↓↓ irumo検討におすすめ ↓↓
irumoのデメリット・メリットを徹底解説
 New!! 4/13→【 eximo vs ワイモバイル
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
楽天モバイルとワイモバイルを比較

格安SIM

楽天モバイルとワイモバイルを徹底比較!自分に合うのはどっち?

2024年3月10日

楽天モバイルワイモバイル、どちらが自分に合うのか迷っていませんか。

楽天モバイルは「データ無制限」と専用アプリでの「国内通話かけ放題」が魅力。しかも楽天市場のSPU+4倍で相性バッチリ。

でも通信エリアは拡大中で回線のつながりやすさは気になるところですよね。

その点、ワイモバイルは「ソフトバンクのネットワーク」利用での広い通信エリア・快速な通信速度が魅力。データ量の増量や繰り越しもでき、割引も充実しています。

楽天モバイルとワイモバイルの違い

魅力あるプランも自分の使い方と合わなければ活かすことは難しい。無理に使うと、自分に合わないのに余計な料金を払っているなんてことも。

そこで本記事では「楽天モバイルワイモバイルを徹底比較」しました。

自分の使い方に合うのは、楽天モバイルとワイモバイルのどちらなのかわかるのでぜひ参考にしてください。

元ドコモ11年利用格安SIM利用9年目かへおれ@caheoreblog)が解説します。

楽天モバイル公式WEBサイト

PayPay最大23,000円相当ゲット! /

ワイモバイル ヤフー店を見る

価格表記について

注記がない限り全て税込表記です。

気になる比較から読む」のもおすすめ。わかりやすいカテゴリごとの比較です。

タップできるもくじ
  1. 01. 楽天モバイルとワイモバイルの料金プラン比較
  2. 02. 楽天モバイルとワイモバイルのデータ通信比較
  3. 03. 楽天モバイルとワイモバイルの電話比較
  4. 04. 楽天モバイルとワイモバイルのメール比較
  5. 05. 楽天モバイルとワイモバイルのオプション比較
  6. 06. 楽天モバイルとワイモバイルの手続き・サポート比較
  7. 07. 楽天モバイルがおすすめな人
  8. 08. ワイモバイルがおすすめな人
  9. 09. まとめ:通信エリア内ならワイモバイルより楽天モバイルが安くおすすめ

01. 楽天モバイルとワイモバイルの料金プラン比較

楽天モバイルとワイモバイルの料金プラン比較を見ていきましょう。

1. 割引なしだと楽天モバイルはワイモバイルより最大1,837円安い

割引なしの料金プランでは楽天モバイルはワイモバイルより最大1,837円安く使えます。さらに年間では22,044円もの料金差に。

■楽天モバイルとワイモバイルの料金[割引なし] (税込)

楽天モバイルワイモバイル
3GB1,078円[ シンプル2 S ]
2,365円
-1,287円
4GB2,178円-187円
20GB[ シンプル2 M ]
4,015円
-1,837円
30GB3,278円[ シンプル2 L ]
5,115円
-1,837円
無制限--
備考・Rakuten 最強プラン
・割引未適用時
割引未適用時楽天モバイル - ワイモバイル

ポイント

  • 割引なしだと楽天モバイルはワイモバイルより最大1,837円(年22,044円)安い
  • 最大1,837円の料金差は、データ量20GB以上のとき。
  • 割引なしだとどのデータ量でも楽天モバイルの方がワイモバイルより安い。

最大1,837円もの料金差は、データ量が20GB以上のとき。データ使用量が月20GB以上の人は、楽天モバイルなら1,837円/月(22,044円/年)安く、節約にも繋がります。

そして、そもそも楽天モバイルは割引なしだと「どのデータ量でも」ワイモバイルより安く使えます。

節約のために料金の安さを優先したい人は、ワイモバイルに「割引を適用できない」なら楽天モバイルを選びましょう。

↑ [料金プラン] の目次へもどる

2. 最大割引時はワイモバイルは楽天モバイルより最大990円安い

「最大割引時」のワイモバイルは、楽天モバイルより最大990円安く使えます。ただし、データ量「3GB以上4GB以下」の場合と限定的です。

■楽天モバイルとワイモバイルの料金 [最大割引時] (税込)

楽天モバイルワイモバイル
3GB968円[ シンプル2 S ]
1,078円
-110円
4GB2,068円990円
20GB[ シンプル2 M ]
2,178円(1078円 ※)
-110円
30GB3,168円[ シンプル2 L ]
3,278円(1078円 ※)
-110円
無制限--
最大割引-110円S:-1,287円
M:-1,837円 ※-2,937円
L:-1,837円 ※-4,037円
備考Rakuten 最強プラン※総データ使用量が1GB/月以下の場合楽天モバイル - ワイモバイル

ポイント

  • 最大割引時のワイモバイルは楽天モバイルより最大990円安い(3~4GBのとき)。
  • 最大割引時でもほとんどのデータ量で楽天モバイルはワイモバイルより110円安い
  • 楽天モバイルは最大110円割引で、割引条件は家族利用
  • ワイモバイルの最大1,837円割引で、割引条件は光回線/home Wi-Fi契約・PayPayカード利用
  • ワイモバイルはデータ使用量1GB以下の月は、「追加」で最大2,200円割引
  • ワイモバイルはデータ使用量1GB以下でも月1,078円かかり、楽天モバイルの方が110円安い

データ使用量が3GB以下・4GBより多い場合、つまり「ほとんどのデータ使用量」で、楽天モバイルはワイモバイルより110円安く使えます。

また、注意したいのは割引条件。楽天モバイルは最大110円割引と割引額は低いものの、「割引条件は家族利用」のため家族の回線代以外に追加費用不要

ワイモバイルの割引には、「SoftBank光またはSoftBank Air」の契約が必要。つまり、別途月額料金(月5,000円程度)や工事費がかかります。つまり、割引額以上に別途費用が必要なわけです。

自宅に「光回線やhome Wi-Fiが不要」な人は、ワイモバイルの割引が難しいのは注意です。

↑ [料金プラン] の目次へもどる

3. 楽天モバイルはデータ無制限、ワイモバイルは最大30GB

楽天モバイルはデータ無制限、ワイモバイルは最大30GB。しかも料金は楽天モバイルの方が安いです。

■楽天モバイルとワイモバイルの料金 [最大割引時] (税込)

楽天モバイルワイモバイル
3GB968円[ シンプル2 S ]
1,078円
-110円
4GB2,068円990円
20GB[ シンプル2 M ]
2,178円(1078円 ※)
-110円
30GB3,168円[ シンプル2 L ]
3,278円(1078円 ※)
-110円
無制限--
最大割引-110円S:-1,287円
M:-1,837円 ※-2,937円
L:-1,837円 ※-4,037円
備考Rakuten 最強プラン※総データ使用量が1GB/月以下の場合楽天モバイル - ワイモバイル

ポイント

  • ワイモバイルは最大30GB
  • 楽天モバイルのデータ無制限
  • 楽天モバイルは3段階のデータ使用量で料金が変化
  • 楽天モバイルはデータ量の上限設定なし。データ量を固定する使い方はできない。

ワイモバイルの最大データ量30GBは、「平均的なデータ使用量の人」ならデータ量不足にはならない大容量データです。

対して、楽天モバイルはデータ無制限。つまり「データ使い放題」なため、データ不足を気にせず使え、ストレスフリー

他社と比べても楽天モバイルのデータ無制限は、安い料金設定が魅力。

そんなデータ無制限の楽天モバイルで注意したいのが、データ使用量に応じて「料金が変化」すること。

楽天モバイルはデータ量の上限設定はできないため、プランの「データ量を固定」する使い方はできません。

PayPay最大23,000円相当ゲット! /

ワイモバイル公式 ヤフー店を見る

楽天モバイル公式WEBサイト

↑ [料金プラン] の目次へもどる

02. 楽天モバイルとワイモバイルのデータ通信比較

楽天モバイルとワイモバイルのデータ通信比較を見ていきましょう。

1. 楽天モバイルは通信エリア外でパートナー回線(au)に切り替わる

キャリアとしてはまだ新しい楽天モバイルは通信エリアを急速に拡大中

カバーしきれない通信エリアは「パートナー回線」であるau回線に切り替わります(ローミング)。

しかもデータ無制限にも対応しているため、データ量の心配はありません。

パートナー回線でも「データ使い放題」で安心して使えます。

このパートナー回線(ローミング)での通信エリア外対応は「2026年9月30日まで」に順次終了予定。

パートナー回線終了までは、楽天モバイルの通信エリア拡大は進むものの、パートナー回線終了後の楽天モバイルの通信がどうなるのかは注目です。

ポイント

  • 楽天モバイルの通信エリア外はau回線(ローミング)
  • パートナー回線でもデータ無制限に対応。
  • 2026年9月30日までにローミングは終了予定。

↑ [データ通信] の目次へもどる

2. 楽天モバイルとワイモバイルは5G対応で快速通信

楽天モバイルとワイモバイルは5G通信を使えます。しかも基本料は無料

■楽天モバイルとワイモバイルのデータ通信

楽天モバイルワイモバイル
データ量超過- (※1)シンプル2 M/L:最大1Mbps
シンプル2 S:最大300kbps
5G通信標準対応
標準対応
テザリング月額無料(※2)
備考Rakuten 最強プラン
※1 データ無制限時  ※2 データ量は消費

ポイント

  • 楽天モバイルとワイモバイルは5G通信が基本料無料
  • 5G通信は対応するエリア端末が必要。

まず、5G通信の特徴は、

  • 4G(LTE)通信より通信速度が速く、
  • 大容量データのやりとりがより快適に行えること。

5G通信が役立つのは、映画のような大容量データのダウンロード、できるだけ通信遅延を無くしたいオンラインゲームなど。

そもそも5G通信なくても困らない使い方の人(大容量データのやりとりをしない人など)は、4G(LTE)で十分という場合も少なくないでしょう。

5G通信の利用には「5G通信可能なエリア端末」が必要。5G通信の端末はだいぶ増えたものの、エリアは拡大途中です。

5G通信は非対応エリアも。利用しづらいこともあるのは注意。

↑ [データ通信] の目次へもどる

3. 楽天モバイルとワイモバイルはテザリング無料

楽天モバイルとワイモバイルはテザリング可能。しかも基本料は無料です。

テザリングとは

テザリングはスマホの利用回線をアクセスポイントとして使える機能。つまりスマホの回線経由でPCなどのネットワーク利用が可能になります。

外出時のPC利用にWi-Fiが使えないときこそテザリングの出番。

■楽天モバイルとワイモバイルのデータ通信

楽天モバイルワイモバイル
データ量超過- (※1)シンプル2 M/L:最大1Mbps
シンプル2 S:最大300kbps
5G通信標準対応
標準対応
テザリング月額無料(※2)
備考Rakuten 最強プラン
※1 データ無制限時  ※2 データ量は消費

ポイント

  • 楽天モバイルとワイモバイルはテザリングが無料
  • テザリング時はデータ量の超過に注意。

外出時のPC利用などに便利なテザリングで注意したいのが「データ量の超過」です。

テザリングでのPC利用はデータ使用量がついつい増えがち。

そんなテザリングでも、楽天モバイルはデータ無制限のため、データ量の超過は「心配なし」。

ただし、データ量の上限設定がないため、料金が変化する3GBや20GBで「ピッタリ止める」使い方は苦手です。

ワイモバイルのデータ量は契約プランによります。「シンプル2 S」の4GBのように少ないデータ量の場合、テザリング利用時は「データ量の超過」には注意しましょう。

楽天モバイル公式WEBサイト

PayPay最大23,000円相当ゲット! /

ワイモバイル公式 ヤフー店を見る

↑ [データ通信] の目次へもどる

03. 楽天モバイルとワイモバイルの電話比較

楽天モバイルとワイモバイルの電話比較を見ていきましょう。

1. 楽天モバイルはアプリで国内通話無料、ワイモバイルは有料

楽天モバイルは専用アプリ(Rakuten Link)での国内通話が無料、つまり実質「かけ放題」。ワイモバイルは有料(22円/30秒)です。

楽天モバイルの電話の注意点は「Rakuten Linkアプリ同士」で使うか、「Rakuten Linkアプリ以外」も使うかで料金が変わることです。

■楽天モバイルとワイモバイルの通話料金(税込)  ※「Rakuten Linkアプリ同士での通話」の場合

発信→着信楽天モバイル
[Rakuten Link] Android版 / iOS版
ワイモバイル
発信国内→国内無料22円/30秒
国内→海外国・地域による
海外→国内国・地域による
海外→海外
着信国内→国内無料無料
海外→国内
国内→海外国・地域による
海外→海外
備考Rakuten 最強プランソフトバンクサービスとなる

■楽天モバイルとワイモバイルの通話料金(税込)  ※「Rakuten Link以外のアプリとの通話」の場合

発信→着信楽天モバイル
[標準電話アプリ]
楽天モバイル
[Rakuten Link] Android版 / iOS版
ワイモバイル
発信国内→国内22円/30秒無料22円/30秒
国内→海外国・地域別国・地域別国・地域による
海外→国内国・地域による
海外→海外
着信国内→国内無料無料(※1)無料
海外→国内
国内→海外国・地域別国・地域による
海外→海外
備考Rakuten 最強プラン
※1 iOS版は標準電話アプリ対応
ソフトバンクサービスとなる

ポイント

  • 楽天モバイルはRakuten Linkアプリでの国内通話料が無料
  • Rakuten Linkアプリ同士か、Rakuten Linkアプリ以外も使うかで料金が変わる
  • Rakuten LinkはAndroid、iOSに対応。
  • Rakuten Linkからの電話は固定電話OK、データ量消費なし、電話番号そのまま。

楽天モバイルのRakuten LinkアプリはAndroid版・iOS版があり、多くのスマホに対応して安心

Rakuten Linkアプリからの通話は「電話番号そのままに、固定電話もOK、データ量の消費もなし」。

使い勝手はほぼ通常の電話のままというわけです。

そんな便利なRakuten Linkアプリにも注意点があります。

Rakuten Linkアプリの注意点

  • Rakuten最強プラン(データタイプ)は対象外
  • Rakuten Linkアプリ以外や海外への電話は有料のことが多い。
  • Rakuten Linkはネットワーク接続が必要。
  • Rakuten LinkはAndroid、iOSに対応するが仕様が異なる
  • iOS版のみ着信できない(iOS標準の電話アプリ)。
  • 一部無料通話対象外あり(0570などから始まる他社接続サービス、188など)。

一番注意したいのは、Rakuten Linkアプリ以外への電話は料金がかかる場合があること。さらに「海外」との通話も有料の場合が多いです。

忘れがちなのが、AndroidとiOSに対応しているものの仕様が異なるということ。iOS版だと着信できず、iOS標準の電話アプリでの着信となります。

また、Rakuten Linkアプリはネットワークを使うため、楽天モバイルの「エリア内にいる、またはWi-Fi接続」が必要。一部無料通話対象外の番号もあります。

注意点さえ気を付ければRakuten Linkアプリのかけ放題は便利で節約にも!

↑ [電話] の目次へもどる

2. 楽天モバイルとワイモバイルのかけ放題のつけどころは異なる

長電話になると気になるのが通話料。そんなときに迷うのがかけ放題などの通話オプションをつけるべきかどうかですよね。

楽天モバイルとワイモバイルのかけ放題のつけどころはそれぞれ異なります。

■楽天モバイルとワイモバイルのかけ放題(税込)

楽天モバイルワイモバイル
かけ放題国内通話無料:0円/月
※1
スーパーだれとでも定額+:1,980円/月
つけどころ:発信月45分以上
時間限定かけ放題15分かけ放題:1,100円/月だれとでも定額+(10分/回):880円/月
つけどころ:発信通話月25分以上 ※2つけどころ:10分以内/回の発信月20分以上
留守番電話0円/月330円/月 ※2
割込電話0円/月220円/月 ※2
備考Rakuten最強プラン
※1 Rakuten Linkアプリ利用
※2 標準電話アプリ発信時の通話
※2 だれとでも定額加入時は無料

ポイント

かけ放題をつける目安は「月々の通話料 > かけ放題料金」となるとき。

つまり、月々の通話料がかけ放題料金を超えている場合。

通話定額オプションの料金が安いほど、オプションをつけた方がお得になりがちです。

さっそく見ていきましょう。

1. 楽天モバイルのかけ放題のつけどころ

楽天モバイルは15分(標準)通話かけ放題でスマホの「OS標準の電話アプリ」などからの電話がかけ放題です。

Rakuten Linkアプリとは別サービスです。

■楽天モバイルのかけ放題のつけどころ(税込)

楽天モバイルワイモバイル
かけ放題国内通話無料:0円/月
※1
スーパーだれとでも定額+:1,980円/月
つけどころ:発信月45分以上
時間限定かけ放題15分かけ放題:1,100円/月だれとでも定額+(10分/回):880円/月
つけどころ:発信通話月25分以上 ※2つけどころ:10分以内/回の発信月20分以上
留守番電話0円/月330円/月 ※2
割込電話0円/月220円/月 ※2
備考Rakuten最強プラン
※1 Rakuten Linkアプリ利用
※2 標準電話アプリ発信時の通話
※2 だれとでも定額加入時は無料

15分(標準)通話かけ放題はスマホのOS標準アプリでの「1回あたり15分以内の国内通話」がかけ放題(1,100円/月)。さらに「国内SMSの送受信が使い放題」というサービスです。

そんな15分(標準)通話かけ放題のつけどころは「OS標準アプリでの通話時間」で考えます。

まず国内通話料は22円 / 30秒、つまり44円 / 分。これを元に通話オプション料金を通話時間(通話料金)で計算していきます。

15分(標準)通話かけ放題のつけどころ

15分(標準)通話かけ放題の料金1,100円を通話時間換算すると

 1,100(円) ÷ 44(円 / 分) = 25(分)

OS標準アプリで月25分以上電話をかける場合が「15分(標準)通話かけ放題のつけどころ」です。

無料のRakuten Linkアプリでのかけ放題の出番の方が多いですよね。

ポイント

  • 楽天モバイルは1,100円/月で15分(標準)通話かけ放題あり。
  • OS標準アプリでの1回15分以内の国内通話がかけ放題。
  • 国内SMSの送受信が使い放題。
  • Rakuten Linkアプリによるかけ放題とは別。
  • (0570)などから始まる他社接続サービス、一部特番(188)への通話は無料通話の対象外

2. ワイモバイルのかけ放題のつけどころ

ワイモバイルのかけ放題のつけどころを見ていきましょう。

■ワイモバイルのかけ放題のつけどころ(税込)

楽天モバイルワイモバイル
かけ放題国内通話無料:0円/月
※1
スーパーだれとでも定額+:1,980円/月
つけどころ:発信月45分以上
時間限定かけ放題15分かけ放題:1,100円/月だれとでも定額+(10分/回):880円/月
つけどころ:発信通話月25分以上 ※2つけどころ:10分以内/回の発信月20分以上
留守番電話0円/月330円/月 ※2
割込電話0円/月220円/月 ※2
備考Rakuten最強プラン
※1 Rakuten Linkアプリ利用
※2 標準電話アプリ発信時の通話
※2 だれとでも定額加入時は無料

まず国内通話料は22円 / 30秒、つまり44円 / 分。これを元に通話オプション料金を通話時間(通話料金)で計算していきます。

スーパーだれとでも定額+のつけどころ

スーパーだれとでも定額+の料金1,980円を通話時間換算すると

 1,980(円) ÷ 44(円 / 分) = 45(分)

月45分以上電話をかける場合が「スーパーだれとでも定額+のつけどころ」です。

だれとでも定額+のつけどころ

だれとでも定額+の料金880円を通話時間換算すると

 880(円) ÷ 44(円 / 分) = 20(分)

月20分以上電話をかけ、1回あたり10分以内の通話が多い場合が「だれとでも定額+のつけどころ」です。

PayPay最大23,000円相当ゲット! /

ワイモバイル公式 ヤフー店を見る

楽天モバイル公式WEBサイト

↑ [電話] の目次へもどる

04. 楽天モバイルとワイモバイルのメール比較

楽天モバイルとワイモバイルのメール比較を見ていきましょう。

1.楽天モバイルとワイモバイルはキャリアメール無料

楽天モバイルとワイモバイルはそれぞれのキャリアメールを無料で使えます。

■楽天モバイルとワイモバイルのキャリアメール

対象キャリア楽天モバイルワイモバイル
楽天モバイル無料 ※1メール持ち運びサービス要 ※2
ドコモ / SoftBank / auメール持ち運びサービス要 ※2
ワイモバイル-無料
備考※1 Rakuten Linkアプリが必要
※2 税込330円/月

ポイント

  • ワイモバイルのキャリアメールはY!mobile メール@yahoo.ne.jp)で無料。
  • ワイモバイルはYahoo!メール(@yahoo.co.jp)・MMS(@ymobile.ne.jp)も使える。
  • 楽天モバイルのキャリアメールは楽メール@rakumail.jp)で無料。
  • 楽メールはRakuten Linkアプリが必要(標準メールアプリ、Outlook、Gmailなどは不可)。

格安SIMではめずらしく、ワイモバイルはキャリアメールであるY!mobile メール(@yahoo.ne.jp)を使えます。

さらにYahoo!メール(@yahoo.co.jp)、MMS(@ymobile.ne.jp)も使え、バリエーションに富みます。

MMSはワイモバイルのキャリアメールアドレスを利用したメッセージサービスです。

楽天モバイルは無料で楽メールを使えるものの、Rakuten Linkアプリのみで利用可能。

つまり、楽天モバイルユーザー限定、かつ標準メールアプリやOutlookなどでは使えません。

楽メール持ち運びで楽メールの他社利用もできます。

キャリアメールの特徴

  • 本人確認を行って契約した人が使えるため信頼性が高い。
  • スパムメールや迷惑メールが届きにくい(携帯会社で対策)。

キャリアメールにこだわりがない人は、メール移行の心配がほぼないGmailもおすすめ。

↑ [メール] の目次へもどる

2. 楽天モバイルとワイモバイルは有料で他社キャリアメールを使える

楽天モバイルとワイモバイルは「有料」で他社のキャリアメールを使えます。

■楽天モバイルとワイモバイルのキャリアメール

対象キャリア楽天モバイルワイモバイル
楽天モバイル無料 ※1メール持ち運びサービス要 ※2
ドコモ / SoftBank / auメール持ち運びサービス要 ※2
ワイモバイル-無料
備考※1 Rakuten Linkアプリが必要
※2 税込330円/月

ポイント

  • 楽天モバイルとワイモバイルでの他社キャリアメール利用はメール持ち運びサービスが必要。
  • メール持ち運びサービスは申し込みに条件アリ(乗り換え前の手続きが必要など)。
  • 税込330円/月がかかる。

楽天モバイルとワイモバイルは利用したいキャリアの「メール持ち運びサービス(税込330円/月)」の申し込みが必要。

しかも、メール持ち運びサービス利用には条件があります(キャリアメールを使いたいキャリアを利用しており、キャリアから乗り換えする前に手続きが必要など)。

有料でも「キャリアメールを使える」ことはキャリアメール利用者にとっては嬉しいポイントですよね。

↑ [メール] の目次へもどる

3. 楽天モバイルのSMSは専用アプリで一部無料

楽天モバイルのSMS(ショートメッセージ)は「Rakuten Linkアプリ」での国内利用(送受信)が無料。「Rakuten Linkアプリ以外」は有料です。

■楽天モバイルとワイモバイルのSMS料金  ※「Rakuten Linkアプリ同士での通話」の場合

送信 → 受信楽天モバイル
[Rakuten Link] Android版 / iOS版
ワイモバイル
送信国内 → 国内無料3〜30円 [税抜]
国内 → 海外100円/通(不課税)
海外 → 国内
海外 → 海外
受信国内 / 海外無料無料
備考Rakuten 最強プラン-

■楽天モバイルとワイモバイルのSMS料金  ※「Rakuten Link以外のアプリとの通話」の場合

送信 → 受信楽天モバイル [標準アプリ]楽天モバイル [Rakuten Link] Android版ワイモバイル
送信国内 → 国内3〜30円 [税抜]無料3〜30円 [税抜]
国内 → 海外100円 [不課税]0~100円 [不課税]100円/通(不課税)
海外 → 国内無料
海外 → 海外0~100円 [不課税]
受信国内 / 海外無料無料無料
備考Rakuten 最強プラン
※iOS版 Rakuten Link非対応 [標準アプリで対応]
-

ポイント

  • Rakuten LinkアプリではSMSはメッセージの名称で利用可能。
  • 送受信ともRakuten Linkアプリなら国内利用無料
  • 受信は無料(Rakuten Linkや海外の影響なし)。
  • Rakuten LinkはAndroid、iOSに対応するが仕様が異なる
  • 相手がRakuten Link以外のアプリなら、iOS版のみRakuten Linkを使えず標準アプリになる。

楽天モバイルのSMSはRakuten Linkアプリでは「メッセージ」という名称に。

Rakuten Linkアプリを利用するか、海外利用もあるかで料金が変化。「Rakuten Linkアプリ同士」の国内利用なら無料です。

相手がRakuten Link以外のアプリの場合、iOS版のRakuten Linkアプリは使用不可。iOS標準のメッセージアプリでのSMS送信になります。

また次の場合、Rakuten Linkアプリからメッセージ送信しても、メッセージが「SMSとしての送信」になります(有料)。

  • 相手がRakuten Link以外のアプリの場合。
  • Rakuten Linkアプリにログインしていないユーザー。

Rakuten Linkアプリは便利でSMS(メッセージ)が一部無料になるものの、「受信側のSMS使用アプリ」が影響することは注意点です。

Rakuten Linkアプリは「楽天モバイルの通信エリア内 or Wi-Fi接続が必要。一部無料対象外の番号」にも注意。

↑ [メール] の目次へもどる

4. ワイモバイルのSMSは有料

ワイモバイルのSMSは有料で使えます。楽天モバイルだとRakuten Linkアプリで国内SMSは無料のためワイモバイルより安く使いやすいです。

■楽天モバイルとワイモバイルのSMS料金  ※「Rakuten Linkアプリ同士での通話」の場合

送信 → 受信楽天モバイル
[Rakuten Link] Android版 / iOS版
ワイモバイル
送信国内 → 国内無料3〜30円 [税抜]
国内 → 海外100円/通(不課税)
海外 → 国内
海外 → 海外
受信国内 / 海外無料無料
備考Rakuten 最強プラン-

ポイント

  • 楽天モバイルとワイモバイルの国内でのSMS送受信料は同じ。
  • Rakuten Link利用時ならワイモバイルより楽天モバイルが安くなりやすい。

メッセージアプリ(LINEなど)やメールはあるものの、電話番号しか知らない相手だとSMSが役立つ場面はありますよね。

国内でも海外でも「送信文字数が多くなるほど、料金は高くなる」のは注意点です。

機種によって「一回に送信できる文字数が異なる」のも注意点。

楽天モバイル公式WEBサイト

PayPay最大23,000円相当ゲット! /

ワイモバイル公式 ヤフー店を見る

↑ [メール] の目次へもどる

05. 楽天モバイルとワイモバイルのオプション比較

スマホとPCとペンとノート

楽天モバイルとワイモバイルのオプション比較を見ていきましょう。

1. ワイモバイルはデータ量の増量・自動追加可能だが楽天モバイルは不可

ワイモバイルはデータ量の「増量・自動追加」可能。楽天モバイルは国内利用ではデータ量の追加ができません。

■楽天モバイルとワイモバイルのオプション[税込]

楽天モバイルワイモバイル
データ量増量-550円/月 ※
データ量追加国内不可 [海外550円 /GB]-
データ量自動追加-オートチャージ 0.5GB:550円
データ量繰り越し-シンプルS/M/L
シンプル2 S/M/L
データ量シェア-プランによる
備考Rakuten 最強プラン※シンプルS +2GB、シンプルM・L +5GB

ポイント

  • ワイモバイルはデータ量の増量自動追加可能。
  • 楽天モバイルは国内ではデータ量の追加なし(データ無制限)。
  • 楽天モバイルは海外ローミングでのみ550円/GBでデータ量の追加可能。

プランのデータ量を超過すると通信速度が低下し、やはり不便ですよね。そんなときにデータ量を追加すれば通信速度が回復するわけです。

ワイモバイルのデータ量追加は自動追加のみ。そもそものプランのデータ量を増量することもできます。

  • シンプル2 S:2GB増量(計6GB利用可)
  • シンプル2 M:5GB増量(計25GB利用可)
  • シンプル2 L:5GB増量(計35GB利用可)

わずか月550円でデータ増量ができるのはお得。

楽天モバイル(Rakuten 最強プラン)ではデータ無制限のためデータ量の追加はなし。

ただし、海外ローミング時は「データ無制限ではなくなり」、550円/GBでデータ量を追加できます。

そもそも楽天モバイルは国内ではデータ無制限。データ量のオプションは不要なわけです。

↑ [オプション] の目次へもどる

2. ワイモバイルはデータ量の繰り越し・シェア可能だが楽天モバイルは不可

ワイモバイルはデータ量の繰り越しシェア可能なものの、楽天モバイルはできません。

■楽天モバイルとワイモバイルのオプション[税込]

楽天モバイルワイモバイル
データ量増量-550円/月 ※
データ量追加国内不可 [海外550円 /GB]-
データ量自動追加-オートチャージ 0.5GB:550円
データ量繰り越し-シンプルS/M/L
シンプル2 S/M/L
データ量シェア-プランによる
備考Rakuten 最強プラン※シンプルS +2GB、シンプルM・L +5GB

ポイント

  • ワイモバイルはデータ量の繰り越しシェアできる
  • 楽天モバイルはデータ量の繰り越しシェアができない
  • データ量のシェアはテザリングで一部代替可能。

データ量の繰り越しは、余ったデータ量を翌月に繰り越せる機能。データ量を無駄なく使えます。

ワイモバイルは契約したプランでデータ量が決まるため、繰り越し機能はデータ量の節約に繋がります。

楽天モバイルはデータ無制限のため、繰り越し機能は使えません。

データ量のシェアは「一つの契約データ量を分け合って使える」ため、複数機種利用の人には便利です。

ワイモバイルは子回線専用プラン(シェアプラン)にてデータ量をシェア可能です。

楽天モバイルはデータ量のシェアはできないものの、「代替策」として基本料無料のテザリングもおすすめ。

シェアと全く同じとはいかないものの、複数機種で一つの契約データ量を分け合えるため、テザリングも便利です。

データ量のシェアは、プランのデータ量超過に注意。

シェアの便利な使い方

データ量をシェアは「スマホ」と「Wi-Fiルーター」で行うのが便利。スマホでテザリングしなくても、「Wi-Fiルーター」にPCなどの複数機器を接続して使えるためおすすめ。

しかも、「Wi-Fiルーター」に複数機器を接続するなら、自宅に光回線が不要なんてことも。

PayPay最大23,000円相当ゲット! /

ワイモバイル公式 ヤフー店を見る

楽天モバイル公式WEBサイト

↑ [オプション] の目次へもどる

06. 楽天モバイルとワイモバイルの手続き・サポート比較

対面サポート_3

楽天モバイルとワイモバイルの手続き・サポート比較を見ていきましょう。

1. 楽天モバイルとワイモバイルはオンライン手続きの方が手数料が安い

楽天モバイルとワイモバイルはオンライン手続きの方が手数料が安いです。

■楽天モバイルとワイモバイルの手続き(税込)

楽天モバイル [店頭]楽天モバイル [WEB/アプリ]ワイモバイル(店頭)ワイモバイル(WEB)
新規契約0円3,850円0円
契約変更3,850円 ※
機種変更非対応3,850円
名義変更0円/継承のみ 3,300円-
SIM再発行3,300円
eSIM再発行0円
電話番号変更-0円
電話番号保管/休止-0円--
MNP転出0円0円
解約
備考--※ブランド間乗り換え 0円キャンペーン-

ポイント

  • 楽天モバイルとワイモバイルは店頭よりオンライン手続きの方が手数料がかかりにくい。
  • 楽天モバイルとワイモバイルはオンライン手続きでも機種変更などは送料が必要なことも。

楽天モバイルとワイモバイルは店頭よりオンライン手続きがお得なのは「事務手数料0円(無料)が多い」こと。

注意したいのは、楽天モバイルは「アクセサリー購入のみ」の場合、送料が発生。SIMと機種購入では送料無料です。

ワイモバイルのオンラインストアは送料無料です。

↑ [手続き・サポート] の目次へもどる

2. 楽天モバイルとワイモバイルは店舗での手続き・サポートで安心

楽天モバイルとワイモバイルは店舗(ショップ)で手続き・サポートを受けられ、安心です。

■楽天モバイルとワイモバイル舗サポート(税込)

項目楽天モバイルワイモバイル
定額プラン-フルプラン 990円/月
全23種使い放題
-ライトプラン 550円/月
20種使い放題
フィルム貼付1,100円/回1,100円/件 ※
コーティング4,400円/回1,100円/件 ※
データ移行1,100~2,200円3,960円/件 ※
OSアカウント設定1,100円/回1,100円/件
4件セットで3,960円
5件目以上は1,100円/件ずつ加算
バックアップあんしん操作サポート:550円/月 ※操作の説明
OSアップデート
スマホ初期化
SNS設定
容量オーバー解消-
生体認証設定-
トラッカー設定-
アプリ初期設定-無料
備考※ライトプラン対象外

ポイント

  • 店舗では多くの事務手続き・サポートに対応。
  • ワイモバイルではサポート使い放題の定額プランあり。
  • 楽天モバイルでは、楽天オリジナル製品の故障受付も可能。
  • 製品やアプリ操作、データ移行、ガラスフィルム貼付などの痒い所に手が届くサポートも充実。

手続きなど不安を感じる人は困ったときに「店舗の店員を頼れる」のは心強いですよね。

ワイモバイルでは、さまざまなサポートが「使い放題」の定額プランがあり、より安心できます。

サポートの定額プランは、本当にサポートを利用するのか要検討!

また、楽天モバイルでは「楽天オリジナル製品」の故障を受付。故障診断から行ってくれるため安心。

というのも、自分で故障判断しても勘違いということもあるため、専門スタッフが判断してくれるのは適切な対応がとりやすくなります。

また、有料ではあるものの「製品・アプリの操作、データ移行、ガラスフィルム貼付、ガラスコーティングなど」、困りがちなことや便利さアップのサポートも充実しています。

かゆいところにも手が届き、安心できる体制が整えられています。

↑ [手続き・サポート] の目次へもどる

3. 楽天モバイルとワイモバイルはオンラインサポートも充実

楽天モバイルとワイモバイルはオンラインサポートが充実しています。

■楽天モバイルとワイモバイルのサポート(税込)

問い合わせ窓口楽天モバイルワイモバイル
店頭サポート楽天モバイルショップショップ
公式WEBサイトサポートサポート
お問い合わせお問い合わせ
よくある質問 / FAQよくある質問よくある質問
オンラインサポートチャットオンラインサポート
電話リンク先のページ後半参照電話サポート

ポイント

  • 楽天モバイルとワイモバイルは公式WEBサイトからのオンラインサポートが充実。
  • 公式WEBサイトのよくある質問はキーワード検索ができて便利。

楽天モバイルとワイモバイルでわからないこと、困ったことがあれば、公式WEBサイトの「よくある質問」がキーワード検索できて便利です。

また、対応時間帯が決まっているものの、チャットでオペレーターからのサポートも受けられます。もちろん「お問い合わせ」の利用も可能で、サポートの窓口が充実しています。

サポートが充実していれば、自分で解決できることも増えますよね。

困ったら公式WEBサイトへ

サポートを利用して自分で解決できれば、「店頭に出向き、順番待ちをして…」といった手間や労力が削減できるので助かりますよね。

しかも、自分で解決してくことで詳しくなっていけるので、次回同じようなことがあってもそう困らない可能性も高まります。

困ったことがあれば、まず公式WEBサイトで調べることはおすすめです。

ドコモのチャットで質問したことがありますが、とても丁寧でわかりやすかったです。

楽天モバイル公式WEBサイト

PayPay最大23,000円相当ゲット! /

ワイモバイル公式 ヤフー店を見る

↑ [手続き・サポート] の目次へもどる

07. 楽天モバイルがおすすめな人

楽天モバイルがおすすめな人を見ていきましょう。

1. 楽天モバイルの通信エリアが生活圏の人

楽天モバイルがおすすめな人は、楽天モバイルの通信エリアが生活圏の人です。

ポイント

  1. データ無制限とかけ放題が生きるのは通信エリア内でこそ。
  2. 楽天モバイルの通信エリアは拡大中。
  3. 楽天モバイルの通信エリア内に生活圏がある人。

楽天モバイル(Rakuten 最強プラン)はデータ無制限国内通話かけ放題が魅力。そんな魅力も「通信エリア」にいてこそ。

新しいキャリアの楽天モバイルは通信エリアはかなり広がっているものの、エリア外は「au回線への切り替え(ローミング)」で対応中です。

さらにau回線のエリアを外れると、楽天モバイルでは通信できません。

そのため、移動が多かったり、地方在住の人は特に「行動範囲が通信エリアから外れるのか」どうかは確認が大切。

楽天モバイルに限らず「通信エリア内に生活圏」があれば、不安定なときがあっても全く通信できないということは少なくなります。

楽天モバイルの通信エリアが生活圏の人は楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイル公式WEBサイト

↑ [おすすめな人] の目次へもどる

2. データ無制限と国内通話かけ放題で料金の心配なく使いたい人

楽天モバイルがおすすめな人は、データ無制限と国内通話かけ放題で料金の心配なく使いたい人です。

楽天モバイル(Rakuten 最強プラン)は、データ無制限とRakuten Linkアプリでの国内通話かけ放題がお得すぎ。

データ無制限は他社と比べても最安料金の3,278円。国内通話かけ放題もRakuten Linkアプリで通常の電話とほぼ同じ使い勝手です。

■他社(ドコモ:eximo)と楽天モバイル [割引なし]

eximo楽天モバイル
1GB4,565円1,078円3,487円
3GB5,665円4,587円
20GB7,315円2,178円5,137円
無制限3,278円4,037円
備考割引未適用時Rakuten 最強プランeximo - 楽天モバイル

ポイント

  1. 楽天モバイルの最強プランはデータ無制限国内通話かけ放題
  2. 各社のデータ無制限プランの中で楽天モバイルは最安。
  3. 生活圏が通信エリア内であれば便利に使える。

注意点は楽天モバイルの通信エリア内にいること。どの会社も回線につながらなければ、便利どころか使うことすらままなりません。

また楽天モバイルの通信エリア外はau回線に切り替わり、データ無制限は継続利用できます。

楽天モバイルの通信エリアは拡大中。公式WEBサイトで通信エリアを確認できます。

乗り換え検討の場合、生活圏が楽天モバイルの通信エリアにあることは事前確認が大切です。

データ無制限と無料通話で料金の心配なく使いたい人は楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイル公式WEBサイト

↑ [おすすめな人] の目次へもどる

3. 楽天モバイルのSPU特典で楽天市場をお得に使いたい人

楽天モバイルがおすすめな人は、楽天市場をお得に使いたい人です。

ポイント

  1. 楽天モバイル加入で楽天市場のSPUが+4倍。
  2. SPU+4倍は楽天市場の買い物でのポイント還元効果を高める。
  3. 楽天経済圏で生活している人はおすすめ。
  4. 楽天市場で頻繁に買い物する人はおすすめ。

楽天モバイル(Rakuten 最強プラン)の利用で、楽天市場の「SPU(ポイント還元率)が+4倍」に。

(SPU:スーパーポイントアッププログラムは、楽天市場で購入する際にポイント還元率が高まるプログラム)

楽天のサービス利用でSPUはまだまだ高まり、楽天モバイルは他サービスよりもSPUアップ割合が多いのも特徴。

楽天市場でのお買い物でのポイント還元率がお得になるSPU。楽天経済圏で生活する人には重要ですよね。

楽天市場をお得に使いたい人は楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイル公式WEBサイト

↑ [おすすめな人] の目次へもどる

08. ワイモバイルがおすすめな人

ワイモバイルがおすすめな人を見ていきましょう。

1. できるだけ通信エリアに困らず安心して使いたい人

ワイモバイルがおすすめな人は、できるだけ通信エリアに困らず安心して使いたい人です。

ポイント

  1. ワイモバイルはソフトバンクのネットワークを利用。
  2. 4G(LTE)はすでに広大な通信エリア。5Gは通信エリア拡大中

ワイモバイルはソフトバンクのネットワークを利用。ソフトバンクが長年培ってきた通信エリアの広さ・通信の速さを利用できるのが魅力です。

4G(LTE)はすでに広大な通信エリアを、5Gは通信エリア拡大中です。

楽天モバイルの通信エリアに不安がある人は、ソフトバンク同等の通信エリアであるワイモバイルだと安心ですよね。

できるだけ通信エリアに困らず安心して使いたい人は、ワイモバイルがおすすめです。

PayPay最大23,000円相当ゲット! /

ワイモバイル公式 ヤフー店を見る

↑ [おすすめな人] の目次へもどる

2. データ使用量4GB以下でSoftBank 光/Airを利用している人

ワイモバイルがおすすめな人は、データ使用量4GB以下でSoftBank 光/Airを利用している人です。

■ワイモバイルの料金 [最大割引時] (税込)

楽天モバイルワイモバイル
3GB968円[ シンプル2 S ]
1,078円
-110円
4GB2,068円990円
20GB[ シンプル2 M ]
2,178円(1078円 ※)
-110円
30GB3,168円[ シンプル2 L ]
3,278円(1078円 ※)
-110円
無制限--
最大割引-110円S:-1,287円
M:-1,837円 ※-2,937円
L:-1,837円 ※-4,037円
備考Rakuten 最強プラン※総データ使用量が1GB/月以下の場合楽天モバイル - ワイモバイル

ポイント

  1. 最大割引時のワイモバイルでデータ量4GBを超える場合、楽天モバイルの方が安い。
  2. ワイモバイルの割引には「SoftBank光またはSoftBank Airの契約」が必要で、別途月額5,000円程度かかる。

ワイモバイルをお得に使うのに必要な割引はわずか2種類。

そのため「1,650円もの割引」になるおうち割光セット(A)はぜひ利用したいところ。

しかし、SoftBank光またはSoftBank Airの契約が必要で、契約後は「別途月額5,000円程度」がかかります。

割引額より「別途かかる月額の方が大きい」ため、「自宅に光回線またはhome Wi-Fiが必要な人」でなければおすすめできません。

「自宅に光回線またはhome Wi-Fi」が必要な人にピッタリですよね。

また、ワイモバイルで最大割引を適用してもデータ量が4GBを超えると、「楽天モバイルの方が安く」使えます。

データ使用量4GB以下でSoftBank 光/Airを利用している人はワイモバイルがおすすめです。

PayPay最大23,000円相当ゲット! /

ワイモバイル公式 ヤフー店を見る

↑ [おすすめな人] の目次へもどる

09. まとめ:通信エリア内ならワイモバイルより楽天モバイルが安くおすすめ

楽天モバイルとワイモバイルの違い

楽天モバイル(Rakuten 最強プラン)とワイモバイル(シンプル2)を比較してきました。

総合的には生活圏が楽天モバイルの「通信エリア内」であれば、楽天モバイルが料金プラン・通話料の面で安くおすすめです。

ワイモバイルは最大割引を適用でき、データ使用量4GB以下なら楽天モバイルより安く使えておすすめ。

ソフトバンク同等の通信エリアで「通信エリアの心配」をできるだけ減らしたい場合もおすすめです。

楽天モバイルとワイモバイルのおすすめな人

魅力ある楽天モバイルとワイモバイルでさえ、自分の使い方に合わない場合、その魅力を活かすことは難しいです。

本記事を参考にしても迷う場合、「自分のスマホの使い方や優先したいこと、避けたいこと」を振り返ると、良い選択のヒントになるのでおすすめです。

自分に合うプランを選択し、良いスマホライフを送ってください。

かへおれ(@caheoreblog)でした。

楽天モバイル公式WEBサイト

PayPay最大23,000円相当ゲット! /

ワイモバイル ヤフー店を見る

\ 検討に役立つ総合解説! /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かへおれ

元ドコモ11年利用 → 格安SIM利用9年目のかへおれです。
【カヘオレモバイル】では、モバイル回線検討時に面倒で時間のかかる「調査・比較の時間を節約でき、自分に合う回線を見つけられる」情報をお届け中。今はドコモとドコモ系格安SIMを中心にしています。
スマホライフの充実・節約の実現につながることであなたの幸せに繋がる。そんな「スマホ回線からつながる幸せ実現」のお役に立てるサイトを目指しています。

-格安SIM
-,