↓ irumo検討におすすめ ↓
デメリット・メリット / 料金プランまとめ
 ↓ 6/13 New!! ↓
irumo 0.5GBの速度制限と対策2選

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
ahamo(アハモ)と楽天モバイル(Rakuten 最強プラン)を比較

ドコモ

ahamo(アハモ)と楽天モバイルを徹底比較!乗り換えるならどっちがいい?

2023年12月28日

ドコモの「ahamo(アハモ)」と楽天モバイルの「Rakuten 最強プラン」は100GB以上の大容量データを使える高コスパプランです。

そんな高コスパぶりは電話にもたっぷり。

  • ahamo:標準(追加料金なし)で5分通話無料
  • Rakuten 最強プラン:専用アプリで国内通話無料

そんなahamoと楽天モバイルにはこんな特徴の違いあります。

ahamoと楽天モバイルの違い

魅力的な特徴も「自分の使い方に合うか」はじっくり調べ、検討が必要。でも、ahamoをWEBで調べると「アハモはデメリットだらけ」なんて検索結果に逆に迷うことも……

そこで本記事では「ドコモのahamo(アハモ)と楽天モバイルのRakuten 最強プランを徹底比較」しました。乗り換えるならどっちが自分に合うのか見ていきましょう。

元ドコモ11年利用格安SIM利用11年目かへおれ@caheoreblog)が解説します。

価格表記について

注記がない限り全て税込表記です。

いつでもカエドキプログラムで最新機種へ

20GB+5分通話無料で月2,970円

気になる比較から読む」のもおすすめ。わかりやすいカテゴリごとの比較です。

タップできるもくじ
  1. 01. ahamo(アハモ)と楽天モバイルの料金プラン比較
  2. 02. ahamo(アハモ)と楽天モバイルのデータ通信比較
  3. 03. ahamo(アハモ)と楽天モバイルの電話比較
  4. 04. ahamo(アハモ)と楽天モバイルのメール比較
  5. 05. ahamo(アハモ)と楽天モバイルのオプション比較
  6. 06. ahamo(アハモ)と楽天モバイルの手続き・サポート比較
  7. 07. ahamo(アハモ)がおすすめな人
  8. 08. 楽天モバイルがおすすめな人
  9. 09. よくある質問
  10. 10. まとめ:通信エリア内ならahamoより楽天モバイルが安く使えておすすめ

01. ahamo(アハモ)と楽天モバイルの料金プラン比較

ahamoと楽天モバイルの料金プラン比較

  • 楽天モバイルはahamoより最大1,892円安い
  • ahamoの最大データ量は100GB・楽天モバイルは無制限
  • 楽天モバイルは小容量3GBにも対応

それぞれ見ていきましょう。

1. 楽天モバイルはahamoより最大1,892円安い

楽天モバイルの料金プラン「Rakuten 最強プラン」はahamoよりデータ量の対応範囲が広く、全体的に安いです。

料金差では楽天モバイルが「最大月1,892円安く、年間では22,704円」に拡がります。

■ahamoと楽天モバイルの料金 (税込)

ahamo楽天モバイル
3GB2,970円1,078円1,892円
20GB2,970円2,178円792円
100GB4,950円(※)3,278円1,672円
無制限-3,278円-
備考※大盛りオプション利用・Rakuten 最強プラン
・最強家族プログラム利用時は-110円
ahamo - 楽天モバイル

ポイント

  • ahamoは2,970円 [20GB]の1プラン、オプション利用で4,950円 [100GB]。
  • 楽天モバイルは1,078円 [3GB] ~ 3,278円 [無制限]。
  • ahamoと楽天モバイルは割引なし
  • 楽天モバイルは3段階のデータ使用量で料金が変化
  • 楽天モバイルはプランのデータ量に上限設定はできない。
  • ahamoより楽天モバイルの方が最大1,892円安い

アハモのデメリットでもあるのが料金割引がないこと。同じく楽天モバイルも割引はなし。その他にも料金プランが1プランのみという共通点もあります。

ahamoは2,970円 [20GB]の1プランで、大盛りオプション利用で4,950円 [100GB]。

楽天モバイルは3段階のデータ使用量で料金が変化。1,078円 [3GB] ~ 3,278円 [無制限]とahamoより安めです。

楽天モバイルの注意点

楽天モバイルで注意したいのがプランのデータ量に上限設定ができないこと。

上限設定ができないとデータ使用量のカウントは3GBに到達しても止まらず、20GB [1,980円]の段階に突入。

プランのデータ量を3GB [1,078円]に固定するような使い方はできない訳です。

2. ahamoの最大データ量は100GB・楽天モバイルは無制限

ahamoの最大データ量は大盛りオプション利用時で月100GBも使えるのが特長。そんなahamoよりデータ量を多く使えるのが楽天モバイルのデータ無制限です。

■ahamoと楽天モバイルの料金 (税込)

ahamo楽天モバイル
3GB2,970円1,078円1,892円
20GB2,970円2,178円792円
100GB4,950円(※)3,278円1,672円
無制限-3,278円-
備考※大盛りオプション利用・Rakuten 最強プラン
・最強家族プログラム利用時は-110円
ahamo - 楽天モバイル

ポイント

  • ahamoの最大データ量は100GB(大盛りオプション追加)
  • 楽天モバイルの最大データ量は無制限
  • ahamo 100GBより楽天モバイルのデータ無制限が1,672円安い

ahamoも楽天モバイルも大容量データ対応なのは共通点。ただし、楽天モバイルはデータ無制限のため「データ使い放題」なのが大きな違いです。

さらにahamoの4,950円 [100GB]に対し、楽天モバイルは3,278円 [無制限]。

楽天モバイルの方がahamoより「1,672円安く、データ量も多く使える」のはユーザーに高いコスパを感じさせてくれるものです。

データ使用量が増えがちな動画やオンラインゲーム、テザリングなどで、ahamoではデータ量不足の心配が激減。楽天モバイルはそもそもデータ量不足の心配なし。安心そのものです。

ahamoのコスパを上回るのが楽天モバイルのデータ無制限。

3. 楽天モバイルは小容量3GBにも対応

楽天モバイルなら小容量3GBにも対応。月々わずか1,078円(税込)で使えます。

■ahamoと楽天モバイルの料金(税込)

ahamo楽天モバイル
3GB2,970円1,078円1,892円
20GB2,970円2,178円792円
100GB4,950円(※)3,278円1,672円
無制限-3,278円-
備考※大盛りオプション利用・Rakuten 最強プラン
・最強家族プログラム利用時は-110円
ahamo - 楽天モバイル

ポイント

  • 楽天モバイルの最小データ量は3GB [1,078円]
  • ahamoの最小データ量は20GB [2,970円]
  • 楽天モバイルはデータ量の上限設定なく、3GB超過すると20GB [1,980円]の段階に。

ahamoは20GBの1プラン2,970円でさまざまなデータ使用量に対応。しかし、「データ使用量が少ない人」にとっては割高に。

楽天モバイルは小容量3GBが月1,078円にも対応し、「データ使用量3GB以下の人」も選択肢になります。

そんな楽天モバイルで注意したいのがデータ使用量に応じて料金が変化すること。データ量の上限設定はできないため、プランの「データ量を固定」する使い方はできません。

ahamoと楽天モバイルはプランに中容量データの設定なし。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

02. ahamo(アハモ)と楽天モバイルのデータ通信比較

テザリング_4

ahamoと楽天モバイルのデータ通信比較

  • 楽天モバイルの通信エリア外はパートナー回線(au)に切り替わる
  • ahamoと楽天モバイルは5G通信を使える
  • ahamoと楽天モバイルはテザリング無料

それぞれ見ていきましょう。

1. 楽天モバイルの通信エリア外はパートナー回線(au)に切り替わる

楽天モバイルは通信エリアを急速に拡大途中。カバーしきれないエリアはパートナー回線であるauの通信エリアに切り替わります(ローミング)。

ポイント

  • 楽天モバイルの通信エリア外はau回線(ローミング)
  • ローミング中もデータ無制限に対応。
  • 2026年9月30日までにローミングは終了予定。

楽天モバイルは新しいキャリアであり、通信エリアは拡大中。通信エリア外は「データ無制限対応のままau回線」を利用できます。

このローミングでのエリア外対応は「2026年9月30日まで」に順次終了予定。

楽天モバイルの通信エリアの拡大は、パートナー回線終了までに進むものの、パートナー回線終了後の楽天モバイルの通信がどうなるのかは注目です。

2. ahamoと楽天モバイルは5G通信を使える

ahamoと楽天モバイルは5G通信を使えます。しかも基本料が無料

■ahamoと楽天モバイルのデータ通信

ahamo楽天モバイル
実効速度
Android
・受信 170~484Mbps
・送信 12~37Mbps
※ドコモ公式サイト
-
実効速度
iPhone
・受信 169~532Mbps
・送信 15~42Mbps
※ドコモ公式サイト
-
データ量超過最大1Mbps- (※1)
5G通信標準対応
標準対応
テザリング無料無料
備考-※Rakuten 最強プラン
※1 データ無制限時

ポイント

  • ahamoと楽天モバイルは5G通信を無料で使える。
  • 5G通信は対応エリアと対応端末が必要。

5G通信の特徴は4G(LTE)通信より通信速度が速く、大容量データのやりとりがより快適に行えること。

データ量の多い映画のダウンロード、通信遅延をできるだけ無くしたいオンラインゲームなどに5G通信は役立ちます。

もちろん、そもそも5G通信がなくとも困らない使い方の人(大容量データのやりとりをしない人など)は、4G(LTE)で十分という場合も少なくないでしょう。

5G通信の利用には「5G通信可能なエリア端末」が必要。5G通信の端末はだいぶ増えたものの、エリアは拡大途中です。

5G通信は非対応エリアも。利用しづらいこともあるのは注意。

ドコモのパケ詰まり

人が密集しやすい場所は、ドコモの抱える問題「パケ詰まり」で通信速度が遅い、もしくは一時的につながりにくくなることが発生中。

対策として、ドコモは2023年12月までに全国2,000か所以上の通信品質改善を90%以上実施する計画を発表。

2024年2月2日には「2023年12月までの計画以上の予定」達成を発表。「平均スループット(通信速度)が約半年前の1.7倍に達した」とのこと。

ドコモのパケ詰まり対策は進行中。解消に期待です。

3. ahamoと楽天モバイルはテザリング無料

ahamoと楽天モバイルはテザリング可能。しかも基本料金は無料です。

テザリングとは

テザリングはスマホの利用回線をアクセスポイントとして使える機能。つまりPCなどをスマホの回線経由でネットワーク利用が可能になります。

外出時のPC利用にWi-Fiが使えないときこそテザリングの出番。

■ahamoと楽天モバイルのデータ通信

ahamo楽天モバイル
実効速度
Android
・受信 170~484Mbps
・送信 12~37Mbps
※ドコモ公式サイト
-
実効速度
iPhone
・受信 169~532Mbps
・送信 15~42Mbps
※ドコモ公式サイト
-
データ量超過最大1Mbps- (※1)
5G通信標準対応
標準対応
テザリング無料無料
備考-※Rakuten 最強プラン
※1 データ無制限時

ポイント

  • ahamoと楽天モバイルはテザリングが無料
  • テザリング時はデータ量の超過に注意。

テザリング利用時に注意したいのが「データ量の超過」。テザリングで利用しがちなPCは大容量データをあつかうことも多く、データ使用量がついつい増えがち。

楽天モバイルはデータ無制限のため「データ量の超過は心配なし」。ただし、データ量の上限設定がないため、料金が変化する3GBや20GBでピッタリ止めることは難しいです。

ahamoはデータ量の上限があるため、データ量の超過には注意しながらテザリングを利用しましょう。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

03. ahamo(アハモ)と楽天モバイルの電話比較

ahamoと楽天モバイルの電話比較

  • ahamoと楽天モバイルの国内通話料は同じ
  • 楽天モバイルはアプリ利用で国内通話料無料
  • ahamoは通話オプション代0円で5分通話無料
  • 通話オプションのつけどころは異なる

それぞれ見ていきましょう。

1. ahamoと楽天モバイルの国内通話料は同じ

ahamoと楽天モバイルの国内通話料は同じ「22円/30秒(税込)」です。

■ahamoと楽天モバイルの通話料金(税込)

ahamo楽天モバイル
国内通話料0円(5分未満)0円(Rakuten Link利用)
22円/30秒(5分超過後)22円/30秒(標準アプリ)
備考標準で5分通話無料付きRakuten 最強プラン

この通話料と「標準でつく通話無料」とで検討し、通話オプションをつけるかどうか判断していきます。

忘れている人はチェック!
・電話をかけた→通話料発生
・電話を受けた→無料(通話料は相手持ち)

2. 楽天モバイルはアプリ利用で国内通話料無料

楽天モバイルの「Rakuten 最強プラン」は専用アプリ(Rakuten Link)から国内通話を無料で使えます。注意点は「Rakuten Linkアプリ同士」で使うか、「Rakuten Linkアプリ以外」も使うかで料金が変わることです。

■ahamoと楽天モバイルの通話料金(税込)
 ※「Rakuten Linkアプリ同士での通話」の場合

発信 → 着信ahamo楽天モバイル
[Rakuten Link] Android版 / iOS版
発信国内 → 国内0円 [5分未満]
22円/30秒 [5分超過]
無料
海外 → 国内国・地域別
国内 → 海外国・地域別
海外 → 海外国・地域別
着信国内無料無料
海外国・地域別
備考海外は通話オプション対象外Rakuten 最強プラン

■ahamoと楽天モバイルの通話料金(税込)
 ※「Rakuten Link以外のアプリとの通話」の場合

発信 → 着信ahamo楽天モバイル
[標準電話アプリ]
楽天モバイル
[Rakuten Link] Android版 / iOS版
発信国内 → 国内0円 [5分未満]
22円/30秒 [5分超過]
22円/30秒無料
海外 → 国内国・地域別国・地域別国・地域別
国内 → 海外国・地域別
海外 → 海外国・地域別
着信国内無料無料無料(※1)
海外国・地域別国・地域別
備考備考-Rakuten 最強プラン
※1 iOS版は標準電話アプリ対応

ポイント

  • 楽天モバイルはRakuten Linkアプリでの国内通話料が無料
  • Rakuten Linkアプリ同士か、Rakuten Linkアプリ以外も使うかで料金が変わる
  • Rakuten LinkはAndroid、iOSに対応。
  • Rakuten Linkからの電話は固定電話OK、データ量消費なし、電話番号そのまま。

楽天モバイルのRakuten Linkアプリは国内通話が無料、つまり「かけ放題」。Android版・iOS版があるため、ほとんどのスマホに対応しているのも安心。

Rakuten Linkアプリからの通話は「電話番号そのままに、固定電話もOK、データ量の消費もなし」。使い勝手はほぼ通常の電話のままというわけ。

そんな便利なRakuten Linkアプリにも注意点が。

Rakuten Linkアプリの注意点

  • Rakuten最強プラン(データタイプ)は対象外
  • Rakuten Linkアプリ以外や海外への電話は有料のことが多い。
  • Rakuten Linkはネットワーク接続が必要。
  • Rakuten LinkはAndroid、iOSに対応するが仕様が異なる
  • iOS版のみ着信できない(iOS標準の電話アプリ)。
  • 一部無料通話対象外あり(0570などから始まる他社接続サービス、188など)。

一番注意したいのは、Rakuten Linkアプリ以外への電話は料金がかかることがあること。さらに「海外」との通話も有料のことが多いです。

忘れがちなのが、AndroidとiOSに対応しているものの仕様が異なるということ。iOS版だと着信できず、iOS標準の電話アプリでの着信となります。

また、Rakuten Linkアプリはネットワークを使うため、楽天モバイルの「エリア内にいる、またはWi-Fi接続」が必要。一部無料通話対象外の番号もあります。

注意点さえ気を付ければRakuten Linkアプリのかけ放題は便利で節約にも!

3. ahamoは通話オプション代0円で5分通話無料

ahamoは通話オプション代0円で5分通話無料を利用可能。というのもそもそもプランに含まれているため。

料金プランの月2,970円のみで5分通話無料を標準で使えるわけです。

■ahamoと楽天モバイルの通話料金(税込)

ahamo楽天モバイル
国内通話料0円(5分未満)0円(Rakuten Link利用)
22円/30秒(5分超過後)22円/30秒(標準アプリ)
備考標準で5分通話無料付きRakuten 最強プラン

ポイント

  • ahamoは5分通話無料がプランに含まれている(追加料金0)。
  • ahamoはファミリー割引加入でも家族間の国内通話無料の適用外
  • 楽天モバイルにもファミリー割引なし。

ドコモではファミリー割引に加入すると「家族間の国内通話が無料」。

しかし、ahamoは割引適用外。ファミリー割引に加入はできるものの国内の家族間通話が無料にならないのは注意点です。

楽天モバイルのRakuten 最強プランにもファミリー割引はなし。Rakuten Linkアプリでのかけ放題のみなものの「多くの場合無料で使えて節約に貢献」します。

つまり「通常の通話料金(22円/30秒)」がかかるのはこんなときです。

  • ahamoは5分超過後や海外との通話。
  • 楽天モバイルはRakuten Link以外のアプリで電話をかけたとき。相手がRakuten Link以外のアプリの海外通話。

通話料節約にはahamoでは5分超過に気をつけましょう。

4. 通話オプションのつけどころは異なる

長電話になると気になるのが通話料。そんなときに迷うのがかけ放題などの通話オプションをつけるべきかどうかですよね。

通話オプションのつけどころはahamoと楽天モバイルでそれぞれ異なります。

■ahamoと楽天モバイルの通話オプション(税込)

ahamo楽天モバイル
かけ放題 / 国内通話無料料金1,100円/月0円/月(Rakuten Linkアプリ利用)
つけどころ通話月25分以上
5分通話無料 / 15分かけ放題料金0円(標準付帯)1,100円/月
つけどころ通話月25分以上(※1)
備考-電話をかけて5分超過後の通話時間Rakuten最強プラン
※1 標準電話アプリでかけた通話時間

ポイント

かけ放題をつける目安は「月々の通話料 > かけ放題料金」となるとき。

つまり、月々の通話料がかけ放題料金を超えている場合。

通話定額オプションの料金が安いほど、オプションをつけた方がお得になりがちです。

さっそく見ていきましょう。

1. ahamoの通話オプションのつけどころ

ahamoは通話オプションの5分通話無料が標準で使えるため、「かけ放題のみ」つけどころを見ていきましょう。

■通話オプションのつけどころ(税込)

ahamo楽天モバイル
かけ放題 / 国内通話無料料金1,100円/月0円/月(Rakuten Linkアプリ利用)
つけどころ通話月25分以上
5分通話無料 / 15分かけ放題料金0円(標準付帯)1,100円/月
つけどころ通話月25分以上(※1)
備考-電話をかけて5分超過後の通話時間Rakuten最強プラン
※1 標準電話アプリでかけた通話時間

まず国内通話料は22円 / 30秒、つまり44円 / 分。これを元に通話オプション料金を通話時間(通話料金)で計算していきます。

かけ放題のつけどころ

かけ放題の料金1,100円を通話時間換算すると

 1,100(円) ÷ 44(円 / 分) = 25(分)

月25分以上電話をかける場合が「かけ放題のつけどころ」です。

2. 楽天モバイルの通話オプションのつけどころ

楽天モバイルは15分(標準)通話かけ放題でスマホの「OS標準の電話アプリ」などからの電話がかけ放題。これはRakuten Linkアプリによるかけ放題とはです。

■通話オプションのつけどころ(税込)

ahamo楽天モバイル
かけ放題 / 国内通話無料料金1,100円/月0円/月(Rakuten Linkアプリ利用)
つけどころ通話月25分以上
5分通話無料 / 15分かけ放題料金0円(標準付帯)1,100円/月
つけどころ通話月25分以上(※1)
備考-電話をかけて5分超過後の通話時間Rakuten最強プラン
※1 標準電話アプリでかけた通話時間

ポイント

  • 楽天モバイルは1,100円/月で15分(標準)通話かけ放題あり。
  • OS標準アプリでの1回15分以内の国内通話がかけ放題。
  • 国内SMSの送受信が使い放題。
  • Rakuten Linkアプリによるかけ放題とは別。
  • (0570)などから始まる他社接続サービス、一部特番(188)への通話は無料通話の対象外

15分(標準)通話かけ放題はスマホのOS標準アプリでの「1回あたり15分以内の国内通話」がかけ放題(1,100円/月)。さらに「国内SMSの送受信が使い放題」というサービスです。

そんな15分(標準)通話かけ放題のつけどころは「OS標準アプリでの通話時間」で考えます。

まず国内通話料は22円 / 30秒、つまり44円 / 分。これを元に通話オプション料金を通話時間(通話料金)で計算していきます。

15分(標準)通話かけ放題のつけどころ

15分(標準)通話かけ放題の料金1,100円を通話時間換算すると

 1,100(円) ÷ 44(円 / 分) = 25(分)

OS標準アプリで月25分以上電話をかける場合が「15分(標準)通話かけ放題のつけどころ」です。

無料のRakuten Linkアプリでのかけ放題の出番の方が多いですよね。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

04. ahamo(アハモ)と楽天モバイルのメール比較

スマートフォンと人_6_

ahamoと楽天モバイルのメール比較

  • ahamoと楽天モバイルは携帯3社のキャリアメール有料
  • 楽天モバイルのキャリアメールは無料
  • 楽天モバイルはRakuten LinkアプリでSMS(ショートメッセージ)が一部無料
  • ahamoはSMS(ショートメッセージ)が有料

それぞれ見ていきましょう。

1. ahamoと楽天モバイルはキャリアメール有料

ahamoと楽天モバイルはキャリアメールの利用が有料です。

■ahamoと楽天モバイルのキャリアメール利用

ahamo楽天モバイル
キャリアメール利用ドコモ / SoftBank / auメール持ち運びサービスが必要メール持ち運びサービスが必要
楽天モバイル無料(要Rakuten Linkアプリ)
備考-税込330円/月楽天モバイルのメール以外は税込330円/月

ポイント

  • ahamoと楽天モバイルでのキャリアメール利用はメール持ち運びサービスが必要。
  • メール持ち運びサービスは申し込みに条件アリ(乗り換え前の手続きが必要など)。
  • 税込330円/月がかかる。

ahamoと楽天モバイルは利用したいキャリアの「メール持ち運びサービス(税込330円/月)」の申し込みが必要。

しかも、メール持ち運びサービス利用には条件があります(キャリアメールを使いたいキャリアを利用しており、キャリアから乗り換えする前に手続きが必要など)。

有料でも「キャリアメールを使える」ことはキャリアメール利用者にとっては嬉しいポイントですよね。

「キャリアメール以外のメール(Gmailなど)」を利用している人は、上記メールサービスの申し込みは不要。つまり月330円節約できるというわけです。

キャリアメールの特徴

  • 本人確認を行って契約した人が使えるため信頼性が高い。
  • スパムメールや迷惑メールが届きにくい(携帯会社で対策)。

他のプランには「標準でキャリアメールを利用できる」場合もあるものの、その分高い料金なことが多め。

ahamoや楽天モバイルのように標準サービスでないのは一見物足りないかもしれません。

しかし、「サービスを取捨選択でき、その分料金が追加にも節約にもなる」ため、使い方に合わせて自分でカスタマイズできるのは利点と言えます。

キャリアメールにこだわりがない人は、メール移行の心配がほぼないGmailもおすすめ。

2. 楽天モバイルのキャリアメールは無料

楽天モバイルのキャリアメールである「楽メール」は無料で使えます。

■ahamoと楽天モバイルのキャリアメール利用

ahamo楽天モバイル
キャリアメール利用ドコモ / SoftBank / auメール持ち運びサービスが必要メール持ち運びサービスが必要
楽天モバイル無料(要Rakuten Linkアプリ)
備考-税込330円/月楽天モバイルのメール以外は税込330円/月

ポイント

  • 楽天のキャリアメール(楽メール)はRakuten Linkアプリで利用可能。
  • 標準メールアプリ、Outlook、Gmailなどで使えない
  • 楽天のキャリアメール(楽メール)は無料
  • ドメインは「@rakumail.jp」。
  • 楽メール持ち運びで他社も利用可能。

楽メールはドメイン「@rakumail.jp」が使え、Rakuten Linkアプリで利用可能。つまり、楽天モバイルユーザー限定、かつ標準メールアプリやOutlookなどでは使えません。

楽メール持ち運びで楽メールの他社利用もできます。

3. 楽天モバイルはRakuten LinkアプリでSMS(ショートメッセージ)が一部無料

楽天モバイルのSMS(ショートメッセージ)は「Rakuten Linkアプリ」での国内利用(送受信)が無料。Rakuten Linkアプリ以外は有料です。

■ahamoと楽天モバイルのSMS料金
 ※「Rakuten Linkアプリ同士での通話」の場合

ahamo楽天モバイル
[Rakuten Link] Android版 / iOS版
送信国内 → 国内3〜30円 [税抜]無料
海外 → 国内100円 [不課税]
国内 → 海外50~500円 [不課税]
海外 → 海外100円 [不課税]
受信国内 / 海外無料無料
備考-Rakuten 最強プラン

■ahamoと楽天モバイルのSMS料金
 ※「Rakuten Link以外のアプリとの通話」の場合

ahamo楽天モバイル [標準アプリ]楽天モバイル [Rakuten Link] Android版
送信国内 → 国内3〜30円 [税抜]3〜30円 [税抜]無料
海外 → 国内100円 [不課税]100円 [不課税]
国内 → 海外50~500円 [不課税]0~100円 [不課税]
海外 → 海外100円 [不課税]
受信国内 / 海外無料無料無料
備考Rakuten 最強プラン
※iOS版  Rakuten Linkは非対応(標準アプリ対応)

ポイント

  • Rakuten LinkアプリではSMSはメッセージの名称で利用可能。
  • 送受信ともRakuten Linkアプリなら国内利用無料
  • 受信は無料(Rakuten Linkや海外の影響なし)。
  • Rakuten LinkはAndroid、iOSに対応するが仕様が異なる
  • 相手がRakuten Link以外のアプリなら、iOS版のみRakuten Linkを使えず標準アプリになる。

楽天モバイルのSMSはRakuten Linkアプリでは「メッセージ」という名称に。

Rakuten Linkアプリを利用するか、海外利用もあるかで料金が変化。「Rakuten Linkアプリ同士」の国内利用なら無料です。

相手がRakuten Link以外のアプリの場合、iOS版のRakuten Linkアプリは使用不可。iOS標準のメッセージアプリでのSMS送信になります。

また次の場合、Rakuten Linkアプリからメッセージ送信しても、メッセージが「SMSとしての送信」になります(有料)。

  • 相手がRakuten Link以外のアプリの場合。
  • Rakuten Linkアプリにログインしていないユーザー。

Rakuten Linkアプリは便利でSMS(メッセージ)が無料になる場合もありますが、「受信側のSMS使用アプリ」が影響することは覚えておきましょう。

Rakuten Linkアプリは「楽天モバイルの通信エリア内 or Wi-Fi接続が必要。一部無料対象外の番号」にも注意。

4. ahamoはSMS(ショートメッセージ)が有料

SMS(ショートメッセージサービス)は「LINEやメールが使えない人、使いにくい携帯電話を持つ人」とのメッセージのやりとりに便利です。

ahamoと楽天モバイルのSMSの国内送信の料金設定は共通なものの、Rakuten Linkアプリ利用なら「楽天モバイルが安くなりやすい」です。

■ahamoと楽天モバイルのSMS料金
 ※「Rakuten Linkアプリ同士での通話」の場合

ahamo楽天モバイル
[Rakuten Link] Android版 / iOS版
送信国内 → 国内3〜30円 [税抜]無料
海外 → 国内100円 [不課税]
国内 → 海外50~500円 [不課税]
海外 → 海外100円 [不課税]
受信国内 / 海外無料無料
備考-Rakuten 最強プラン

ポイント

  • ahamoと楽天モバイルの国内でのSMS送受信料は同じ。
  • Rakuten Link利用時ならahamoより楽天モバイルが安くなりやすい。

メッセージアプリ(LINEやWhatsappなど)やメールがある中でも、電話番号しか知らない相手だとSMSが役立つ場面はありますよね。

国内でも海外でも「送信文字数が多くなるほど、料金は高くなる」のは注意点です。

機種によって「一回に送信できる文字数が異なる」のも注意点。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

05. ahamo(アハモ)と楽天モバイルのオプション比較

スマホとPCとペンとノート

ahamoと楽天モバイルのオプション比較

  • ahamoはデータ量追加可能だが楽天モバイルは海外利用のみ
  • ahamoは大盛りオプションでデータ量80GB追加
  • ahamoはデータ量をシェアできる

それぞれ見ていきましょう。

1. ahamoはデータ量追加可能だが楽天モバイルは海外利用のみ

ahamoのデータ量の追加料金は550円/GB。楽天モバイルは国内利用ではデータ量の追加ができません。

■ahamoと楽天モバイルのオプション(税込)

ahamo楽天モバイル
データ量追加550円 / GB国内不可・海外550円 / GB
データ量の自動追加--
データ量到達通知サービス無料-
大盛りオプション+80GB1,980円 / 月-
データ量繰り越し--
データ量シェア1,100円/月(※1)-
備考※1 データプラス, 5GデータプラスRakuten 最強プラン

ポイント

  • ahamoのデータ量の追加料金は550円/GB
  • 楽天モバイルは国内ではデータ量の追加なし(データ無制限)。
  • 楽天モバイルは海外ローミングでのみ550円/GBでデータ量の追加可能。

プランのデータ量を超過すると通信速度が低下し、やはり不便。そんなときにデータ量を追加すれば「通信速度が回復」するわけです。

楽天モバイルのRakuten 最強プランではデータ無制限のためデータ量の追加はなし。ただし、海外ローミング時は「データ無制限ではなくなり」、550円/GBでデータ量を追加できます。

ahamoはデータ量の追加は550円/GBです。

データ量は追加するほど料金が高く。いくらでも気軽に追加というわけにいきませんよね。

2. ahamoは大盛りオプションでデータ量80GB追加

ahamo大盛オプション利用イメージ

ahamoは大盛りオプションの利用で「80GBもの大容量データ」を追加できます。

■ahamoと楽天モバイルのオプション(税込)

ahamo楽天モバイル
データ量追加550円 / GB国内不可・海外550円 / GB
データ量の自動追加--
データ量到達通知サービス無料-
大盛りオプション+80GB1,980円 / 月-
データ量繰り越し--
データ量シェア1,100円/月(※1)-
備考※1 データプラス, 5GデータプラスRakuten 最強プラン

ポイント

  • ahamoは大盛りオプションで月80GBを追加できる。
  • 大盛りオプションは月1,980円
  • 大盛りオプションの追加データ量は翌月に繰り越せない

ahamoの大盛りオプションは月1,980円。プラン+大盛りオプションで「月4,950円で100GB」を使えます。

楽天モバイルの「データ無制限にはかなわない」ものの、80GBもの大容量データを月1,980円で利用できるのはahamoだけ。

注意したいのは、大盛りオプションの追加データ量は翌月に繰り越せないこと。

そのため、ahamoの大盛りオプションを利用する人は「動画やオンラインゲーム、テザリング、他機種とのデータ量シェアなど」日常的にデータ使用量が多い人におすすめです。

大盛りオプションの検討材料には、月々のデータ使用量の「平均と最大」がおすすめ。

3. ahamoはデータ量をシェアできる

ahamoはデータ量のシェアが可能。楽天モバイルのRakuten 最強プランではできません。

■ahamoと楽天モバイルのオプション(税込)

ahamo楽天モバイル
データ量追加550円 / GB国内不可・海外550円 / GB
データ量の自動追加--
データ量到達通知サービス無料-
大盛りオプション+80GB1,980円 / 月-
データ量繰り越し--
データ量シェア1,100円/月(※1)-
備考※1 データプラス, 5GデータプラスRakuten 最強プラン

ポイント

  • 楽天モバイルのRakuten 最強プランはデータ量のシェア不可。
  • ahamoは5Gデータプラス / データプラス利用でデータ量のシェア可能。
  • 5Gデータプラス(1,100円/月)は5G通信機器対応。
  • データプラス(1,100円/月)は4G(LTE)通信機器対応。
  • 1回線につきデータ量のシェアは最大1回線
  • ahamo大盛りオプション利用時でもシェアは30GBまで。

ahamoはデータプラスの利用で「自回線とは別にもう1回線」とデータ量のシェアが可能。

データプラスは月額1,100円で2種類。「5G通信機器対応の5Gデータプラス」と「4G(LTE)機器対応の データプラス」になります。

この2種類のデータプラスのどちらを選ぶかは、「自回線」と「シェアする機器」の通信方式によります。

まずahamoは5G通信対応。続いて、データ量をシェアする機器が5G通信対応なら「5Gデータプラス」、4G(LTE)機器対応なら「データプラス」を選ぶというわけです。

このとき注意したいのは、大盛りオプションで追加した「80GBの全てをそのままシェアはできない」こと。大盛りオプション利用時は「データ量のシェアの上限は30GB」になります。

シェアの便利な使い方

データ量をシェアは「スマホ」と「Wi-Fiルーター」で行うのが便利。スマホでテザリングしなくても、「Wi-Fiルーター」にPCなどの複数機器を接続して使えるためおすすめ。

しかも、「Wi-Fiルーター」に複数機器を接続するなら、自宅に光回線が不要なんてことも。

プラン(やオプション利用時の上限)を超えるデータ使用量(20GBまたは30GB)の場合は、光回線など検討すべきなので注意。

データ量のシェアは、プランのデータ量超過に注意。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

06. ahamo(アハモ)と楽天モバイルの手続き・サポート比較

対面サポート_3

ahamoと楽天モバイルの手続き・サポート比較

  • ahamoと楽天モバイルはオンライン手続きの方が手数料がかかりにくい
  • 楽天モバイルは店舗での手続き・サポートで安心
  • ahamoの店頭手続きのサポートは有料・操作は自分
  • ahamoと楽天モバイルはオンラインサポートが充実

それぞれ見ていきましょう。

1. ahamoと楽天モバイルはオンライン手続きの方が手数料がかかりにくい

ahamoと楽天モバイルは店頭よりオンライン手続きの方が手数料がかかりにくいです。

■ahamoと楽天モバイルの手続き(税込)

ahamo [店頭]ahamo [WEB/アプリ]楽天モバイル [店頭]楽天モバイル [WEB/アプリ]
新規契約3,300円0円0円
契約変更
機種変更非対応
名義変更0円/継承のみ 3,300円
SIM再発行3,300円
eSIM再発行0円
電話番号変更非対応非対応
電話番号保管/休止非対応非対応0円
MNP転出3,300円0円0円
解約
備考サポートのみ。自分で操作要。---

ポイント

  • ahamoと楽天モバイルは店頭よりオンライン手続きの方が手数料がかかりにくい。
  • ahamoと楽天モバイルはオンライン手続きでも機種変更などは送料が必要なことも。

ahamoと楽天モバイルは店頭よりオンライン手続きがお得なのは「事務手数料0円(無料)が多い」こと。

注意したいのは、ahamoはオンライン手続きでも機種変更などは「購入金額しだいで送料がかかる」ことです(2,750円未満の購入だと、通常便550円・メール便220円など)。

楽天モバイルは「アクセサリー購入のみ」の場合、送料が発生。SIMと機種購入では送料無料です。

2. 楽天モバイルは店舗での手続き・サポートで安心

楽天モバイルは楽天モバイルショップでの各種手続きやサポートを受けられます。

■ahamoと楽天モバイルのサポート(税込)

ahamo [店頭]ahamo [WEB/アプリ]楽天モバイル [店頭]楽天モバイル [WEB/アプリ]
新規契約3,300円0円0円
契約変更
機種変更非対応
名義変更0円/継承のみ 3,300円
SIM再発行3,300円
eSIM再発行0円
電話番号変更非対応非対応
電話番号保管/休止非対応非対応0円
MNP転出3,300円0円0円
解約
備考サポートのみ。自分で操作要。---

ポイント

  • 楽天モバイルショップでは多くの事務手続きに対応。
  • WEB手続きや用紙記入のサポートもあり。
  • 楽天オリジナル製品の故障受付も可能。
  • 製品やアプリ操作の有料サポートあり。
  • データ移行やガラスフィルム貼付などの有料サポートあり。

手続きなど不安を感じる人は困ったときに「楽天モバイルショップの店員を頼れる」のは心強いですよね。

また、「楽天オリジナル製品」の故障受付では、故障診断から行ってくれるため安心。

というのも、自分で故障判断しても勘違いということもあるため、専門スタッフが判断してくれるのは適切な対応がとりやすくなります。

また、有料のサポートにはなるものの「製品・アプリの操作、データ移行、ガラスフィルム貼付、ガラスコーティング」といった、困りがちなことや便利さアップのサポートも充実。

楽天モバイルショップはかゆいところにも手が届き、安心できる体制が整えられています。

3. ahamoの店頭手続きのサポートは有料・操作は自分

ahamoの店頭手続きのサポートは有料。さらに手続き時の操作は自分で行う必要があり、その際のサポートを行ってくれます。

■ahamoと楽天モバイルのサポート(税込)

ahamo [店頭]ahamo [WEB/アプリ]楽天モバイル [店頭]楽天モバイル [WEB/アプリ]
新規契約3,300円0円0円
契約変更
機種変更非対応
名義変更0円/継承のみ 3,300円
SIM再発行3,300円
eSIM再発行0円
電話番号変更非対応非対応
電話番号保管/休止非対応非対応0円
MNP転出3,300円0円0円
解約
備考サポートのみ。自分で操作要。---

ポイント

  • ahamoの店頭手続きのサポートが有料・操作は自分
  • 手続き時の操作は自分で行い、その際のサポートを行ってくれる。

ahamoのデメリットでもあるのが、店頭手続き時のサポートは「全て有料、しかも操作は自分で行う」必要があることです。

ahamoを利用できるかどうかの分かれ目の一つは「手続き時の操作を自分で行えるかどうか」。

「店頭でのサポートいらずで自分で解決できる人、サポートがあれば自分で操作しても大丈夫な人」なら、ahamoを契約してもほとんど困らずに使えます。

手続きは日常的に頻繁にするわけでもなし。有料でもサポートを受けられるのは安心材料です。

4. ahamoと楽天モバイルはオンラインサポートが充実

ahamoと楽天モバイルはオンラインサポートが充実しています。

■ahamoと楽天モバイルのサポート(税込)

問い合わせ窓口ahamo楽天モバイル
店頭サポートドコモショップ楽天モバイルショップ
公式WEBサイトサポートサポート
お問い合わせお問い合わせ
よくある質問(FAQ)よくある質問よくある質問
チャットチャットチャット
オンライン手続きサポートオンライン手続きサポート-
手続きサイトお手続きサイト-
電話-リンク先のページ後半参照

ポイント

  • ahamoと楽天モバイルは公式WEBサイトからのオンラインサポートが充実。
  • 公式WEBサイトのよくある質問はキーワード検索ができて便利。

ahamoと楽天モバイルでわからないこと、困ったことがあれば、公式WEBサイトの「よくある質問」がキーワード検索できて便利です。

また、対応時間帯が決まっているものの、チャットでオペレーターからのサポートも受けられます。もちろん「お問い合わせ」の利用も可能で、サポートの窓口が充実しています。

サポートが充実していれば、自分で解決できることも増えますよね。

困ったら公式WEBサイトへ

サポートを利用して自分で解決できれば、「店頭に出向き、順番待ちをして…」といった手間や労力が削減できるので助かりますよね。

しかも、自分で解決してくことで詳しくなっていけるので、次回同じようなことがあってもそう困らない可能性も高まります。

困ったことがあれば、まず公式WEBサイトで調べることはおすすめです。

ドコモのチャットで質問したことがありますが、とても丁寧でわかりやすかったです。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

07. ahamo(アハモ)がおすすめな人

ahamo(アハモ)がおすすめな人

  • ほぼ全部入りプラン(20GB・5分通話無料)で手軽に使いたい人
  • できるだけ通信エリアに困らず安心して使いたい人
  • ドコモ利用の家族全体で割引活用したい人

それぞれ見ていきましょう。

1. ほぼ全部入りプラン(20GB・5分通話無料)でお手軽・安心に使いたい人

ahamoがおすすめなのは、ほぼ全部入りプラン(20GB・5分通話無料)で「お手軽・安心に使いたい人」です。

ahamoは「20GB・5分通話無料付き」というほぼ全部入り。しかも1プラン(2,970円)のみのため、プラン決めで迷うことなし。

スマホの回線や料金プランがよくわからない人にとって、お手軽で安心して使えるのは重要ですよね。

ポイント

  1. キャリアであるドコモの回線の快速さ・安定感。
  2. データ量が20GBと大容量で不足が出にくい。
  3. 5分通話無料で5分超過の長電話以外は国内通話料0円。
  4. ほぼ全部入りの1プランでプラン選びに迷いなし。
  5. ドコモのプランの中でも安めな2,970円。

ただし、オンライン専用プランならではの注意点も。

契約などの手続きは公式WEBサイトからが基本。ドコモショップでの対面の有料サポートはあるものの、

手続き時の操作は自分で行う必要があります。

注意点さえクリアできれば、ahamoは使いやすく安心できるプランに。

20GB・5分通話無料のほぼ全部入りプランでお手軽・安心に使いたい人にahamoはおすすめです。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

2. できるだけ通信エリアに困らず安心して使いたい人

ahamo(アハモ)がおすすめな人は、できるだけ通信エリアに困らず安心して使いたい人です。

ahamo(アハモ)はドコモが長年培ってきた通信エリアの広さで人口カバー率99.9%も特徴。4G(LTE)はすでに広大な通信エリアを5Gは通信エリア拡大中です。

  1. 4G(LTE):人口カバー率99.9%
  2. 5G:2024年3月までに全国すべての市区町村への展開、人口カバー率90%以上の実現をめざす。

トータルでは100%に近い人口カバー率で地方在住や移動が多い人にも対応しているドコモ。

できるだけ通信エリアに困らず安心して使いたい人は、ahamo(アハモ)がおすすめです。

ただし、現在発生しているパケ詰まりに対応中のため、人口密集地での利用が多い人は申し込みタイミングはよく検討することをおすすめします。

ドコモのパケ詰まり

人が密集しやすい場所は、ドコモの抱える問題「パケ詰まり」で通信速度が遅い、もしくは一時的につながりにくくなることが発生中。

対策として、ドコモは2023年12月までに全国2,000か所以上の通信品質改善を90%以上実施する計画を発表。

2024年2月2日には「2023年12月までの計画以上の予定」達成を発表。「平均スループット(通信速度)が約半年前の1.7倍に達した」とのこと。

ドコモのパケ詰まり対策は進行中。解消に期待です。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

3. ドコモ利用の家族全体で割引活用したい人

ahamo(アハモ)がおすすめな人は、ドコモ利用の家族全体で割引活用したい人です。

というのもahamoは「みんなドコモ割」と「ファミリー割引」の回線数にカウントされるためです。

■みんなドコモ割(税込)

1回線2回線3回線以上
割引額割引なし-550円-1,100円
備考・同一「ファミリー割引」グループ内の適用条件を満たした回線であること。

みんなドコモ割の適用外対象外のahamoは割引を受けられないものの、家族が利用しているドコモ回線が割引になります。

家族が割引を受けられれば、家計全体では節約につながりますよね。

ファミリー割引は「家族間の国内通話が無料」に。ファミリー割引に加入できるものの、家族間の国内通話が無料にならないahamo。

しかし、家族のドコモ回線が国内通話無料になれば、みんなドコモ割同様に家計全体では節約につながるわけです。

ahamoは料金割引ができないものの、家族でドコモ回線を利用していれば、

家族のドコモ回線の節約の手助けができます。

ドコモ利用の家族全体で割引活用したい人は、ahamo(アハモ)がおすすめです。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

08. 楽天モバイルがおすすめな人

楽天モバイルがおすすめな人

  • 楽天モバイルの通信エリアが生活圏の人
  • データ無制限と無料通話で料金の心配なく使いたい人
  • 楽天市場をお得に使いたい人

それぞれ見ていきましょう。

1. 楽天モバイルの通信エリアが生活圏の人

楽天モバイルがおすすめな人は、楽天モバイルの通信エリアが生活圏の人です。

ポイント

  1. データ無制限とかけ放題が生きるのは通信エリア内でこそ。
  2. 楽天モバイルの通信エリアは拡大中。
  3. 楽天モバイルの通信エリア内に生活圏がある人。

楽天モバイルのRakuten 最強プランはデータ無制限かけ放題が魅力。そんな魅力も「通信エリア」にいてこそ。

成熟の進んだ他キャリアより新しいキャリアの楽天モバイル。通信エリアはかなり広がっているものの、エリア外は「au回線への切り替え(ローミング)」で対応中です。

さらにau回線のエリアを外れると、楽天モバイルでは通信できません。

そのため、移動が多かったり、地方在住の人は特に「行動範囲が通信エリアから外れるのか」どうかは確認が大切。

楽天モバイルに限らず「通信エリア内に生活圏」があれば、不安定なときがあっても全く通信できないということは少なくなります。

楽天モバイルの通信エリアが生活圏の人は楽天モバイルがおすすめです。

2. データ無制限と無料通話で料金の心配なく使いたい人

楽天モバイルがおすすめな人は、データ無制限と無料通話で料金の心配なく使いたい人です。

ポイント

  1. 楽天モバイルの最強プランはデータ無制限と無料通話。
  2. 各社のデータ無制限プランの中で楽天モバイルは最安。
  3. 生活圏が通信エリア内であれば便利に使える。

楽天モバイルはRakuten 最強プランの「データ無制限」とRakuten Linkアプリでの「かけ放題」がお得。

データ無制限は他社と比べても最安料金の3,278円。かけ放題もRakuten Linkアプリで通常の電話とほぼ同じ使い勝手です。

注意点は楽天モバイルの通信エリア内にいること。どの会社も回線につながらなければ、便利どころか使うことすらままなりません。

また楽天モバイルの通信エリア外はau回線に切り替わり、データ無制限は継続利用できます。

楽天モバイルの通信エリアは拡大中。公式WEBサイトで通信エリアを確認できます。

乗り換え検討の場合、生活圏が楽天モバイルの通信エリアにあることは事前確認が大切です。

データ無制限と無料通話で料金の心配なく使いたい人は楽天モバイルがおすすめです。

3. 楽天市場をお得に使いたい人

楽天モバイルがおすすめな人は、楽天市場をお得に使いたい人です。

ポイント

  1. 楽天モバイル加入で楽天市場のSPUが+4倍。
  2. SPU+4倍は楽天市場の買い物でのポイント還元効果を高める。
  3. 楽天経済圏で生活している人はおすすめ。
  4. 楽天市場で頻繁に買い物する人はおすすめ。

楽天モバイルの「Rakuten 最強プラン」の利用で、楽天市場のSPU(ポイント還元率)が「+4倍」に(SPU(スーパーポイントアッププログラム)は楽天市場で購入する際にポイント還元率が高まるプログラム)。

楽天のサービス利用でSPUはまだまだ高まり、楽天モバイルは他サービスよりもSPUアップ割合が多いのも特徴。

楽天市場でのお買い物でのポイント還元率がお得になるSPU。楽天経済圏で生活する人には重要ですよね。

楽天市場をお得に使いたい人は楽天モバイルがおすすめです。

09. よくある質問

よくある質問

ahamoと楽天モバイルはどっちがおすすめ?

楽天モバイルエリア内が生活圏であれば、楽天モバイルの「Rakuten 最強プラン」が料金プラン・通話料の面で安くおすすめです。

ahamoはドコモ回線を20GB・5分通話無料付でお手軽・便利に使いたい場合におすすめ。地方在住や移動の多い人が通信エリアの心配をできるだけ減らしたい場合もおすすめです。

ahamoと楽天モバイルはどっちが安い?

ahamoより楽天モバイルの「Rakuten 最強プラン」の方が安いです。特に料金プラン、Rakuten Linkアプリでの国内通話料無料・国内SMS無料といった面での安さが特徴的です。

いつでもカエドキプログラムで機種もお得!

10. まとめ:通信エリア内ならahamoより楽天モバイルが安く使えておすすめ

ahamoと楽天モバイルの違い

ドコモの「ahamo(アハモ)」と楽天モバイルの「Rakuten 最強プラン」を比較してきました。

ahamoは「20GB・5分通話無料が標準」という高コスパプラン。ahamo大盛オプションで100GB使えるのも魅力的でした。

楽天モバイルのRakuten 最強プランは「他社より安いデータ無制限」と「Rakuten Linkアプリ利用で国内通話無料」というahamoを上回るコスパでした。

そんな魅力あるプランがおすすめなのはこんな人です。

ahamoと楽天モバイルがおすすめな人

魅力あるahamoと楽天モバイルでさえ、自分の使い方に合わない場合、その魅力を活かすことは難しいです。

本記事を参考にしても迷う場合、「自分のスマホの使い方や優先したいこと、避けたいこと」を振り返ると、良い選択のヒントになるのでおすすめです。

自分に合うプランを選択し、良いスマホライフを送ってください。

かへおれ(@caheoreblog)でした。

いつでもカエドキプログラムで最新機種へ

20GB+5分通話無料で月2,970円

\ ahamo検討におすすめのお役立ち記事! /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かへおれ

元ドコモ11年利用 → 格安SIM利用9年目のかへおれです。
【カヘオレモバイル】では、モバイル回線検討時に面倒で時間のかかる「調査・比較の時間を節約でき、自分に合う回線を見つけられる」情報をお届け中。今はドコモとドコモ系格安SIMを中心にしています。
スマホライフの充実・節約の実現につながることであなたの幸せに繋がる。そんな「スマホ回線からつながる幸せ実現」のお役に立てるサイトを目指しています。

-ドコモ
-, ,