしで使えます。

月約3,000円で20GBものデータ量を使えるのはahamoのメリットの一つです。

ahamo限定の大盛りオプションは次章で解説します。

↑ [メリット] の目次へもどる

3. 5分通話無料を標準で使える

電話中の人

ahamoのメリットは、プランに5分通話無料が標準で付いていること。つまりプラン料金の月2,970円のみで使えます。

■ahamoの通話料・かけ放題料金(税込)

ahamo
国内通話料金5分以内無料(5分超過後 22円/30秒)
かけ放題1,100円/月
ファミリー割引申し込み可能(割引対象外)

ahamoはファミリー割引でも家族間通話は有料。でも、5分通話無料のおかげで家族に限らず、「相手が誰でも5分以内の通話が無料」です。

そんなお得なahamoでも「通話料22円/30秒」がかかり始めるのが、

かけた電話の通話時間が5分を過ぎてから

長電話になるほど通話料が気になりますよね。そこで迷うのがかけ放題をつけるかどうかです。

通話料の発生は自分からかけたとき。相手からかかってきたときの通話料は相手持ちです。

3.1 ahamoのかけ放題のつけどころ

ahamoでかけ放題をつけどころは、自分から「電話をかけた通話時間が月25分以上」のときです。

ahamoのかけ放題のつけどころを見ていきましょう。

■ahamoのかけ放題(税込)

ahamo
かけ放題1,100円/月
かけ放題のつけどころ月25分以上の通話

ポイント

  • かけ放題をつける目安は、月々の通話料がかけ放題料金を超えているとき。
    ( 月々の通話料 > かけ放題料金 )
  • 通話料発生は自分から電話をかけたとき。
  • かかってきた電話の通話料は相手持ち。

ahamoのかけ放題料金を通話時間(通話料金)に換算します。

まず、国内通話料は22円 / 30秒、つまり44円 / 分。すると……

かけ放題のつけどころ

かけ放題1,100円を通話時間換算すると、

 1,100(円) ÷ 44(円 / 分) = 25(分)

ahamoで月25分以上電話をかける人はかけ放題がおすすめです。

かけ放題の検討は、毎月の通話時間の振り返りがポイント!

↑ [メリット] の目次へもどる

4. 大盛りオプションで月100GBも使える

ahamo大盛オプション利用イメージ

ahamoのメリットは、大盛りオプションの利用でデータ量を月100GBも使えることです(100GB = プラン20GB + 大盛りオプション80GB)。

■大盛りオプション(税込)

ahamo料金
大盛りオプション( +80GB/月)1,980円/月

ahamoに大盛オプションを利用した料金を見ていきましょう。

■ahamoと他プランの料金(税込)

irumoeximoahamo
割引なし0.5GB550円4,565円2,970円
1GB2,176円
3GB5,665円
6GB2,827円7,315円
9GB3,377円
20GB-
100GB-4,950円
無制限--
割引あり0.5GB550円2,178円2,970円
1GB880円
3GB3,278円
6GB1,540円4,928円
9GB2,090円
20GB-
100GB-4,950円
無制限--
備考・割引ありは最大割引適用
・ahamoの100GBは大盛りオプション利用

ポイント

  • ahamoは適量できる割引なし。
  • 割引なしの比較で、ahamo+大盛りオプションは9プラン中3番目の高さ
  • 割引ありの比較で、ahamo+大盛りオプションは9プラン中1番高い
  • ahamo+大盛りオプションの100GBと競合するのはeximoの無制限のみ。

ahamo+大盛りオプションは月4,950 円とドコモの中でもかなり高い金額となります。

しかし、「自宅に光回線などがない人、外出時に大容量データを扱う人」など、大容量データを使いたい人とってデータ量が100GBもあるのは便利です。

必要なデータ量しだいではこんな使い方の検討もおすすめです。

  • ahamo+1GBごとのデータ追加オプションを利用。
  • eximoのデータ無制限を利用。

100GBものデータ量を使えるのは「ahamo+大盛りオプション」または「eximoのみ」。

大盛りオプションで100GB使えるようになるのは、ahamoのメリットです。

コスパの判断にはデータ単価も確認したいところ。次章で解説します。

↑ [メリット] の目次へもどる

5. データ単価が最安クラス

ahamoのメリットは、データ単価(1GBあたりの料金)が最安クラスなことです。その安さを確認するため、割引なしのahamoには厳しい、他プランの割引ありでのデータ単価を見ていきます。

■データ単価 [割引あり](税込)

irumoeximoahamo
0.5GB1,100円/GB
[550円]
--
1GB-2,178円/GB
[2,178円]
-
3GB293円/GB
[880円]
1,093円/GB
[3,278円]
-
6GB256円/GB
[1,540円]
--
9GB232円/GB
[2,090円]
--
20GB-246円/GB
[4,928円]
149円/GB
[2,970円]
100GB-49.3円/GB
[4,928円]
49.5円/GB
[4,950円]
無制限-※1 [4,928円]-
備考・[ ]内はプランの料金
・割引ありは最大割引適用
・※1:データ使用量が増えるほど単価が下がる

ポイント

  • ahamoのデータ単価は149円/GB。
  • ahamo大盛オプション時のデータ単価は49.5円/GB。
  • eximoで100GB使うと、データ単価は49.3円/GB。
  • ahamoと競合するのはeximoの無制限時のみ。
  • 最大割引適用のeximoの無制限時は、ahamo+大盛りオプションより高コスパ。

割引ありの「irumoの全プラン・eximoの3GBまでのプラン」よりもahamoはデータ単価がかなり安いことがわかります。

唯一、大盛りオプションをつけたahamoより高コスパなのが、最大割引適用のeximoの「データ無制限」。

eximoの方が「料金は22円安く、何よりデータ量を無制限」に使えます。ただし、最大割引適用には光回線やファミリー割引3人以上などの条件を満たす必要があります。

つまりeximoでは「誰でも気軽に最大割引適用できるわけではない」ということ。

ahamo+大盛りオプションの100GBの高コスパぶりは健在です。

eximoのデータ無制限以外では、100GBものデータ容量を高コスパに使えるのはahamo+大盛りオプションのみです。

大盛りオプションで月100GB使えるようになるのは、ahamoならではのメリットです。

自宅や外出時にテザリングを使うなら大盛りオプションで100GB使えるのは便利ですよね。

↑ [メリット] の目次へもどる

6. テザリングを使える

テザリング_4

Wi-Fiなどのネットワークが利用できないときにあると便利なのが、スマホのネットワークを利用できるテザリング。ahamoではテザリングを無料で利用できます。

■ahamoのデータ通信

ahamo
通信速度eximo同等
理論上の速度最大1,288Mbps
5G通信標準対応
テザリング無料

ポイント

  • 無料でテザリング可能。
  • テザリングの使い過ぎでのデータ量超過に注意。

テザリング利用時は使い過ぎによるデータ量の超過に注意しましょう。

ahamoの20GBで不足するなら、大盛オプション(月1,980円)で+80GBし、月100GB利用もおすすめです。

550円/GBでデータ追加も可能です。

↑ [メリット] の目次へもどる

7. データプラスでデータ量をシェア可能

ahamoは5Gデータプラス / データプラスでデータ量をシェアできます。

■irumoとahamoのオプション比較(税込)

irumoahamo
データ量追加1,100円 / GB(1GB追加オプション)550円 / GB
(1GB追加オプション)
80GB追加:1,980円 / 月
(大盛りオプション)
1,100円 / GB(スピードモード)1,100円 / GB
(スピードモード)
データ量繰り越し--
データ量シェア-1,100円/月

ポイント

  • 5Gデータプラス / データプラスでデータ量をシェア可能。
  • 5Gデータプラス(1,100円/月)は5G通信機器対応。
  • データプラス(1,100円/月)は4G(LTE)通信機器対応。
  • 1回線につき、データ量のシェアは最大1回線。
  • ahamo大盛オプション利用時でもシェアは30GBまで。

ahamoはデータプラス(1,100円/月)利用でahamo1回線とは別にもう1回線とデータ量のシェアが可能。

ahamoは5G通信対応のため「5Gデータプラス / データプラス」を使えます。

データ量をシェアする機器が5G通信対応可能なら「5Gデータプラス」、4G(LTE)通信まで対応可能なら「データプラス」を選びましょう。

さらに注意しておきたいのは、ahamoの「大盛オプション利用時の100GBのデータ量」はそのままシェア不可。シェア上限は30GBになります。

シェアの便利な使い方

スマホとWi-Fiルーターでデータ量をシェアすれば、スマホでテザリングしなくてもPCが使えます。

しかも、Wi-Fiルーターに複数機器を接続すれば、自宅に光回線が不要なんてことも(プランを超えるデータ使用量の場合は光回線の検討要)。

データ量のシェアはプランのデータ量超過には注意してください。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

ahamo

↑ [メリット] の目次へもどる

04. ahamo(アハモ)がおすすめな人

SmartPhoneandhuman

ahamo(アハモ)がおすすめな人を見ていきましょう。

1. 快速なドコモ回線でデータ量をほぼ気にせず使いたい人

ahamoは快速な通信速度でデータ容量を気にせず使いたい人におすすめです。というのもこんな特徴から。

ahamoの特徴

  1. キャリアであるドコモの回線の快速さ・安定感。
  2. 大容量データの20GBで不足が出にくい。
  3. 大盛りオプション利用でさらに大容量な100GB使える。

■ahamoの通信速度

ahamo
通信速度eximo同等
理論上の速度最大1,288Mbps
5G通信標準対応
テザリング無料

つまり要望にピッタリなワケです。

「通信速度の快速さと大容量データ」のもたらす使い勝手はストレスフリーそのもの。

そんなストレスフリーなスマホライフを送りたい人にahamoがおすすめです。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

ahamo

↑ [おすすめな人] の目次へもどる

2. ほぼ全部入りのドコモで安心・気軽に使いたい人

テザリング_1

「スマホの回線や料金プランがよくわからない」という人にとって安心気軽に使えるのは重要ポイントですよね。

そんな人にほぼ全部入りのahamoはおすすめです。

ahamoの安心ポイント

  1. キャリアであるドコモの回線の快速さ・安定感。
  2. 大容量データの20GBで不足が出にくい。
  3. 大盛りオプション利用でさらに大容量な100GB使える。
  4. プランに含まれる5分通話無料で5分以内の通話料は無料で安心。
  5. 充実のプラン内容でも安めな2,970円。
  6. 1プランだから迷わない。

注意が必要なのはオンライン専用プランであることです。

  • 申し込みはWEBサイトから行うのが基本。
  • 対面サポートはあるが有料自分で操作を行う。

注意点さえクリアできれば、ahamoは使いやすく安心できるプランに。

ほぼ全部入りのドコモ回線で「安心・気軽」に使いたい人にahamoがおすすめです。

↑ [おすすめな人] の目次へもどる

3. irumoやeximoで割引適用できない人

irumoやeximoで割引適用できない人に高コスパなahamoがおすすめです。

■3プランの料金 [割引なし](税込)

irumoeximoahamo
0.5GB550円4,565円2,970円
1GB2,176円
3GB5,665円
6GB2,827円7,315円
9GB3,377円
20GB-
100GB-4,950円(※)
無制限--
備考--※大盛りオプション

ahamoは2,970円 [20GB]。irumoとeximoで近い料金は、

  • irumoは2,827円 [6GB]・3,377円 [9GB]。
  • eximoは4,565円 [1GB]。

料金は近くともahamoはデータ量が20GBもあります。

irumoはデータ使用量が6GB以内に収まればが安く見えますが、家族間の通話が有料です。

irumoよりも「5分通話無料付のahamo」の方が通話料が安くつきやすいわけです。

eximoはどのプランでもahamoより高いです。唯一、競合するのはeximoのデータ無制限時

ahamoは大盛オプション利用時の100GBがデータ量のほぼ限界(1GB追加オプションあり)。eximoなら100Gを超えても限界なく利用できます。

実際にはahamoの20GBのみで事足りる人は多く、「自宅にWi-Fiのある人」ならなおさら20GB以内に収まりやすくなります。

やはりirumo・eximoで割引を適用できない人は高コスパのahamoがおすすめです。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

ahamo

↑ [おすすめな人] の目次へもどる

05. ahamo(アハモ)をおすすめできない人

スマートフォンとペン_2

ahamo(アハモ)をおすすめできない人を見ていきましょう。

1. 対面サポート時に自分で操作するのが不安な人

対面サポート_2

ahamoの対面サポートは有料で「自分で操作」が必要。この自分で操作するのが不安な人はahamoをおすすめできません。

スマホを普段使っていても、スマホの設定などは苦手な人はいますよね。

対面サポートがあっても「スマホのことはよくわらかないから、どうしても自分で操作は不安」という人は、「自分で操作する不安のない」対面サポートのあるirumoeximoの検討もおすすめです。

↑ [おすすめできない人] の目次へもどる

2. 料金の安さ重視の人

毎月20GBも使わないし、その分安い方がいいんだけどな……

「そもそもデータ量20GBもいらない、その分安い方がいい」という人もいますよね。

料金の安さ重視の人にahamoはおすすめできません。というのもこんな理由から。

おすすめできない理由

  • irumoに安い料金プランがある。
  • 他社に安い料金プランがある。

■ahamoと他プランの料金(税込)

irumoeximoahamo
割引なし0.5GB550円4,565円2,970円
1GB2,176円
3GB5,665円
6GB2,827円7,315円
9GB3,377円
20GB-
100GB-4,950円
無制限--
割引あり0.5GB550円2,178円2,970円
1GB880円
3GB3,278円
6GB1,540円4,928円
9GB2,090円
20GB-
100GB-4,950円
無制限--
備考・割引ありは最大割引適用
・ahamoの100GBは大盛りオプション利用

irumoやeximoは割引を適用できれば、ある程度料金を安くできます。割引のために光回線などの契約が必要ですが、自宅に必要ならドコモ光にそろえるのもありですよね。

自宅に不要な場合、割引適用のためのドコモ光/home 5Gの契約は考えもの。

また、料金の安さ重視の人におすすめな、ahamoより安い他社が格安SIMのIIJmioです。

低料金重視ならIIJmioがおすすめ

IIJmioはこんな特徴があります。

  • 格安SIM初期からサービス展開している老舗。
  • 顧客満足度No.1で実績も十分。
  • 料金プランは850円 [2GB]~2,000円 [20GB]。
  • 5つのプランで幅広いデータ容量低料金で高コスパ。
  • データ量繰り越し・シェアなど、節約につながる機能も充実

■ahamoとIIJmioの料金プラン (税込)

ahamoIIJmio(ギガプラン)
2GB-850円(425円/GB)
5GB-990円(198円/GB)
10GB-1,500円(150円/GB)
15GB-1,800円(120円/GB)
20GB2,970円(149円/GB)2,000円(100円/GB)
30GB-2,700円 [90円/GB]※
40GB-3,300円 [82.5円/GB] ※
50GB-3,900円 [78円/GB] ※
100GB4,950円(49.5円/GB)-
備考5分かけ放題付5分かけ放題有料(500円/月)
※2024/4/1~ [申し込みは3/1~]

そんなahamo(アハモ)とIIJmioの比較は別記事でくわしく解説しているのでぜひ参考にしてください。

↑ [おすすめできない人] の目次へもどる

3. みんなドコモ割、ドコモ光セット割/home 5Gセット割を適用できる人

みんなドコモ割、ドコモ光セット割/home 5Gセット割を適用できる人には、「ahamo+大盛りオプション」はおすすめできません。

というのも、eximoをahamo同等の料金で使えるためです。

■ahamoとeximoの料金プラン(税込)

eximoahamo
~1GB2,178円-
~3GB3,278円-
~20GB-2,970円
~100GB-4,950円
無制限4,928円-
割引合計-2,387円-
ドコモ光セット割 / home 5G セット割-1,100円(※1)-
dカードお支払割-187円-
みんなドコモ割・2回線 -550円
・3回線以上 -1,100円
-
備考・ahamo100GBは大盛りオプション利用
※1:ドコモ光、home 5G両方ある場合、ドコモ光セット割のみ適用。

ポイント

  • ahamo+大盛りオプションは4,950円で100GB。
  • 最大割引適用のeximoは4,928円でデータ無制限。

この場合、料金はほぼ同でなものの、eximoのデータ無制限の方がかなりお得です。

というのも、データ量を全く気にしなくて良くなり、ストレスフリーなスマホライフが手に入るからです。

本末転倒とならないように

eximoで1,100円割引適用のためには…

  • 他社の光回線やホームWi-Fiを利用中の場合、ドコモ光かhome 5Gへの乗り換えが必要。
  • 光回線やホームWi-Fiを利用していない人には、ドコモ光かhome 5Gの新規契約が必要。

光回線やhome Wi-Fiが自宅に必要ならドコモに揃えると割引できてお得です。

しかし、自宅に不要な人が割引適用のためにドコモ光やhome 5Gを契約すると、スマホの割引額よりドコモ光などの月額料金の方が大きく、本末転倒となるので注意しましょう。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

ahamo

↑ [おすすめできない人] の目次へもどる

06. よくある質問

よくある質問(FAQ)

ahamo(アハモ)をおすすめできない人を見ていきましょう。

ahamo(アハモ)と irumo(イルモ)の違いは?

ahamo(アハモ)とirumo(イルモ)の大きな違いは、料金プランの「データ量が20GB以上の大容量に対応」しているかどうかです。

ahamo(アハモ)は20GB・5分通話無料付で約3,000円という高コスパな1プランです。料金割引はなし・対面サポートが有料かつ自分で操作が必要な点以外はほとんど困らず使えます。

irumo(イルモ)は9GB以下の中低容量寄りの4プラン(1GB・3GB・6GB・9B)の設定です。対面サポートの多くを有料としたり、適用可能な割引を限定する分、月550円~という低料金を実現したプランです。

↑ [よくある質問] の目次へもどる

ahamo(アハモ)とeximo(エクシモ)の違いは?

ahamo(アハモ)とeximo(エクシモ)の大きな違いは、料金プランの「データ量が無制限に対応」しているかどうかです。

ahamo(アハモ)は20GB・5分通話無料付で約3,000円という高コスパな1プランです。料金割引はなし・対面サポートが有料かつ自分で操作が必要な点以外はほとんど困らず使えます。

eximo(エクシモ)は1GBの低容量データから無制限データまで対応する万能な1プラン。ファミリー割引を始めとする各種割引を使え、対面サポートの多くが無料であり、最大7,000円台の料金以外はほぼ困らず使えるプランです。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

ahamo

↑ [よくある質問] の目次へもどる

07. まとめ:ahamoはおすすめできる高コスパプラン!

ahamoのメリット・デメリット

ahamo(アハモ)のデメリット・メリットを解説してきました。

ahamoは「デメリットだらけ」なんてことはなく、デメリット以上に「メリットが大きい高コスパプラン」でした。

  • メリット:データ量20GB・5分通話無料付で3,000円切りという高いコスパ
  • デメリット:有料の対面サポートでも自分で操作を行う必要がある。

「ドコモのプラン選びで迷ったらahamo」と言えるくらいおすすめ。

本記事を参考にしても迷う場合、「自分のスマホの使い方や優先したいこと、避けたいこと」を振り返ると、良い選択のヒントになるのでおすすめです。

自分に合うプランを選び、良いスマホライフを送ってください。

かへおれ(@caheoreblog)でした。

いつでもカエドキプログラムで最新機種へ

ahamo

20GB+5分通話無料で月2,970円

\ ahamo検討なら必見の比較! /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かへおれ

元ドコモ11年利用 → 格安SIM利用9年目のかへおれです。
【カヘオレモバイル】では、モバイル回線検討時に面倒で時間のかかる「調査・比較の時間を節約でき、自分に合う回線を見つけられる」情報をお届け中。今はドコモとドコモ系格安SIMを中心にしています。
スマホライフの充実・節約の実現につながることであなたの幸せに繋がる。そんな「スマホ回線からつながる幸せ実現」のお役に立てるサイトを目指しています。

-NTTドコモ
-